最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

科学

地磁気が異常。南大西洋を北西に移動しながら2つに分裂の動画!

投稿日:

地磁気が異常に弱いエリアが南大西洋を北西に移動しながら2つに分裂しています。地磁気が異常。南大西洋を北西に移動しながら2つに分裂の動画で紹介。

地磁気が2つに分裂する現象

地磁気が2つに分裂する現象

地磁気が異常。南大西洋を北西に移動しながら2つに分裂。

 

地磁気は、地球の大気や水を宇宙空間に拡散するのを防ぎ、地表に降り注ぐ太陽からの荷電粒子や宇宙線を遮る、いわば「地球の保護シールド」する大切な役割を持っています。

 

地磁気発生の原理は、地下1800マイル(約2896キロメートル)の「外核」で液体金属が熱対流して電流が生じ、この電流によって地磁気が生成されています。

 

そのため、地磁気の極は地球の極にぴったりと合っているわけではなく、安定しているわけでもない。そして、その地磁気が異常に弱いエリアが広がり注目を集めている。

 

地磁気が2つに分裂する現象

地磁気が2つに分裂する現象

 

そして、最近の研究で、新たにこの5年でアフリカの南西部にあらわれ、2つに分裂しつつあることが判明しました。

 

具体的には、南米から南大西洋にわたって「南大西洋異常帯(SAA)」と呼ばれる地磁気が異常に弱いエリアが広がっている。

 

現時点では、この南大西洋異常帯による地上への影響は確認されていないが、地磁気が弱いために太陽からの荷電粒子などが地表のより近くにまで到達することで、人工衛星の観測機器などに影響をもたらすおそれも出ています。

 

たとえば、地上400キロメートルの地球周回軌道上にある国際宇宙ステーション(ISS)のレーザー観測装置「ジェダイ(GEDI)」は、南大西洋異常帯によって月に1回程度、検知器がピっと鳴り、その動力盤がリセットされるという事象が起こっている。

 

南大西洋異常帯はゆっくりと移動し、形態を変え、1992年に打ち上げられたアメリカ航空宇宙局(NASA)の人工衛星「SAMPEX」が20年にわたって収集したデータをNASAの太陽系物理学者アシュリー・グリーリー研究助手らが分析した結果、「南大西洋異常帯は、ゆっくりと北西方向へ移動している」ことがわかってきています。

 

地磁気が2つに分裂する現象

地磁気が2つに分裂する現象

 

また、欧州宇宙機関(ESA)の地磁気観測衛星「SWARM」が収集したデータを分析した研究成果によると、この5年でアフリカの南西部に最小強度の地磁気のエリアが新たに現れ、南大西洋異常帯が2つに分裂しつつあるという。

 

こうした現象が、直近では77万年前にあったとされる地磁気の反転の引き金か先駆けではないかと懸念する声もあるが、今のところ何を意味するのかは分かっていません。

 

近年、 地球の核やその動力学が地球に与える影響についての解明もすすんでいます。

 

NASAでは、南大西洋異常帯を継続的に観測し、将来的な変化を予測することで、人工衛星などへの影響を軽減するための備えにつなげたいと考えています。

 

NASAゴダード宇宙飛行センター(GSFC)の地球物理学者テリー・サバカ研究員は「南大西洋異常帯はゆっくり動き、変化しつつある。そのため継続的に観察し続けることが重要だ。これによって、モデル化や予測が可能となるだろう」と一連のミッションの意義を強調しています。

 

さらに、南大西洋異常帯の変化を観察することで、地球の核やその動力学が地球に与える影響についての解明もすすむのではないかと期待が寄せられています。

 

地磁気が異常。南大西洋を北西に移動しながら2つに分裂の動画!

南大西洋の異常:2015年から2025年


ー   South Atlantic Anomaly: 2015 through 2025

 

地球の磁場の大部分は、溶融した外側のコアと固体のマントルの間の境界で、コアの奥深くで発生しています。

磁場は表面を越えて宇宙へと広がり、惑星の周りの保護シールドのように働き、太陽からの荷電粒子を反発させて閉じ込めます。

しかし、南アメリカと南大西洋上空では、南大西洋異常(SAA)と呼ばれるフィールド内の異常に弱いスポットにより、これらの粒子が地表にはるかに接近することができます。

SAA内の粒子放射は、搭載コンピューターをノックアウトし、通過する衛星のデータ収集を妨害する可能性があります。

SAAは表面の日常生活に目に見える影響を与えることはなく、弱まる磁気強度は、科学者が通常の変動と見なす範囲内にあります。

しかし、最近の観測と予測によると、この地域は西方向に拡大しており、強度は弱まり続けています。

2015年から2020年の観測データによると、SAAは最近、単一の谷、つまり最小の電界強度の領域から2つのセルに分割され始めています。

 

2025年までのモデルは、分割が将来も続くことを示しており、衛星ミッションに追加の課題を生み出しています。

南大西洋異常磁場分割の説明


South Atlantic Anomaly Magnetic Field Splitting Explained

 

NASAは南大西洋の磁場は研究する価値があると言います。彼らは現在の変化を懸念している。

 

NASAが地球の磁気「くぼみ」を調査。

-2日前NEWS地球の磁場に「くぼみ」。

地球の磁場が切り替わるまたは崩壊するとき何が起こるか。地球の磁場の小さいが進化するへこみは、衛星にとって大きな頭痛の種となる可能性があります。

地球の磁場は、惑星の周りの保護シールドのように機能し、太陽からの荷電粒子を反発して閉じ込めます。

しかし、南アメリカと南大西洋上空では、フィールドの異常に弱いスポット(南大西洋異常、またはSAAと呼ばれます)により、これらの粒子が通常よりも表面に近づくことができます。

この地域の粒子線は、搭載コンピュータをノックアウトし、通過する衛星のデータ収集を妨害する可能性があります。これは、NASAの科学者が異常を追跡および調査する主な理由です。

南大西洋異常は、磁場の強さの変化を監視するNASAの地球科学者にとっても興味深いものです。このような変化が地球の大気にどのように影響するか、および地球の奥深くにある地球の磁場に何が起こっているかを示すものとしてです。

現在、SAAは表面の日常生活に目に見える影響を与えません。しかし、最近の観測と予測によると、この地域は西方向に拡大しており、強度は弱まり続けています。

また、分割されています。最近のデータは、異常の谷、またはフィールド強度が最小の領域が2つのローブに分割されたことを示しており、衛星ミッションに追加の課題が生じています。

地球磁気、地球物理学、太陽物理学の研究グループのNASA科学者のホストは、SAAを観察およびモデル化し、将来の変化を監視および予測し、宇宙の衛星および人間に対する将来の課題への準備を支援します。

地球の磁場は、惑星の周りの保護シールドのように機能し、太陽からの荷電粒子を反発して閉じ込めます。

しかし、南アメリカと南大西洋上空では、フィールドの異常に弱いスポット(南大西洋異常、またはSAAと呼ばれます)により、これらの粒子が通常よりも表面に近づくことができます。

現在、SAAは表面の日常生活に目に見える影響を与えません。

しかし、最近の観測と予測によると、この地域は西方向に拡大しており、強度は弱まり続けています。

南大西洋異常は、そのような変化が地球の大気にどのように影響するか、そして地球の奥深くで地球の磁場に何が起こっているかを示すものとして、そこで磁気強度の変化を監視するNASAの地球科学者にとっても興味深いものです。

 

まとめ

今回は「地磁気が異常。南大西洋を北西に移動しながら2つに分裂の動画!」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群の流れ星と星空ライブカメラ!

そろそろペルセウス座流星群!活動は7月17日~ 8月24日で、ピークは8月13日ごろの予想です。 流れ星と星空ライブカメラ 長野・木曽観測所から配信中 #Night Sky ペルセウス座流星群 目次1 …

Perseid meteor shower

ペルセウス座流星群2020の動画とライブ!

ペルセウス座流星群(Perseid meteor shower)2020。ペルセウス座流星群2020の動画とライブ! Perseid meteor shower 目次1 ペルセウス座流星群2020の動 …

オリオン座星雲

ベテルギウス爆発いつか、そしてどうなるか、地球への影響は、明るさの変化は

オリオン座星雲   オリオン座の肩の部分で赤い色で輝いているベテルギウス爆発いつか、そしてどうなるかですが、爆発すれば人類歴史上もっとも明るい超新星となります。この数十年でもっとも暗くなって …

宇宙ステーション

月探査で日米共同宣言「アルテミス計画」に日本も参加。

米国が、主導する月探査計画に日本が協力し、日本人宇宙飛行士が月面に降り立つ ことが実現しそうである。日米両国は7月10日月探査の共同宣言に署名した。日米欧が協力して、宇宙開発を加速する中国に対抗する。 …

天体の月

2020年2月19日~21日(金)細い月と火星が接近!時間など観察帯詳細情報!

2020年2月19日~21日(金)細い月と火星が接近する天体ショーが見られます。時間帯は早朝の日の出前の少しの時間ですが、思い切って早起きすれば素敵な天体ショーが見られます。月と火星が接近する天体ショ …