最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

家の中に入ることを躊躇する保護犬の動画!

投稿日:

米テキサス州ヒューストン在住のサマンサ・ジマーさん(Samantha Zimmer)は、今季は厳しい冬の嵐が襲ったテキサスで苦しむ野良犬たちに新しい家族を見つけるサポートをしているが、あるケガをしていたところを保護された犬は、過去に一度も建物の中に入った経験が無かったと見られ、家の中に入ることを躊躇して、玄関先で困惑する姿の動画。


家の中に入ることを躊躇する保護犬 

家の中に入ることを躊躇する保護犬

目次

家の中に入ることを躊躇する保護犬。

米テキサス州ヒューストン在住のサマンサ・ジマーさん(Samantha Zimmer)35歳は、今季は厳しい冬の嵐が襲ったテキサスで苦しむ野良犬たちに新しい家族を見つける
サポートをしている。

 

そんなサマンサさんの元に、野良犬たちに毎日エサを与えて面倒を見ているという女性から、ケガをした野良犬を保護して欲しいと連絡が入った。

 

そして2021年3月14日、連絡があった場所にサマンサさんが駆けつけ、土手に集まっていた4匹の野良犬を全て保護した。

 

その中の1匹、テリアのミックス犬「ブーマー(Boomer)」は、信じられないことにエアガンの的として利用されていたという辛い過去を持っていた。そのせいでブーマーは太ももを骨折し、胸にはエアガンの弾が残っていた。

 

ケガをしていたところを保護された犬は、過去に一度も建物の中に入った経験が無かったと見られた。

 

しばらく庭で生活していたその犬を保護主が家の中に招き入れると、犬は入ってもいいのか困惑するような表情を見せた。

 

その姿にSNSでは「辛い経験をしてきたんだね」と多くの人が涙している。

 

 

「ブーマーが過ごしていた地域にはエアガンで犬を撃つことを好む残酷な人が多く、あるいは犬を捨てるために撃つ人もいるのです」と明かすサマンサさんは、他の保護犬との生活に慣れさせるためにブーマーを自宅の庭で世話し始めた。

 

その後2週間が経過しブーマーが新しい生活にも慣れてきたある日、サマンサさんは仕事へ出かけようとしていた。

 

「今まで必要な時は、私達がブーマーを運んで室内に入れていました。ある日、家を出ようとした時にふと『ブーマーは自分で入りたがるかな』と思い、家の中に入るように呼んでみたのです。」

 

この時の様子を捉えた動画には、ブーマーが玄関の前で座り込み、落ち着かない様子で周囲をうかがう姿が映っている。サマンサさんが近くにしゃがみ込んで呼びかけると、立ち上がって前脚を伸ばし家の中に入ろうとする様子を見せるが、再び座ってしまった。

 

動画はブーマーが困惑した表情をして座る姿で終わっており、家の中に入る決心がつかなかったようだ。サマンサさんは「これまで一度も家の中に入ることが許されなかったというのは明らかでしたね」と述べ、ブーマーの行動に心を痛めた。

 

この動画がTikTokに投稿されると、3月13日の時点で再生回数が790万回を超え大反響を呼んだ。

 

コメント欄には以下のようなブーマーに同情する声が多数上がりました。

「家に入るのをとても怖がっているね。きっと過去にお仕置きされた経験があるんだ」

「この犬の過去を想像して涙が出ちゃう」

「今までたくさん叩かれたりしてきたんだろうね」

などの声が寄せられ、多くの人が涙を流しました。

 

サマンサさんはさらに1か月かけて愛情を注ぎ、ブーマーとの信頼関係を築いていった。そのおかげでブーマーは自身が愛され必要とされていることを理解し、ゆっくりと自ら家の中に入るようになったという。

 

現在はすっかり慣れて走って出入りしているというブーマーは、新しい家族を見つけるため3か月後にウィスコンシン州にある施設に移動するそうだ。

 

サマンサさんは「ブーマーは散歩やお腹を撫でられることが大好きですね。ただ大きな犬が近づくと、過去に攻撃された経験があるようで緊張してしまうようです。それ以外は特に問題もないので、すぐに新しい家族が見つかると確信していますよ」と話す。

 

これは、救助された野犬が自分の新しい養育家に入るのに苦労した瞬間です-彼はこれまで屋内にいなかったからです。団塊の世代の子犬は、銀行の外に住む野良犬4匹のうちの1匹で、残酷な人々によって「標的の練習」として頻繁に使用されていました。

 

2歳のテリアミックスは、レスキューセンターの労働者であるサマンサジマー(35歳)に受け入れられました。サマンサジマーは、彼が家庭生活に慣れるのを助けるために、最初はガレージに収容していました。

 

家の中に入ることを躊躇する保護犬の動画。

 

救助された犬は彼の新しい家に入るのに苦労しました-彼は以前に屋内にいたことがなかったので| SWNS


Rescued dog struggled to enter his new house – because he’d never been indoors before | SWNS

 


ー     streetlifetothesweetlife

 

まとめ

今回は「家の中に入ることを躊躇する保護犬の動画!」というテーマでお送りいたしました。

 

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

プラごみの海洋汚染問題、海鳥の被害の恐れ!減らす有効対策とリサイクルの実態

プラごみの海洋汚染の問題が深刻化しています。日本の本州から約1000km離れた無人島でもプラごみが漂着しています。地球環境を守るためにもプラごみを減らす有効な対策を行う必要があります。そして、現状のリ …

新型コロナウィルスー

世界各国の抗体検査実施状況と抗体検査結果状況

新型コロナウィルスの抗体検査が欧米で始まり、検査結果も徐々に出始めています。各国の抗体検査実施状況と検査結果。 新型コロナウィルスー   目次 各国の抗体検査実施状況 ー      各国の抗 …

新型コロナウィルス

屋形船から、新型コロナウィルス次々に拡大の実態が明らかに!

市中感染とは、ヒトからヒトに感染するものの、誰から移ったのかルートを追える段階を過ぎて、もはやそして誰からうつったのかルートを追えなくなることを「市中感染」といいます。中国では感染者がおよそ6万人で、 …

ネーサン・アポダカ

アイダホ州のジャガイモ加工工場で働くネーサン・アポダカの動画。

アイダホ州のジャガイモ加工工場で働くネーサン・アポダカさんの動画です。不幸な出来事を、前向きな地でいき、幸運が巡ってきたネーサン・アポダカさん。ネット上でセンセーションを巻き起こしているところ。ミック …

出産間近の猫を自分の小屋に招き入れたピットブル

出産間近の猫を自分の小屋に招き入れたピットブルの動画!

メキシコのバハ・カリフォルニア州ティフアナで歯科医院を経営するホアン・ホゼ・P.フロレスさん(Juan Jose P. Flores)は、オスのピットブルのハデス(Hades)を飼っている。そのハデス …