最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

コロナデマが世界で拡散。コロナデマの具体例。NPO組織アヴァーズ注意喚起。

投稿日:

コロナデマがSNSを中心に世界で拡散されています。世界のコロナデマの具体例を紹介します。新たなデマも発生するでしょうから今後も注意が必要です。産業用アルコールのデマでは、死亡者もでています。

新型コロナウィルス

新型コロナウィルス

 

世界のコロナデマの例

コロナデマは、治療法、社会不安を誘うもの、統計上のデマなど多岐にわたり作られます。

治療法に関するデマ

イラン

産業用アルコールが殺菌効果がある。アルコールを飲用して死亡者も発生

日本

ウィルスの分解に花崗岩が即効性あり

中東域

亜鉛がウィルス除去

ドイツ

頻繁な手洗いでは、感染を防げない。

スペイン

水蒸気を5回吸うと新型コロナウィルスが不活性化される。

トルコ

酢と塩の入ったぬるま湯のうがいが効く。

社会不安

スペイン

社会を統制するため、ワクチンとナノチップを市民に注入する。

欧州

「5G」電波がウィルスを拡散。英国やオランダでは通信基地の従業員に嫌がらせ。

ドイツ

保健衛生上の市民開始を強化できるようにパンデミックが誇張されている。

統計上のデマ

日本

福井県で10数人の感染者。当時の公発表では0

チェコ

致死率はごくわずか。

その他の属性

クロアチア

靴を屋外に置くべき。

コロナデマの状況

コロナデマは、SNSが主な発生源になっています。

特に、イランで流された、産業用アルコールを飲めばコロナ予防に効くというデマでは、一部の州でアルコール中毒の死者が続出しました。

重大な結果を招くデマの発生しています。

米国ではトランプ大統領が「消毒液を注射できないか」という発言内容がSNDで議論を呼び支持者の間で被害者も出ています。

米国の非政府組織アヴァーズは、「何百人のユーザーが今なお、デマや誤情報に接する危険がある」と警鐘を鳴らしています。

まとめ

今回は「コロナデマが世界で拡散。コロナデマの具体例。NPO組織アヴァーズ注意喚起。」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリ

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリの奇跡の動画!

米フロリダ州在住のマット・マンザリさん(Matt Manzariは今から約5年半前、遠隔操作伐採機を使って教会の庭木を伐採中に感電事故に遭い、12000ボルト以上の電圧に晒され、身体の25%に重度の熱 …

賢い犬

ブラジル事故で怪我をした仲間に一晩中寄り添う犬の動画!

ブラジル、セアラー州イグアトゥ市で2021年2月14日の午後、市内の幹線道路で自動車事故に遭い負傷した犬がいた。犬はまだ息はあるものの横たわったままで身動きひとつできずにいた。負傷した犬はかなり弱って …

返事をして会話をするネコのカーミット(Kermi)

必ず返事をして会話をするネコのカーミット(Kermit)の動画!

米カリフォルニア州ロサンゼルスに住むハビエル・ネグレテさん(Javier Negrete)は2015年、トラウマになるようなつらい出来事に直面し、話し相手が欲しいと思っていた時必ず返事をして会話をする …

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン(Bean)が女性に引き取られ幸せ!

ドイツで野良猫として過ごしていたビーン(Bean)は2020年、アニマルシェルターに保護されました。ビーンは目に感染症を患っており他にも健康問題を抱えていたが、スタッフたちの懸命な治療により健康を取り …

サラ・フレイ

米ユタ州サラ・フレイの「強くあれ!」の動画!

米ユタ州デービス郡シラキュース在住でクリアフィールド高校に通うサラ・フレイさんは今年7月30日、アイダホ州とユタ州の境にあるベア湖に友達3人と遊びに行った帰りに交通事故に遭った。75日間の入院の間に2 …