最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

2020年中国依存企業の純利益減少ランキング

投稿日:

2020年中国依存企業の純利益減少ランキングです。中国との取引が売上の一割以上を占める企業の純利益減少額の多い企業から、順に20位までランキングを紹介し結果の考察をしようと思いますが、一目瞭然とわかるのが中国経済の減速の影響がかなり出ていることです。先に、紹介した、純利益上昇率ランキングはネット媒体を中心とした国内ユザーが顧客でした。ランキングのあとに講評を行っています。

株価変動

株価変動

 2020年中国依存企業純利益減少ランキング

1位    日本電気硝子

2位    クラレ

3位    住友化学

4位    ダイセル

5位    ニコン

6位    セイコーエプソン

7位    東レ

8位    豊田合成

9位    日本精工

10位   日立建機

11位   アルプスアルパイン

12位   住友電気工業

13位   安川電機

14位   ダイキン工業

15位   キーエンス

16位   横川電機

17位   NOK

18位   牧野フライス製作所

19位   フジクラ

20位   三菱ガス化学
(日本経済新聞より)

 

 2020年中国取引先企業純利益減少ランキング講評

中国との取引が1割以上を占める企業のうちでの純利益減少ランキングをみますと、素材や、電子部品関連の企業の影響が大きく出ています。

減少額トップは日本電気硝子で中国のパネルメーカーが、減産したため薄型ディスプレイ用のガラスの販売が減少。

住友化学東レは中国での衣料品向け素材が低調だった。

これは、米中戦争のあおりで、アメリカが中国の衣料品に関税をかけたため。

住友化学は、鶏用の飼料につかう添加物「メチオニン」の競争が激化したため。

ニコンは、露光装置らフラットパネルディスプレイなど、精密機器の売り上げが減少した。

NOKは自動車部品に使うオイルシールの売り上げが減少。

今年に入ってからも、米中経済戦争に加え、新型コロナウィルスの影響がさらに加わり
業績が悪化する可能性があります。

 まとめ

今回は、「2020年中国依存企業の純利益減少ランキング」といテーマで、中国に取引関係のある企業の影響度をランキングで表しました。

今後の中国からのさらなる影響が懸念されるところです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

なお、以下の関連記事もご覧ください。

2020年版過去3年間の増収率平均が高い企業ランキング

 

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウィルスと不況

新型コロナウイルス「接触8割削減」の根拠はイギリスの論文?

4月8日、日本で緊急事態宣言が出され、その中の具体的自粛項目で「他の人との接触を8割削減する」という目標が出されました。この、政府の方針のもととなったのが「英国の研究グループの論文」がもとになったよう …

踊るナマズ

高瀬ちひろ 氏と作家の勝目梓氏、高瀬千図さんの関係について

2020年3月3日。勝目梓氏が心筋梗塞のため自宅で死去なされました。享年87歳でした。そこで今回は、高瀬ちひろ 氏と作家の勝目梓氏、高瀬千図さんの関係について作家の勝目梓氏の3女高瀬ちひろ 氏について …

パソコン

巨大ITの規制で反発の声が早くも経済界にあがる。実施時期はいつか?

政府は、デジタル市場競争会議で、プラットフォーマーと呼ばれる巨大IT企業に対する規制強化策の5項目をとりまとめました。透明性を高めるため巨大IT企業に取引状況の定期報告を義務付け、場合によっては公表す …

レジ袋

レジ袋無料配布継続「吉野家」「KFC」セイコーマートに続く。

セイコーマートに続き、吉野家、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)も7月1日以降もレジ袋を無料配布することを発表しました。 レジ袋 目次1 吉野家、ケンタッキー・KFC、7月1日以降もレジ袋を無料 …

コロナ不況

派遣社員雇用数十万人減少可能性あり!新型コロナ不況で。

新型コロナの感染拡大で派遣社員の雇用が危ぶまれています。2008年~2009年のリーマンショック時と比べ、今回の新型コロナ危機は、非製造業でも需要が急減していて、数十万人規模の雇用が失われる懸念が出て …