最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

芸術

現代美術家のクリスト氏死去、生い立ち、結婚、作品の説明と画像、評価。

投稿日:

現代美術家のクリスト氏が5月31日、ニューヨークの自宅で死去、享年84歳。生い立ち、結婚、作品の説明と画像。

クリスト氏

クリスト氏

現代美術家のクリスト氏死去

大規模なパブリックアートプロジェクトで知られるクリスト(Christo)は、ニューヨークの自宅で日曜日5月31日、ニューヨークの自宅で亡くなりました。 84歳でした。

彼の死はツイッターとアーティストのウェブページで発表されました。原因はありませんでした。

クリスト

クリスト

故妻のジャンヌクロードとともに、アーティストのキャリアは、彼らの建立後すぐに姿を消し、しばしば大きな構造物を布地に包むことを含む挑戦的なアートプロジェクトを手掛けました。によって定義されました。

2005年、彼はニューヨークのセントラルパークに7,500を超えるサフラン色のビニールゲートを設置しました。

彼は1995年にベルリンのドイツ連邦議会議事堂をアルミニウム光沢のある布で包みました。彼らの2,600万ドルの傘プロジェクトは、日本に設置された1,340の青い傘と南カリフォルニアに1,760の青い傘を設置しました。

また、パリのポンヌフ、カンタレのベルン、スイス、ローマの壁など。

声明によると、アーティストの次のプロジェクトであるラルクドゥトリオンフラップドは、予定通り9月にパリに登場する予定です。

クリストとジャンヌクロードの作品に関する展覧会も、7月から10月にかけて、センタージョルジュポンピドゥで開催される予定です。

「クリストは自分の人生を最大限に生かし、不可能と思われるものを思い描いただけでなく、それを実現した」と彼のオフィスは声明で述べた。 「ChristoとJeanne-Claudeのアートワークは、世界中の人々に共有体験をもたらし、彼らの作品は私たちの心と思い出の中で生き続けています。」

1935年にブルガリアで生まれたクリストウラジミロフジャバチェフは、ソフィアの美術アカデミーで学び、1957年にプラハ、次にウィーン、そしてジュネーブに移りました。

1958年にパリでジャンヌクロードデナドギユボンに会いました。

クリスト氏と妻のジャンヌ・クロード

クリスト氏と妻のジャンヌ・クロード

 

その後、歴史的建造物や自然の一部を布で包む大規模な美術作品を共同で制作した。

 

彼らは同じ年(1935年)の同じ日(6月13日)に生まれ、彼によれば「同じ瞬間に」生活と芸術のパートナーになったのです。

 

 

パリのセーヌ川に架かる橋ポンヌフを覆った作品などが有名。91年には、屋外に大量の傘を立てる作品を茨城県と米カリフォルニア州で披露した。

 

クリスト氏と妻のジャンヌ・クロード

クリスト氏と妻のジャンヌ・クロード

ジャンヌ・クロードさんは2009年に74歳で死去した。

クリストの生い立ち

Christoは、ブルガリアのガブロヴォで生まれました。

クリスト

クリスト

彼の父、ウラジミールジャバチェフは実業家であり、織物工場を経営しており、彼の母親、ツヴェタディミトロワはソフィアの美術アカデミーの秘書でした。

彼の家族を訪問したアカデミーの教授は、彼がまだ非常に若い間、クリストの芸術的才能を観察しました。

クリストは、1953年から1956年にかけてソフィアアカデミーで美術を学び、チェコのスロバキア(現在のチェコ共和国)のプラハに行きました。

クリストはすぐにウィーンに定住し、ウィーン美術アカデミーに入学しました。

わずか1学期後、彼は1958年にジュネーブに旅行し、パリに移りました。

彼のパリでの生活は、経済的困難とフランス語を学ぶのが困難だったために社会的孤立状態でした。

彼は肖像画を描くことでお金を稼ぎ、売春に例えられ、彼の初期の作品が「Christo」に署名されている間、彼の家族名「Javachef」で署名しました。

1973年に17年間無国籍であった後、クリストは米国市民になった。

クリスト

クリスト

クリスト氏の結婚

1959年10月、クリストとジャンヌクロードは、母親のプレシルダデギエボンの肖像画を描くよう依頼されたときに会いました。

クリスト氏と妻のジャンヌ・クロード

クリスト氏と妻のジャンヌ・クロード

当初、ChristoはJeanne-Claudeの異姉妹であるJoyceに惹かれました。

ジャンヌクロードはフィリッププランションの所にいました。

結婚式直前に、ジャンヌクロードはクリストの子供を妊娠しました。

プランションと結婚したが、ジャンヌクロードは新婚旅行の直後に去ってしまいます。

クリスト氏と妻のジャンヌ・クロード

クリスト氏と妻のジャンヌ・クロード

 

クリストとジャンヌクロードの息子Cyrilは、1960年5月11日に生まれました。

ジャンヌクロードの両親は、特にChristoをきらい、、一時的に娘からも離れました。

1961年、クリストとジャンヌクロードは、彼らの最初のコラボレーションであるケルンの港で樽を覆いました。

1962年、夫婦は最初の記念碑的なプロジェクトであるリドードフェル(アイアンカーテン)に取り組みました。当局の同意なしに、ベルリンの壁に反対する声明として、彼らはセーヌ川近くの小さな通りであるビスコンティ通りを石油の樽で封鎖した。

Jeanne-Claudeは接近中の警察の前で、立ちふさがり、作品を数時間放置するように彼らを説得しました。

クリスト氏と妻のジャンヌ・クロード

クリスト氏と妻のジャンヌ・クロード

彼はギャラリーで最初の展覧会を同時に開催していましたが、パリでクリストとジャンヌクロードを知られるようにしたのはヴィスコンティプロジェクトでした。

 

1964年2月、クリストとジャンヌクロードはニューヨーク市に到着しました。ヨーロッパへの短い帰国後、彼らはその年の9月にアメリカに定住しました。

クリストは英語が苦手で流暢ではありませんが、ニューヨークの有名なカステリギャラリーやドイツのデュッセルドルフにあるギャラリーシュメラなど、いくつかのギャラリーで作品を展示しました。

クリストは、彼が拡張するために構築した店先を作成し始めました。店先の販売は、より大きなプロジェクトの資金調達に役立ちました。

クリストとジャンヌクロードの作品の評価

彼らの作品は視覚的に印象的であり、その規模の結果としてしばしば論争の的となっていますが、アーティストは、彼らのプロジェクトが直接的な美的影響よりも深い意味を含むことを繰り返し否定しました。

クリスト氏と妻のジャンヌ・クロード

クリスト氏と妻のジャンヌ・クロード

 

彼らの芸術の目的は、喜びと美しさのための芸術作品を作り、身近な風景を見るための新しい方法を作ることであると彼らは主張しています。

美術評論家のデビッドブルドンは、クリストのラッピングを「隠蔽による啓示」と表現しています。

クリストは彼の批評家に「私は芸術家であり、私には勇気が必要です…私には存在する芸術作品がないことを知っていますか?完成したらすべて消えます。準備の絵だけ、そして、コラージュは残され、私の作品はほとんど伝説的なキャラクターになっています。残るものを作るよりも、消えるものを作るにははるかに勇気が必要だと思います。」

クリストとジャンヌクロードの作品

1972年以降のすべてのプロジェクトで、写真家のヴォルフガングヴォルツとのみ協力しました。

彼らの主要プロジェクトの少なくとも5つは、アルバートとデビッドメイルズによるドキュメンタリー映画の主題でした。

Jeanne-ClaudeとChristoは、すべてのアートプロジェクトでクリエイティブな協力関係の合作でしたが、完成した作品にはChristoの名前だけが表示されました。

 

アート界の女性アーティストに対する偏見のため、これはジャンヌクロードとクリストの両方による意識的な決定でした。

ジャンヌクロードは、「1人のアーティストを設立するのは困難であり、すべての可能性を私たちの側に置いたかったので、私たちが若いときに、クリストの名前のみを使用する決定は意図的に行われました。」

したがって、 、ジャンヌクロードは、成功を前進させるためにクリストのマネージャーの役割を引き受けました。

石油バレル

Oil Barrels

Oil Barrels

ジャンヌクロードは、芸術作品の美的美しさを強く信じていました。彼女は、「私たちは喜びと美の芸術作品を作りたいと思っています。私たちはそれが美しいと信じているので、それを作ります。」

しかし、それは、ジャンヌクロードとクリストの作品が大きくなかったことを意味しません政治的な意味合い。

ジャンヌクロードとクリストは、1962年にベルリンの壁の建設に対応して作品を作成しました。彼らは、パリのヴィスコンティ通りをドラム缶の壁で封鎖しました。

石油樽で建てられた高さ4メートル(13フィート)の壁が通りを完全に閉鎖し、ボナパルト通りとセーヌ通りの間のすべての通信を遮断しました。

彼らは、「この「鉄のカーテン」は、路上での公共工事の期間中、または通りを行き止まりに変えるためにバリケードとして使用することができます。

最後に、その原理は、地域全体または都市全体に拡張できます。

警察が近づくと、ジャンヌクロードはしっかりと地面に立ち、アート作品を守り、それをあと数時間そのままにしておくと主張しました

 

Documenta 4

Documenta 4

Documenta 4

Documenta 4

Documenta 4

1968年、クリストとジャンヌクロードはカッセルのドキュメンタ4に参加する機会がありました。

彫刻であるCorridor Storefrontsに加えて、カップルは5,600 m3(200,000 cu ft)の体積のエアパッケージを構築したいと考えていました。

これは、クレーンで持ち上げられ、25 km(16 mi)の距離から見えるようになります。

1968年6月24日、ポリエチレン製のスキンが引き上げられたときに引き裂かれ、エアパッケージを完全に膨らませようとする彼らの最初の試みは失敗しました。

さらに2回の試行と修理の繰り返し、およびヨーロッパで最大のクレーンの2つを使用して、プロジェクトは1968年8月3日に実現しました。パッケージは、高さ85メートル(280フィート)の高さまで合計10時間上昇しました

( 8月4日の午前4時から午後2時まで)、スケルトンが構築されていない最大のインフレータブル構造になります。

このプロジェクトの70,000ドル(USD)の費用のうち、ChristoとJeanne-Claudeは、準備図面、コラージュ、およびストアフロントの販売から3,000ドル(USD)を除くすべてに資金を提供しました。

Wrapped coast(ラップされた海岸)

Wrapped coast

Wrapped coast

Wrapped coast

Wrapped coast

1969年の終わりに、オーストラリアのコレクターであるジョンカルドールの招待を受けて、アルコルソシーカーズトラベリングスカラーシップの一環として、ジャンヌクロードとクリストはオーストラリアのシドニーにあるリトルベイの海岸を包みました。

 

ジョンカルドールの支援を受けて、これはオーストラリアを訪れ、国際的なアーティストが新しい作品を制作する最初の訪問となり、カルドールパブリックアートプロジェクトシリーズの最初の訪問となりました。

このプロジェクトは、退役した陸軍のニニアンメルヴィルによって監督され、110人の労働者と15人のプロの登山家に、クリストとジャンヌクロードの指導の下で4週間かけて作業をインストールしました。

クリストは、「これらすべての建設作業」を行ったのは初めてだったため、技術的な側面は「非常に困難」だったことを思い出しました。

このプロジェクトは、2.5 km(1.6マイル)の海岸と最大26 m(85フィート)の崖を覆い、95,600 m2(1,029,000 sq ft)の合成繊維と56 km(35 mi)のロープを必要としました。

これは現時点でこれまでに作成された最大のシングルアートワークで、ラシュモア山よりも大きく、訪問者は作品の一端から他端まで歩くのに1時間かかりました。

当局と公衆面から最初は否定的でしたが、反応は主に肯定的で、オーストラリアの芸術に多大な影響を与えました。

Curtains in the valley(谷のカーテン)

Curtains in the valley

Curtains in the valley

Curtains in the valley

Curtains in the valley

バレーカーテン1972年(アメリカ)
1970年の終わりに、ChristoとJeanne-Claudeは、Valley Curtainプロジェクトの準備を始めました。

コロラド州ライフル近くのロッキー山脈の谷である谷であるライフルギャップを横切って、長さ400メートル(1,300フィート)の布が張られました。

このプロジェクトでは、14,000平方メートル(150,000平方フィート)の布を4本のスチールケーブルに吊るし、各斜面のコンクリートに鉄筋を固定し、200トン(220ショートトン)のコンクリートで固定しました。

予算は$ 400,000に増加し、ChristoとJeanne-Claudeが資金調達の追加問題がおきました。

最後に、お金を集めるのに十分な芸術作品が売られ、1971年10月10日、オレンジ色のカーテンは吊るす準備ができていましたが、風と岩によって細断されました。

Wrapping the Reichstag from a Berlin art historian

 

Wrapping the Reichstag from a Berlin art historian

Wrapping the Reichstag from a Berlin art historian

Wrapping the Reichstag from a Berlin art historian

Wrapping the Reichstag from a Berlin art historian

セカンドカーテンが製造されている間、クリストは1961年の「公共建築物を包むためのプロジェクト」に対応して、ベルリンの美術史家から国会議事堂を包むように要請されました。

1972年8月10日、布を吊るす2回目の試みは成功しましたが、わずか28時間後、時速97 km(60 mph)を超える嵐の強風によって布が破壊されました。

このプロジェクトは、David and Albert Mayslesによるドキュメンタリー映画Christo’s Valley Curtainで上映され、アカデミー最優秀ドキュメンタリーショート賞にノミネートされました。

Running fence(フェンスを走らせる)

 Running fence

Running fence

 Running fence

Running fence

1972年、クリストとジャンヌクロードはランニングフェンスの準備を始めました。

鋼製支柱と鋼製ケーブルで支えられ、風景の中を走って海に通じる布製フェンスです。

フェンスは、高さ5.5メートル(18フィート)、長さ40キロメートル(25マイル)で、カリフォルニア州ソノマ郡とマリン郡に建設されました。

このプロジェクトでは、59家族の牧場主を納得させ、当局の許可を得る必要があったため、ChristoとJeanne-Claudeは9人の弁護士を雇いました。

1973年の終わりに、クリストとジャンヌクロードはフェンスの道を木製の杭でマークしました。

1976年4月29日、官僚主義に対する長い闘争の末、ようやく作業が始まりました。

約200,000 m2(2,200,000平方フィート)のナイロン生地、2050鋼の支柱、145 m(90 mi)の鋼ケーブルが必要でした。

1976年9月10日に、作業は完了しました。しかし、クリストとジャンヌクロードは沿岸地域への許可がなかったため、60,000ドルの罰金を支払わなければなりませんでした。

The Umbrellas

Japan・US, 1984年、1991年

The Umbrellas

The Umbrellas

The Umbrellas

The Umbrellas

 

ChristoとJeanne-Claudeは次のプロジェクト、The Umbrellasの準備をしました。

カリフォルニアには黄色い傘を、日本には青い傘を同時に設置する計画でした。

1990年12月、多くの準備を経て、傘用の最初の鋼製ベースが設置されました。

基盤では、長さ80センチ(31インチ)のアンカーが地面に固定され、1,500 kgf(15 kN)の張力に耐えました。

1991年9月、傘は2,000人の労働者によって彼らの場所に運ばれました。

カリフォルニアでは、基地のいくつかがヘリコプターによってサイトに輸送されました。

プロジェクトの最終的な費用は合計で2600万ドルで、準備図面などの販売を通じてアーティスト自身が完全に資金を調達しました。

アーティストはいかなる形のスポンサーも受けません。

9月7日までに、茨城に1,340の青い傘、南カリフォルニアのテジョンランチに1,760の黄色の傘が設置されました。

傘は日本の限られたスペースの近くに配置されましたが、カリフォルニアではそれらは広大な耕作されていない土地に四方八方に置かれました。

合計で300万人が傘を見ました。傘の高さはそれぞれ6 m(20フィート)、直径8.66 m(28.4フィート)です。

10月27日、彼らはこのプロジェクトの撤去を開始し、土地を以前の状態に復元しました。

傘は分解され、ほとんどの要素はリサイクルされました。

傘はピクニックスポットから結婚式の祭壇に至るまで、あらゆる用途に利用できる巨大な観光名所になりました。

1991年10月26日、カリフォルニアの傘の1つが強風に倒れ、1人の女性が死亡し、他の数人が負傷しました。展示はすぐに閉鎖された。

傘を外している間に2番目の死者が出ています。

Pont Neuf(ポンヌフ)

Pont Neuf

Pont Neuf

Pont Neuf

Pont Neuf

1984年3月14日、ジャンヌクロードは米国市民となりました。彼女は米国とフランスの二重国籍を保持していました。

カップルはパリ市長ジャックシラクと9年間の交渉を重ね、8月にポンヌフ(1607年7月に完成)を包む許可を得て、プロジェクトの準備が始まりました。

パリで最も古い橋のラッピングには、40,000 m2(430,000平方フィート)の砂色のポリアミド生地が必要でした。

金色の砂岩色は、夕日の下のパリの舗装の色を模倣するために使用されます。

包装は1985年8月25日に始まり、9月22日に完了しました。 10月5日に、プロジェクトは300万人以上の訪問者によって閲覧された後、削除されました。ポンヌフラップの費用はすべて夫婦負担です。

他のすべてのプロジェクトと同様に、彼らは後援をしません。彼らは通常、プロジェクトの予備的な図面を販売するだけで得たお金を利用します。

ポンヌフを包むことは、彫刻の次元を芸術作品に変換する伝統を続けました。生地はポンヌフの主要な形状を維持していますが、細部とプロポーションを強調しています。

囲まれた島と同様に、ポンヌフラップの取り付けと取り外しを手伝った労働者は、ウィリスミスが設計したユニフォームを着ていました。

ユニフォームは、シャンブレーのスモックとワイドレッグパンツのアンサンブルで構成され、ジャケットの裏側にクリストが描いた橋のイラストが印刷されています。

Surrounded island(囲まれた島々)

Surrounded island

Surrounded island

Surrounded island

Surrounded island

 

The London Mastaba(ロンドン・マスタバ)

The London Mastaba

The London Mastaba

The London Mastaba

The London Mastaba

ロンドンマスタバは、ロンドンのサーペンタインで2018年6月から9月にかけて展示された一時的なフローティングインスタレーションです。

インスタレーションは、古代のメソポタミアで使用されていた初期のベンチの形である、マスタバの形をした7,506個のオイルバレルで構成され、平らな屋根と内側に傾斜した側面がありました。

それは、32個のアンカーによって固定された高密度ポリエチレンのフローティングプラットフォームに座っていました。

高さは20 m(66フィート)、重さは600トン(660ショートトン)でした。垂直の端は赤、青、藤色のモザイクで描かれ、傾斜した側面は白の帯のある赤でした。

ロンドンマスタバの展示と同時に、近くのサーペンタインギャラリーでは、クリストとジャンヌクロードと題されたアーティストの作品の展示が行われました。

The Floating Piers(フローティングピア)

The Floating Piers

The Floating Piers

The Floating Piers

The Floating Piers

フローティングピアは、イタリアのブレシア近くのイゼーオ湖に設置された一連の通路です。

2016年6月18日から7月3日まで、訪問者は本土のスルツァーノの村からモンテイゾラとサンパオロの島まで、水面の真上を歩くことができました。

浮遊する歩道は、70,000 m2(750,000平方フィート)の明るい黄色の布で覆われた約200,000の立方体でできていました。

3km(1.9 mi)の桟橋が水上を移動しました。さらに1.5 km(0.93 mi)の金色の布地がスルツァーノとペスキエーラマラリオの歩行者専用道路に沿って続きました。

展示会の後、すべてのコンポーネントは取り除かれ、リサイクルされることになりました。

設置はアメリカ軍の主要なサイドアームサプライヤーの所有者であるベレッタ家によって進められました。

ベレッタ家は、フローティングピアの遊歩道に囲まれたサンパオロ島を所有しています。

 

まとめ

今回は、「現代美術家のクリスト氏死去、生い立ち、結婚、作品の説明と画像、評価。」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-芸術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ステファノ・ボエリ

建築家ステファノ・ボエリの学歴、業績、SBA、垂直都市など主な作品

ステファノ・ボエリ(Stefano Boeri)はイタリアの建築家で、主に再生または再開発を必要とするヨーロッパの都市部の建物と広場の設計に焦点を当てています。ミラノに拠点を置く彼は、緑に覆われた「ボ …

俳人の伊藤敬子さん

俳人の伊藤敬子さん死去、生い立ち、プロフィール、作品、インタビュー動画

俳人の伊藤敬子さんが、6月5日午前5時30分、肺炎のため名古屋市の病院で死去しました。享年85歳。『環礁』に在籍し、加藤かけい、山口誓子に師事。『光の束』は環礁賞を受賞。 俳人の伊藤敬子さん 目次1 …

ミルトン・グレイザー

ミルトン・グレイザー死去、作品や生い立ちなど。

ミルトン・グレイザー   「アイ・ラブ・NY」ロゴやサイケデリックな髪のボブディランポスターのデザインで知られるグラフィックデザイナー、ミルトン・グレイザーさんが亡くなりました。91歳でした …

Pinocchio Adventure

カルロ・コッローディの生い立ち、主な作品、活動、業績、ピノキオ内容。

ピノキオの生みの親として知られるカルロ・コッローディの出身、生い立ち、主な作品、活動、業績。ピノキオ内容は、色々なストーリーと教訓を持っています。 カルロ・コッローディ 目次1 カルロ・コッローディの …

菊畑茂久馬

菊畑茂久馬氏死去、プロフィール、最近の活動、著作(著書)

現代美術家の菊畑茂久馬氏死去。菊畑 茂久馬氏が5月21日、肺炎のため福岡市内の病院で死去しました。享年85歳。 菊畑茂久馬   目次1 菊畑 茂久馬氏死去2 菊畑茂久馬氏のプロフィール3 菊 …