最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

科学

【画像】「こうのとり」9号機、打ち上げ成功、動画、画像、

投稿日:

「こうのとり」9号機、打ち上げ成功。桜島の上空で弧を描くH2Bロケット9号機の光跡=鹿児島市で2020年5月21日午前2時半。最後のH2Bロケット打ち上げ成功。打ち上げの動画、画像を紹介。

「こうのとり」9号機

「こうのとり」9号機

「こうのとり」9号機、打ち上げ成功。

最後の打ち上げとなるH2Bロケット9号機が、21日未明鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、打ち上げは見事に成功しました。

 

21日午前2時31分H2Bロケットは、国際宇宙ステーションに物資を運ぶこうのとり9号機を載せています。

 

今回の「こうのとり」9号機の任務は、食料や高性能バッテリーといった
物資を、国際宇宙ステーションに運ぶことです。

HSS物資回収図

HSS物資回収図

 

これらの物資が搭載された、こうのとりは打ち上げからおよそ15分後に予定した起動に投入され打ち上げは成功しました。

 

 

こうのとりは後継機を現在開発中で、今回の9号機がH2Bロケットともに最後の打ち上げです。

 

今回は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため見学場が全て封鎖されたため、静かなラストフライトとなりました。

 

H2Bロケットは、いままで、9機全ての打ち上げが成功しています。

 

「こうのとり」9号機打ち上げ画像

「こうのとり」9号機、打ち上げの画像です。

「こうのとり」9号機、打ち上げ

「こうのとり」9号機、打ち上げ

「こうのとり」9号機、打ち上げ

「こうのとり」9号機、打ち上げ

「こうのとり」9号機、打ち上げ

「こうのとり」9号機、打ち上げ

「こうのとり」9号機、打ち上げ

「こうのとり」9号機、打ち上げ

 

「こうのとり」9号機、打ち上げ動画

2020(令和2)年5月21日(木)午前2時31分に、種子島宇宙センターから宇宙ステーション補給機こうのとり9号機を搭載したH2Bロケット9号機の打ち上げ動画です。

 


ー    こうのとり9号機(打ち上げ30秒前から)

「こうのとり」9号機/H-IIBロケット9号機打上げライブ動画

「こうのとり」9号機/H-IIBロケット9号機打上げライブ中継の動画です。


「こうのとり」9号機/H-IIBロケット9号機打上げライブ中継

次の動画は、種子島宇宙センターから宇宙ステーション補給機こうのとり9号機を搭載したH2Bロケット9号機の打ち上げを中種子町今熊野の高台から撮影したものを紹介しています。

この動画の中には、ロケットの打ち上げ直前の状況、打ち上げの瞬間、打ち上げの様子、SRB(補助ロケットブースター)の分離の状況などを収録しています。


H2Bロケット9号機打ち上げ宇宙ステーション補給機こうのとり9号機搭載

 

 

H2Bロケット

H2Bロケットとは

日本の国産ロケットで、さまざまな研究と実験を重ねながら、独自の技術で開発されたロケットです。

なかでもH-IIAロケットは、信頼性の高い大型主力ロケットとして、各種の人工衛星を打ち上げるミッションを支えてきました。

このH-IIAロケットの打ち上げ能力を高め、国際宇宙ステーション(ISS)や月面への物資輸送など、将来のミッションへの可能性を開く新しいロケットが、H-IIBロケットです。

H-IIBロケット

H-IIBロケット

H-IIBロケットの主要な目的は二つです。

一つは、ISSに宇宙飛行士の生活に必要な物資、ISS内の定期交換機器、実験装置・実験用サンプルなどの研究用資材を運ぶ、HTV(宇宙ステーション補給機)を打ち上げることです。

もう一つの目的は、H-IIAロケットとH-IIBロケットを併せて運用することにより幅広い打ち上げニーズに対応することです。

H-IIBロケット

H-IIBロケット

H2Bロケットの特徴

日本初のロケットエンジンのクラスタ化を実現。

クラスタ化は、エンジンを複数束ねることによって推力を増強する方式です。H-IIBロケットは、H-IIAでは1基だった第1段液体ロケットエンジン(LE-7A)を2基搭載します。

また、第1段タンクの直径を従来の4mから5.2mに拡大し、全長を1m伸長することにより推進薬を約1.7倍搭載します。

いくつかのエンジンを束ねる(クラスタ化)方法は、すでに性能の確定しているエンジンを使用できるため、短期間かつ低コストで開発を進められるという長所があります。

もう一つの特徴は、固体ロケットブースター(SRB-A)を4本装備しています。

H-IIBロケットは、H-IIA標準型で2本だった固体ロケットブースター(SRB-A)を4本装備します。

2006年にSRB-Aを4本装備したH-IIAロケット11号機(H2A204型)の打ち上げに成功しており、これまでに実績のある技術を有効に活用して、性能の向上を図っています。

 

まとめ

今回は「【画像】「こうのとり」9号機、打ち上げ成功、動画、画像、」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2020年「小惑星」を観察

2020年「小惑星」を観察。オーストラリアの夜空で巨大な緑色の光。

科学者によると、西オーストラリア州ポートヘッドランドのオーストラリアの夜空を横切って撮影された神秘的な緑色の輝きは小惑星でした。昨日地球を通過するように予定されていた小惑星2002 NN4である可能性 …

天体の月

2020年2月19日~21日(金)細い月と火星が接近!時間など観察帯詳細情報!

2020年2月19日~21日(金)細い月と火星が接近する天体ショーが見られます。時間帯は早朝の日の出前の少しの時間ですが、思い切って早起きすれば素敵な天体ショーが見られます。月と火星が接近する天体ショ …

オリオン座星雲

ベテルギウス爆発いつか、そしてどうなるか、地球への影響は、明るさの変化は

オリオン座星雲   オリオン座の肩の部分で赤い色で輝いているベテルギウス爆発いつか、そしてどうなるかですが、爆発すれば人類歴史上もっとも明るい超新星となります。この数十年でもっとも暗くなって …

惑星直列 2020年

2020年7月惑星直列の観測について。

2020年7月4日の惑星直列では、惑星がほぼ一直線に並びます。太陽系の7惑星、水星―金星―地球―火星―木星―土星―冥王星です。2020年の惑星直列は、観測という面から見れば、一晩ですべての惑星を見るこ …

宇宙ステーション

月探査で日米共同宣言「アルテミス計画」に日本も参加。

米国が、主導する月探査計画に日本が協力し、日本人宇宙飛行士が月面に降り立つ ことが実現しそうである。日米両国は7月10日月探査の共同宣言に署名した。日米欧が協力して、宇宙開発を加速する中国に対抗する。 …