最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

科学

2020年2月19日~21日(金)細い月と火星が接近!時間など観察帯詳細情報!

投稿日:

2020年2月19日~21日(金)細い月と火星が接近する天体ショーが見られます。時間帯は早朝の日の出前の少しの時間ですが、思い切って早起きすれば素敵な天体ショーが見られます。月と火星が接近する天体ショーの詳細時間帯と方角などの情報です。

天体の月

天体の月

 

2020年2月19日~21日細い月と火星が接近する時間帯・方角・天気など観察詳細情報

 

2020年2月19日~21日(金)細い月と火星が接近する天体ショーが見られます。

 

観察できる時間帯は2月19日火曜日から21日金曜日にかけての朝日が昇る夜明け前です。

やや細い月に火星が接近している様子が見られます。

月の出の時刻は東京では3時19分。それから日の出までのは6時24分の間の3時間くらいの間観察できます。

日の出以降は空が明るくなり惑星の火星の観測は無理です。

 

東京より東の東北北海道などでは、ではそれより少し早め、東京より西の関西・九州などではそれより少し遅めになります。

方角は南東の空の低い所で観測できます。

 

気になる19日(水)の天気ですが、月と火星の接近が見られる未明から明け方にかけては、九州から関東と、東北の太平洋側は大体晴れる予報が出ています。

ただ、北陸や東北の日本海側と北海道は雲が多めで、雪の降る所もありそうです。

一方沖縄はも雲に覆われる見込みです。

19日水曜から、さらに冷え込む予報が出ています。

防寒装備をしっかりして、月と火星の接近の天体ショーを楽しんでください。

今回は、2020年2月19日~21日(金)細い月と火星が接近!時間など観察帯詳細情報について、お伝えしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

KYODONEWS 小惑星りゅうぐう(JAXA提供)

小惑星りゅうぐうの表面構造が判明「隙間の多い、すかすかな構造」構造物質は。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の3月17日付英科学誌ネイチャー電子版に発表によると、はやぶさ2が小惑星りゅうぐうを観測した結果、がれきが重なったような隙間だらけの構造だったと発表。「インスタントコー …

2020年「小惑星」を観察

2020年「小惑星」を観察。オーストラリアの夜空で巨大な緑色の光。

科学者によると、西オーストラリア州ポートヘッドランドのオーストラリアの夜空を横切って撮影された神秘的な緑色の輝きは小惑星でした。昨日地球を通過するように予定されていた小惑星2002 NN4である可能性 …

地磁気が2つに分裂する現象

地磁気が異常。南大西洋を北西に移動しながら2つに分裂の動画!

地磁気が異常に弱いエリアが南大西洋を北西に移動しながら2つに分裂しています。地磁気が異常。南大西洋を北西に移動しながら2つに分裂の動画で紹介。 地磁気が2つに分裂する現象 目次1 地磁気が異常。南大西 …

no image

スカイドライブが空飛ぶ車の飛行テストに成功!

日本企業のスカイドライブが空飛ぶ車のテストに成功しました。デモされたSD-03は世界最小の電気式垂直離着陸車両であり、駐車中の車約2台分のスペースで離着陸可能。「緊急時の安全」を確保するために8つのモ …

オリオン座星雲

ベテルギウス爆発いつか、そしてどうなるか、地球への影響は、明るさの変化は

オリオン座星雲   オリオン座の肩の部分で赤い色で輝いているベテルギウス爆発いつか、そしてどうなるかですが、爆発すれば人類歴史上もっとも明るい超新星となります。この数十年でもっとも暗くなって …