最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

科学

月探査で日米共同宣言「アルテミス計画」に日本も参加。

投稿日:

米国が、主導する月探査計画に日本が協力し、日本人宇宙飛行士が月面に降り立つ
ことが実現しそうである。日米両国は7月10日月探査の共同宣言に署名した。日米欧が協力して、宇宙開発を加速する中国に対抗する。

宇宙ステーション

宇宙ステーション

「アルテミス計画」に日本が参加

宇宙ステーション

宇宙ステーション

 

米国は2024年に再び宇宙飛行士を月面着陸させる。

この計画は「アルテミス計画」と名付けれれ、計画では、月を足掛かりに、火星への進出も目指す。

「日本は、宇宙開発の素晴らしいパートナーだ。これから新たなショーが始まる。」

米航空宇宙局(NASA)のブライデンスタイン長官は10日、萩生光一文科相とオンラインで会談し、米国が進める月探査計画への日本の参加を歓迎した。

 

米国が推進するアルテミス計画は2024年までに再び米国宇宙飛行士を月面に送り込むを目指す。

人類の月面着陸を初めて実現した1960~70年代のアポロ計画とは異なり、アルテミス計画は月面での持続的は活動を目的とし、月の周回軌道に新たな宇宙ステーション「ゲートウェー」の建設を計画する。

 

米国は国際宇宙ステーション(ISS)と同様にゲートウェーも国際協力での建設を提案し、日本の他、欧州やカナダも参加を表明した。

米国はゲートウェーの将来の火星探査の拠点にも活用する考えで、2030年代の有人火星探査も目指している。

宇宙ステーション

宇宙ステーション

 

日本は、ISSの実験棟「きぼう」などの経験を活かし、ゲートウェーでも設備や機器の提供、物資補給などで協力する。

 

日米の共同宣言では、日本人飛行士のゲートウェーや月面での活動機会について詳細を今後取り決めることで合意した。

 

ゲートウェーの運用が本格的に始まる2020年代後半にも日本人飛行士が月面に降り立つ可能性がある。

 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の山川宏理事長は10日の定例記者会見で「日本人、特に青少年に夢や希望を与える。

日本の国際的なプレゼンスを示すうえでも極めて重要だ」と語った。

今後最大の課題は予算確保である。

ゲートウェーの建設や月探査にどれだけの費用がかかるか、まだはっきり明確化されていない。

宇宙飛行士

宇宙飛行士

 

ISS関連の有人飛行に年300~400億円程度を投じていてるが、ゲートウェーの関連ではさらにそれ以上の予算が膨らむことになる。

ISSの運用も当面は、続ける予定。

山川理事長は、「ISSとアルテミス計画の予算のバランスを精査していく必要がる」と語っている。

 

国際協力で宇宙探査を進める背景

ロケット

ロケット

米国が、国際協力で宇宙探査を進める背景には、宇宙開発の主導権争いがある。

 

中国は、2019年1月、世界で初めて、月の裏側に、無人探査機を着陸させた。

中国は「宇宙強国」となることを目標に掲げ、2022年にも独自の宇宙ステーションの建設を計画。

有人決面着陸なども目指している。

 

まとめ

今回は「月探査で日米共同宣言「アルテミス計画」に日本も参加。」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海洋の生物

オーストラリア山火事,日本の暖冬の原因は【ダイポールモード現象】説!

オーストラリアの山火事が日本の暖冬の原因説が今、有力に考えられています。昨年2019年より発生したオーストラリアの森林火災は、オーストラリアの全森林の2割は焼き尽くしました。この火災は半年以上も燃え続 …

no image

シベリアの永久凍土に深さ50メートルの「謎の穴」を発見の動画!

シベリアの永久凍土に深さ50メートルの「謎の穴」を発見した。なぜこんな穴が開いたのかが話題になっています。シベリアのヤマル半島の穴の動画。 シベリアのヤマル半島永久凍土に深さ約50mの巨大な 目次1 …

天体の月

2020年2月19日~21日(金)細い月と火星が接近!時間など観察帯詳細情報!

2020年2月19日~21日(金)細い月と火星が接近する天体ショーが見られます。時間帯は早朝の日の出前の少しの時間ですが、思い切って早起きすれば素敵な天体ショーが見られます。月と火星が接近する天体ショ …

タニストロフェウス( Tanystropheus)

タニストロフェウスの驚愕的な解明結果!

科学者は実際の海の怪物の謎を解明しようとしています。しかし、タニストロフェウスを取り巻く残りの詳細はあいまいなままであり、多くの議論がなされてきました。これらの動物は陸上または水中に住んでいたのか。そ …

惑星直列 2020年

2020年7月惑星直列の観測について。

2020年7月4日の惑星直列では、惑星がほぼ一直線に並びます。太陽系の7惑星、水星―金星―地球―火星―木星―土星―冥王星です。2020年の惑星直列は、観測という面から見れば、一晩ですべての惑星を見るこ …