最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

将棋

第61期王位戦木村一基王位・藤井聡太棋聖7番勝負第4局棋譜(1日目)

投稿日:2020年8月19日 更新日:

8月19日第61期王位戦木村一基王位・藤井聡太棋聖7番勝負第4局の第一日目の棋譜と講評です。午前9時から福岡市の大濠公園能楽堂で始まり二日間の予定です。

藤井聡太棋聖

藤井聡太棋聖

王位戦木村一基王位・藤井聡太棋聖第4局講評(1日目)

木村王位

木村王位

 

木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)が挑戦する第61期王位戦七番勝負は第3局までの結果は藤井棋聖が3連勝とタイトル奪取に王手をかけている。

 

第4局は8月19、20の日程で、福岡県福岡市「大濠公園能楽堂」で行われます。

1日目は19日午前9時から始まりました。

 

第4局は木村王位が先手番なので相掛かりが本命と思われました。

主導権が取りやすく、同じ戦型を用いた第2局でも中盤までは優位に戦いを進めていた。他棋戦でも木村一基王位は先手番で相掛かりを多用しています。

 

今回も中盤までは木村王位のペースで進み、藤井棋聖が終盤力で追い込む展開が予想されていました。

 

最近10局の成績では木村王位5勝5敗、藤井棋聖8勝2敗と差があります。

 

木村王位も大崩れせず踏み止まっているのはさすがだが、7月に史上最年少タイトル獲得記録を更新した藤井棋聖の勢いを止めるのは厳しいように思われ、このまま二冠誕生の可能性が考えられます。

今回藤井棋聖が勝てば、4連勝で二つ目のタイトル獲得となります。

 

藤井棋聖がタイトルを奪取すれば、羽生善治九段(49)が持つ二冠獲得の最年少記録(21歳11カ月)を更新。同時に「タイトル2期獲得」という八段への昇段規定も満たすため、加藤一二三・九段(80)=引退=の最年少記録(18歳3カ月)も塗り替えます。

 

初日は、 藤井棋聖は白い羽織姿で登場。対局開始の合図で、先手の木村王位が1分余り黙考してから飛車先の歩を突くと、藤井棋聖も開始時のルーティンとなっているお茶を一口飲んでから、同様に飛車先の歩を進めました。

さて、 開幕3連勝の藤井棋聖が史上最年少2冠と史上最年少八段を目指す一局は1日目午前から激しい展開で始まりました。

先手の木村王位の誘導で戦型は予想通り相掛かりに。

さらに早くも前例を離れ、先手の飛車が端に、後手の飛車が先手の玉頭をにらむかっこうに。早くも勝負どころを迎えた

 

初日は後手の藤井棋聖が42手目を封じて1日目を終えた。ここまで3連勝の高校生プロは、棋聖戦に続き二冠獲得を狙う。

 

1日目は「相掛かり」から、難しい読み合いが続いている模様。

 

結果的に藤井は第2局で苦戦した戦型を受けて立つ形となった。

 

「作戦を用意してきた」。木村は18日の会見での言葉通り、第2局での戦型に改良を加えてきた。

 

千駄ケ谷の受け師」と呼ばれ、受け(守り)を身上とする木村が1日目は一筋から仕掛ける。藤井は1手1手、慎重に指した。

 

1日の終了時間、午後6時になり、藤井が42手目を封じることが決まった。定刻を過ぎても自分の持ち時間で考えることができる。

 

必然手は後手2六飛だが、藤井はすぐに封じ手を宣言せず、定刻を過ぎても考え続けた。必然手以外の驚きの1手があるのか…。相手を疑心暗鬼にさせる「長考」だった。

 

持ち時間各8時間のうち消費時間は藤井が4時間12分、木村が3時間34分。2日目は2日午前9時に再開予定。

 

王位戦のシリーズであと1勝すれば、二冠を獲得し、最高の九段に次ぐ八段に昇段。いずれも最年少記録を達成する。2日目は20日午前9時開始、夜には終局の見通し。

 


飛車を切るか!? 王位戦 藤井聡太棋聖 vs 木村一基王位 解説、評価値付き初日速報 【将棋】


【第61期_王位戦_七番勝負】02020819_第四局_1日目_木村一基王位vs藤井聡太棋聖_初手から封じ手まで

 

関連記事

第61期王位戦木村一基王位・藤井聡太七段7番勝負第4局棋譜。(終局)

 

王位戦木村一基王位・藤井聡太棋聖第4局棋譜(1日目)

王位戦木村一基王位・藤井聡太棋聖第4局棋譜(1日目)指し手。


木村一基 王位 vs. 藤井聡太 棋聖 第61期王位戦七番勝負 第4局【1日目振り返り】 棋譜紹介 2020.08.19-20 1:56~より詳細な棋譜解析

対局日 :2020年8月19日
棋戦名 :第61期王位戦七番勝負 第4局
対局者 :木村一基 王位 vs. 藤井聡太 棋聖
結果  :42手目を木村王位が封じ手
手数  :41手まで
持ち時間:8時間

 


【棋譜速報1日目】第61期王位戦七番勝負第4局「先手木村一基王位」「後手藤井聡太棋聖」

 

まとめ

今回は「第61期王位戦木村一基王位・藤井聡太棋聖7番勝負第4局棋譜(1日目)」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-将棋

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

丸山忠久九段

竜王戦本戦丸山忠久九段・佐藤和俊七段対局棋譜

7月31日の竜王戦本戦は、丸山忠久九段が、今期ベスト4に進出 しました。本戦初出場・佐藤和俊七段に勝ちました。 丸山忠久九段 目次1 竜王戦本戦丸山忠久九段・佐藤和俊七段対局講評2 竜王戦本戦丸山忠久 …

広瀬章人八段

第46期棋王戦挑戦者決定T決勝広瀬章人八段・糸谷哲郎八段対局棋譜。

11月25日実施の第46期棋王戦挑戦者決定トーナメント決勝広瀬章人八段対糸谷哲郎八段対局の講評と棋譜。結果は、広瀬章人八段が糸谷哲郎八段を破り、挑戦者決定戦に進んだ。前竜王の広瀬八段は、2期ぶり2度目 …

広瀬章人八段

第70期王将戦7番勝負佐藤天彦九段・広瀬章人八段対局棋譜。

2020年9月24日実施の第70期王将戦7番勝負佐藤天彦九段・広瀬章人八段対局の講評と棋譜。結果は、広瀬章人八段が101手で勝ちました。 広瀬章人八段 目次1 第70期王将戦7番勝負佐藤天彦九段・広瀬 …

渡辺明名人

第14回朝日杯将棋オープン戦本戦渡辺明名人対永瀬拓矢王座対局棋譜。

1月16日実施の第14回朝日杯将棋オープン戦本戦2回戦渡辺明名人対永瀬拓矢王座対局の講評と棋譜です。結果は渡辺 明名人が勝ちました。 渡辺明名人 目次1 第14回朝日杯将棋OP戦本戦渡辺明名人対永瀬拓 …

no image

第14回朝日杯将棋オープン戦一次予選渡辺和史四段・瀬川晶司六段対局棋譜。

9月28日実施の第14回朝日杯将棋オープン戦一次予選渡辺和史四段・瀬川晶司六段対局の講評と棋譜。結果は渡辺和史四段が勝ちました。 渡辺和史四段   目次1 朝日杯将棋オープン戦一次予選渡辺和 …