最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

科学

白色矮星を公転する巨大惑星、82光年先で初めて発見の動画!

投稿日:

白色矮星を公転する巨大惑星、82光年先で初めて発見の動画紹介。巨大な惑星が死んだ白い矮星を周回しているのを発見しました。惑星「WD 1856b」という名です。#First Giant Planet Found Orbiting A White Dwarf

惑星「WD 1856b」

惑星「WD 1856b」

白色矮星を公転する巨大惑星、82光年先で初めて発見。

 

白色矮星を公転する巨大惑星「WD 1856b」、82光年先で初めて発見しました。

 

白色矮星(わいせい)となった恒星の近くを原形を保ったまま周回する系外惑星「WD 1856b」が初めて発見されました。

 

9月16日研究結果が発表されました。

 

見つかった惑星「WD 1856b」は木星ほどの大きさがあり、研究者らは、この巨大惑星の運命をたどることにより、約50億年を経て太陽が白色矮星になる時の太陽系の姿を予想することができるとしています。

 

 

太陽のような恒星は、内部の水素が燃え尽きると「死の段階」に入る。最初に大きく膨張して光り輝く赤色巨星となり、近くにある惑星は膨張する赤色巨星にのみ込まれてしまう。

 

その後、赤色巨星は崩壊して縮小し、燃え尽きた中心核のみが残る。これが白色矮星です。

 

熱エネルギーの残りでかすかな光を放つこの超高密度の星の燃えさしは、数十億年かけてゆっくりと光を失っていきます。

 

今回の発見では、縮小した主星「WD 1856+534」の前を1.4日ごとに通過する惑星WD 1856bの様子を米航空宇宙局(NASA)の系外惑星探査衛星「TESS(テス)」が捉えました。

 

惑星WD 1856bは、縮小した主星の約10倍の大きさを誇るという

 

 

主星が赤色巨星期に入ると、近くに位置する惑星が残存する可能性はほぼなくなるとこれまでは考えられていた。

太陽系では、太陽が赤色巨星になると、水星や金星、そしておそらく地球ものみ込まれてしまうことが予想されています。

 

英科学誌ネイチャー(Nature)で発表された研究でチームを率いた米ウィスコンシン大学マディソン校(University of Wisconsin-Madison)のアンドリュー・バンダーバーグ(Andrew Vanderburg)助教は、「当初は主星からはるか遠くの軌道を周回していたが、主星が白色矮星となった後に何らかの形で内側に移動してきたことを研究結果は示唆している」とWD 1856bについて説明する。

惑星「WD 1856b」

惑星「WD 1856b」

 

研究では、さまざまなシナリオでシミュレーションを行った。その結果、WD 1856bは他の惑星との相互作用によって、主星に近接する軌道へと投入された可能性があると分かった。

 

今回の研究には参加していない英シェフィールド大学(Sheffield University)のスティーブン・パーソンズ(Steven Parsons)氏は、研究の解説記事の中で、「今後この恒星系内で新たな惑星が検出されるというような非常に興味深い展望をもたらしている」と今回の発見について話しています。

 

また、白色矮星WD 1856+534は地球からわずか82光年の距離にあるため、他の惑星がWD 1856+534に及ぼす重力効果を宇宙望遠鏡による探査で検出できる可能性についても触れた。

 

この巨大な太陽系外惑星「WD 1856b」は、地球とほぼ同じ大きさの星の残骸の周りを、34時間ごとに非常に近い軌道で飛び回っています。

 

比較すると、水星は太陽系で太陽に最も近い惑星であり、太陽の周りを1周するのに90日かかります。

 

この瀕死の星は、地球から約80光年離れた場所にあります。

 

この調査は水曜日にNature誌に掲載されました。

 

星が大気圏を失った後、残っているのは崩壊したコア、つまり白い矮星だけです。それは数十億年の間冷え続けています。

 

白い小人の周りのそのような近い軌道で無傷の惑星を見つけることは、それがそこにどうやって到達したか、そしてそれがどのようにして星の白い小人への進化を生き延びたかについての疑問を投げかけます。

 

研究者たちは、惑星がそのホスト星からはるかに離れていて、星が進化した後、より近くに移動したと信じています。

 

彼らのシミュレーションは、星が白い小人になったとき、惑星がより近くに蹴られたことを示唆しました。

 

研究は、大きな惑星が星の激しい進化を生き延びて、その後、その周りの近い軌道に到着することができるという理論を示唆しました。

 

「私たちはこの星が死に、およそ60億年前に白色矮星になったと思います。太陽、地球、および太陽系がまだ形成されていなかったほどです」と、研究の共著者であり、物理学の助教授であるIan Crossfieldは述べました。

 

 

「星は消えていく残り火(太陽の1万分の1の明るさだけ)ですが、この惑星は現在、安定した軌道上にある可能性が高いため、長年にわたってこの星について研究および学習する必要があります。」

 

惑星の発見を確認するために、クロスフィールドは1月にミッションが終了する前にNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡を使用しました。

 

スピッツァーは、赤外線観測を行い、そうでなければ可視光では見えない物体を見るように設計されました。

 

物体が小さな星か大きな惑星かを科学者が判断するのを助ける上で、赤外線は重要でした。星は赤外光を放射しますが、惑星は星よりも冷たいので放射しません。

 

「私たちのスピッツァーのデータが示したのは、基本的に赤外線がまったくないことです」とクロスフィールド氏は語った。 「そして、これらのトランジットの深さはTESSデータとSpitzerデータセットの間で同じです。それは本当に、これが星ではなくほぼ間違いなく惑星であることを棺桶に最終的に釘付けにしました。」

 

地上の望遠鏡による追跡観測は、アマチュアの天文学者によって実行されたものも含めて、この発見の確認にも役立ちました。

 

惑星「WD 1856b」は木星の質量の14倍以下であると研究者達は決定しました

 

クロスフィールド氏は、約50億年後には、太陽が白い矮星になるだろうと語った。「惑星が星が膨張して赤い巨星になり、内部の惑星の一部を飲み込むプロセスを生き残ることができるかどうかについては、未解決の問題がたくさんあります。その後縮小して、再び白い小人として残されます。

 

 

最近、白色矮星を周回できる惑星上の生命を探すという考えに焦点を当てた多くの研究があります。

 

天文学者がそのような惑星を発見した今、星の周りのいわゆる「スイートスポット」にある惑星は、太陽系外惑星研究の新しい分野を切り開きます。

 

研究者たちは、将来的に白色矮星の周りのより小さな惑星を探すこと、そして彼らが見つけた惑星についてさらに調べることを楽しみにしています。

白色矮星を公転する巨大惑星、82光年先で初めて発見の動画。

白い矮星の近くで発見された巨大惑星-どうやってそこに到達したのですか?


Giant planet found near a white dwarf star – How did it get there?

ESOの超大型望遠鏡を使用して初めて、研究者は白い矮小星を周回する巨大な惑星を発見しました。

白色矮星を周回している最初の巨大惑星。


ー First Giant Planet Found Orbiting A White Dwarf

 

まとめ

今回は「白色矮星を公転する巨大惑星、82光年先で初めて発見の動画!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群の流れ星と星空ライブカメラ!

そろそろペルセウス座流星群!活動は7月17日~ 8月24日で、ピークは8月13日ごろの予想です。 流れ星と星空ライブカメラ 長野・木曽観測所から配信中 #Night Sky ペルセウス座流星群 目次1 …

no image

スカイドライブが空飛ぶ車の飛行テストに成功!

日本企業のスカイドライブが空飛ぶ車のテストに成功しました。デモされたSD-03は世界最小の電気式垂直離着陸車両であり、駐車中の車約2台分のスペースで離着陸可能。「緊急時の安全」を確保するために8つのモ …

Perseid meteor shower

ペルセウス座流星群2020の動画とライブ!

ペルセウス座流星群(Perseid meteor shower)2020。ペルセウス座流星群2020の動画とライブ! Perseid meteor shower 目次1 ペルセウス座流星群2020の動 …

タニストロフェウス( Tanystropheus)

タニストロフェウスの驚愕的な解明結果!

科学者は実際の海の怪物の謎を解明しようとしています。しかし、タニストロフェウスを取り巻く残りの詳細はあいまいなままであり、多くの議論がなされてきました。これらの動物は陸上または水中に住んでいたのか。そ …

「こうのとり」9号機

【画像】「こうのとり」9号機、打ち上げ成功、動画、画像、

「こうのとり」9号機、打ち上げ成功。桜島の上空で弧を描くH2Bロケット9号機の光跡=鹿児島市で2020年5月21日午前2時半。最後のH2Bロケット打ち上げ成功。打ち上げの動画、画像を紹介。 「こうのと …