最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

事件

象の親戚の哺乳類「ハネジネズミ」アフリカで発見!の動画。

投稿日:

象の親戚の哺乳類「ハネジネズミ」アフリカの角で発見!の動画紹介です。50年間「消失状態」のハネジネズミが、アフリカの角で発見されました。

ハネジネズミ

ハネジネズミ

象の親戚の哺乳類「ハネジネズミ」アフリカで発見!

アフリカに生息する小型哺乳類の一種、ソマリハネジネズミが約50年ぶりに確認されました。

この間、この動物を確認したとの報告が一例もなかったため、科学者らはソマリハネジネズミが地上から姿を消した恐れがあると考えていました。

 

8月18日に発表された調査結果によると、餌を探すためのゾウのような長い鼻を持つこのハネジネズミは、「アフリカの角(Horn of Africa)」と呼ばれるアフリカ大陸北東部の乾燥した岩の多い地域で静かに繁栄しているという。

 

象の親戚の哺乳類「ハネジネズミ」は、昆虫を主食とし、人目につきにくいこの動物は、ゾウでもネズミでもない。センギとも呼ばれるハネジネズミは、ツチブタ、ゾウ、マナティーなどの遠い親戚にあたる。

 

象の親戚の哺乳類「ハネジネズミ」は、ネズミほどの大きさで強力な脚を持ち、時速30キロ近くで走ることができる。

ハネジネズミ

ハネジネズミ

 

しかし1970年代以降は、その姿を誰も確認していなかった。そのため、世界の自然博物館に収蔵された39体の保存標本が、かつて存在していたことを示す唯一の物的証拠として残されるだけとなっていた。

 

そのような状況を受け、米テキサス州に拠点を置く野生生物保護団体「グローバル・ワイルドライフ・コンサベーション(Global Wildlife Conservation)」は、ソマリハネジネズミを「25大最重要探索対象消失種(25 Most Wanted Lost Species)」リストに含めていた。

 

そして、昨年実施された遠征調査で科学者チームが自然環境に生息するこの動物を見つけ、ソマリハネジネズミの生息範囲がソマリア国内に限定されないことが明らかになった。

ハネジネズミ

ハネジネズミ

 

チームは、ソマリア、エチオピア、エリトリアなどの国々と国境を接するアフリカの角の沿岸小国ジブチで、さまざまな種類のハネジネズミの探索を行っていた。

 

調査では、ピーナツバター、オートミール、酵母エキスなどを詰め込んだわながジブチ内の12の地域に1250か所以上設置された。調査活動を支えたのは、地域コミュニティーとの情報交換だった。地元の人々は写真からハネジネズミを容易に見分けることができた。

 

調査チームに参加したジブチの自然保護活動家は、同国内で21年間にわたり実施してきた実地調査の間に自身もハネジネズミを目撃したことがあると話していた。だが、それらが姿を消して数十年にもなるソマリハネジネズミかどうかは誰にも分からなかった。

 

象の親戚の哺乳類は、50年の忘却の後にアフリカで再発見されました。

しかし、1つ注意点があります。生き物はネズミと同じくらい小さく、主に長い鼻のような鼻で集める昆虫を食べます。

ゾウトガリネズミまたはソマリアセンギとして知られているこの哺乳動物は、ゾウでもトガリネズミでもありませんが、ツチブタ、ゾウ、マナティーに関連しています。

ハネジネズミ

ハネジネズミ

 

ゾウのじゃじゃ馬は、東アフリカのジブチで、地元の目撃にもかかわらず、1970年代以来見られなかった「失われた種」の科学遠征中に発見されました。

象の親戚の哺乳類「ハネジネズミ」ソマリセンギは、世界の野生生物保護によると、上位25の「最も望まれる種」の1つとしてリストされています。

「通常、失われた種を再発見するとき、私たちはたった1つか2つの個体を見つけ、彼らの差し迫った絶滅を防ぐために迅速に行動しなければなりません」とグローバル野生生物保護のロビン・ムーア博士は言った。

 

DNA分析により、ソマリアのセンギはモロッコや南アフリカにいたるまで他のセンギ種と密接に関連していることが明らかになりました。

 

「ジブチにとって、これは国と地域の大きな生物多様性を強調し、ここに新しい科学と研究の機会があることを示す重要な物語です」とジブチアンの研究生態学者、保護論者、遠征隊のフセイン・ラヤレのメンバーは言った。

 

探検隊のメンバーは、ジブチの乾燥した岩の多い景観は農業生産や人間のインフラに魅力がないため、センジスの生息地に差し迫った脅威はないと信じています。

2022年には、GPS無線技術を介して生物の行動と生態を調査する別の遠征が予定されています。

 

象の親戚の哺乳類「ハネジネズミ」アフリカで発見!の動画。

#AfricaAfterDisappearing50YearsAgo


Tiny Elephant Shrew Species Rediscovered in Africa After Disappearing 50 Years Ago

 


Elephant shrew rediscovered in Africa after 50 years – BBC News – 18th August 2020

象に関連したあまり知られていない哺乳類であるが、マウスほどの大きさで、アフリカでは50年のあいまいな経験があった。現時点で脅威にさらされている地球上の生物多様性にとって少し良いニュース。

 

まとめ

今回は「象の親戚の哺乳類「ハネジネズミ」アフリカで発見!の動画。」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

希少動物のクズリ

クズリ、約100年ぶりに生息確認の動画!米マウントレーニア国立公園にて。

米マウントレーニア国立公園にて、クズリ、約100年ぶりに生息確認の動画です。クズリは小さなクマのような姿をしたふさふさの尾をもつイタチ科の肉食動物で、陸上にすむイタチ科の動物の中では最も大きい。がっし …

宇宙から見た台風10号

台風10号「ハイライン」9月8日北朝鮮の状況!

北朝鮮 台風10号リポート 異例の放送で警戒呼びかけ。北朝鮮台風9号・台風10号で 2週連続で台風が直撃 地元メディア“異例の報道” 。 宇宙から見た台風10号 目次1 台風10号「ハイライン」9月8 …

黄河洪水

2020年8月30日の中国、黄河流域の洪水の状況。

中国の洪水、保定、河北は大雨とあられを被りました。道路は川に変わり、車は流されました。洪水は甘粛省龍南で発生しました。黄河が氾濫し、洪水が急増し、ニュース時代の洪水が次々と発生しています。大雨・洪水時 …

三峡ダム

2020年7月13日の中国、三峡ダムの長江下流武漢の状況。三峡ダムは危ない!

2020年7月13日の中国、三峡ダムの長江下流武漢の状況。三峡ダムは危ない!当局は武漢に危険なトリックを行うつもりですか?長江は氾濫し、1日2回地震が発生し、三峡ダム湖の近くにあります。中国の1日2回 …

ラッパーハリケーンクリス

ラッパーのハリケーンクリス殺人犯として逮捕

ルイジアナ州で殺人犯として、ラッパーのハリケーンクリスが逮捕された。ハリケーンクリスは、彼のヒットシングル「A Bay Bay」を含む2007年のアルバム「51/50 Ratchet」で最もよく知られ …