最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

芸術

マイケル・マクルーア死去。作品、生い立ち、家族、業績(詩集、小説など)

投稿日:

米詩人、M・マクルーア氏死去。脳卒中の合併症のため西部カリフォルニア州オークランドの自宅で死去。享年87歳。過度な文明社会に異を唱え、精神的な充足を重視する50~60年代の文学運動「ビート・ジェネレーション」の主要メンバーとして活動。ヒッピー文化などに象徴されるカウンターカルチャー(対抗文化)の基盤を築いた。 ボブ・ディランやロックバンド「ドアーズ」との交流でも知られ、後年には戯曲も手掛けた。マイケル・マクルーア死去。作品、生い立ち、家族、業績を紹介。

マイケル・マクルーア氏

マイケル・マクルーア氏

マイケル・マクルーア氏死去。

 

マイケル・マクルーア氏は、米紙サンフランシスコ・クロニクルなどによると4日、脳卒中の合併症のため西部カリフォルニア州オークランドの自宅で死去、87歳。

 

32年、中西部カンザス州生まれ。過度な文明社会に異を唱え、精神的な充足を重視する50~60年代の文学運動「ビート・ジェネレーション」の主要メンバーとして活動。ヒッピー文化などに象徴されるカウンターカルチャー(対抗文化)の基盤を築いた。

 

ボブ・ディランさんやロックバンド「ドアーズ」との交流でも知られ、後年には戯曲も手掛けた。

マイケルマクルーア

マイケルマクルーア

 

マイケル・マクルーア氏は、2019年春から患った脳卒中の影響でにより、2020年5月4日に亡くなりました。

 

マイケル・マクルーア氏は、1955年の有名なサンフランシスコシックスギャラリーの本を発表後、読んだ後、詩人と脚本家として大きな名声を得ました。

シティライツパブリッシャーの編集者でありマクルーアの友人であるギャレットキャプルズは、サンフランシスコクロニクルにこう語っています。

「彼は文学文化に加えて、多くの詩人が占めることができなかったポピュラーカルチャーの場所を持っていました。」

 

マイケルマクルーア

マイケルマクルーア

 

彼の最も物議を醸した劇「ビアード」は、1965年12月にサンフランシスコの俳優のワークショップシアターで最初に上演されました。

サンフランシスコの俳優のワークショップシアター

サンフランシスコの俳優のワークショップシアター

演劇の5回目の公演の後、警察は劇を上演し、俳優のビリーディクソンとリチャードブライトを逮捕した劇場ナイトクラブである委員会を検挙しました。

 

このペアは、最初は「わいせつ」、次に「重罪を犯すための陰謀」、そして最終的には「公共の場でのわいせつまたは不快な行為」で起訴されました。

 

劇はレニー・ブルースとアレン・ギンズバーグの詩ハウルに対する裁判で大騒ぎとなった。

 

サンフランシスコ高等裁判所のジョセフ・カレシュ裁判官は、劇には厄介な性質の素材が含まれていたものの、法律に基づいてそのような作品を起訴することは適切ではないと判決しました。

 

すべての告訴は取り下げられました。

マクルーアは1960年代のカウンターカルチャーでも重要人物であり、サンフランシスコのゴールデンゲートパークのヒューマンビーインで読みました。

ビートの歴史家であるバリーマイルズは、マクルーアを彼の著書 『インザシックスティーズ』で「サンフランシスコシーンの王子」と呼びました

1932年10月20日、カンザス州メリーズビルで生まれたMcClureは、1950年代と60年代にビートジェネレーションとサンフランシスコのより広い詩のルネサンスに参加しました。

マイケル・マクルーア

マイケル・マクルーア

マイケルマクルーア生い立ち、家族

マイケルマクルーアは、中西部カンザス州メリーズビルで1932年10月20日に生まれ、シアトルで育ちました。

 

アメリカの詩人、脚本家、ソングライター、小説家。

1951年からウィチタ市立大学で、1953年からアリゾナ大学で、1955年から、サンフランシスコ州立大学に在籍しました。

詩人のロバートダンカンに師事。彼は1955年にマックルーアがビートポエッツとサンフランシスコのルネサンスの伝説を発表する有名なシックスギャラリーの朗読を企画したときに「ハウル」の最初の公開朗読を行ったアレンギンズバーグと一緒に彼の最初の詩を朗読しました。

 

そして、サンフランシスコに引っ越した後、1955年に有名なサンフランシスコシックスギャラリーで読んだ5人の詩人(アレンギンズバーグを含む)の1人として名声を博しました。

 

また、マイケル・マクルーアは、カリフォルニア州オークランドにあるカリフォルニア芸術工芸大学(現在はカリフォルニア芸術大学に改称)で人気の高い英語教授でした。

マクルーアは死ぬまで詩人、エッセイスト、脚本家として活躍し、サンフランシスコベイエリアで2人目の妻エイミーと暮らしました。

ジョアンナマクルーアとの初婚から1人の娘がいます。娘の名前は、ジェーンです。

 

マイケル・マクルーア

マイケル・マクルーア

マイケルマクルーアの業績

彼の詩は、特に人類に眠っていることが多い動物の意識において、自然への意識が強く注ぎ込まれています。

自然への意識だけでなく、詩は有機的な方法で組織され、自然の純粋さへの感謝を続けています。

マイケル・マクルーアの友人であるStan Brakhageは、シカゴレビューで次のように述べています。

「McClureは常に、そして彼が年をとるにつれてますます多く、彼の読者は彼の全身の思考の口頭の衝動に読者にアクセスを与えます(書く人のほとんどがそうであるように、単純で唯一の脳の思考とは異なります)。

彼はフォームを発明します。彼の携帯メッセージについては、まるでそれがページで有機的であるかのように感じられるフォームであり、そして彼は彼の生涯を通じてそれを貫いている…」

マクルーアの詩は、自発性、活版印刷の実験、仏教の実践、そして「身体言語」を組み合わせて、有頂天と肉体を融合させました。


ー  Michael McClure reading poetry to lions

ビートジェネレーションの中心人物であるマイケルマクルーアは、詩、演劇、パフォーマンスを通じて聴衆を60年近く魅了し、ウォレスバーマン、ブルースコナー、レイマンザレックなどのアーティストとコラボレーションしてきました。

マクルーアの詩には​​、自然、特に人類に眠っている動物の意識への意識が溢れています。


ー     Free Verse: Michael McClure

 

 

パブリッシャーズウィークリーは彼の作品について次のように記しています。

 

彼は作曲家のテリー・ライリーを含む音楽の協力者と頻繁に彼の詩を演奏し、ドアーズのキーボード奏者レイ・マンザレクといくつかのCDを録音しました。

 

マクルーアはその後、ボブディランと環境に関するエッセイを含む、8冊の脚本と4つのエッセイコレクションを発行しています。

彼の14冊の詩集には、ジャガースカイ、ダークブラウン、ヒュージドリーム、反逆のライオン、レインミラー、プラムストーンなどがあります。

1967年1月14日、マクルーアはサンフランシスコのゴールデンゲートパークで画期的なHuman Be-Inイベントを読み、彼の以前のアイデンティティを超えて、1960年代のヒッピーカウンターカルチャーの重要なメンバーになりました。

 

バリー・マイルズは、マクルーアを「サンフランシスコの舞台の王子」と呼んで有名だった。

 

マクルーアは後に彼の演劇「ビアード」の脚本家として論争を巻き起こした。この劇は、ビリー・ザ・キッドとジーン・ハーローの永遠の青いベルベットでの架空の出会いを物語っており、すべての人間が「肉の袋」である彼の「肉の政治」理論の演劇的探究です。

 

その他の演劇には、ジョセフィン・ザ・マウス・シンガーやVKTMSがあります。

 

彼は、彼のオペレッタ「ミニーマウスとタップダンシングブッダ」が延長されたサンフランシスコのマジックシアターで、レジデンスの劇作家として11年間行いました。

 

彼は2つのテレビのドキュメンタリー「迷路」と「9月のブラックベリー」を制作しました。

 

また、マーティンスコセッシの 『最後のワルツ』(1978年)、Norman Mailer’s Beyond the Law(1968)などいくつかの映画で取り上げられました。


ー  The Last Waltz – Trailer – (1978) – HQ

 


ー      Beyond the Law (Trailer)

 

 

そして、最も顕著なのは、ピーター・フォンダの 『雇われた手』(1971)です。


ー   The Hired Hand (1971) ORIGINAL TRAILER

 

マクルーアは、ドアーズのリードシンガー、ジムモリソンの親友であり、モリソンを詩人として宣伝する責任があったことは一般的に認められています。

Doors


Doors

 

マクルーアはドアーズのキーボード奏者レイマンザレクと2013年に亡くなるまで、詩の朗読会を行いました。彼らの作品のいくつかのアルバムがリリースされました。


ー  The Doors – Waiting For The Sun

 

マクルーアはまた、No One Here Gets Out Alive、Jerry Hopkins、Danny Sugermanの独創的なDoorsの伝記のあとがきにも貢献しました。

 

マクルーアはまた、ミニマリストの作曲家テリー・ライリーとの彼の作品のアルバムをリリースしました。

マクルーアの曲には、ジャニスジョプリンによって一般化された「メルセデスベンツ」や、マンザレックとドアーズのギタリスト、ロビークリーガーで構成されたバンド、ライダーズオンザストームによって演奏された新曲が含まれます。


ー   Riders on the Storm – The Doors HD


ー JANIS JOPLIN – MERCEDES BENZ – LIVE ?!?

 

 

マクルーアのジャーナリズムは、ローリングストーン、バニティフェア、ロサンゼルスタイムズ、サンフランシスコクロニクルで取り上げられました。

 

彼はグッゲンハイムフェローシップ、Obieの最優秀賞、NEAの助成金、アルフレッドジャリー賞、劇作家のロックフェラー助成金など、数多くの賞を受賞しています。

さらに、彼は2014年にサンフランシスコ州立大学同窓会の殿堂入りを果たしました。

 

マイケル・マクルーア氏の作品

マクルーアは、1956年のザパッセージ、1964年のゴーストタントラ、1991年の反逆者ライオンズ、2011年のインディゴアンドサフランなど、数多くの詩集を執筆しました。

詩集

2017年 Persian Pony(ペルシャのポニー)

2016年 Mephistos and Other Poems(メフィストスとその他の詩)

2011年 Indigo and Saffron (インディゴとサフラン)

2010年 Mysteriosos and Other Poems(ミステリオスとその他の詩)

1991年 Rebel Lions(反逆のライオンズ)

1961年 The New Book/A Book of Torture (新本/拷問の本)

小説

 

1970年 「The Mad Cub」

1971年 「The Adept」

1994年「Scratching the Beat Surface:Essays on New Vision to Blake to Kerouac」

1963年 エッセイ集「Meat Science Essays」

Janis Joplinの曲「Mercedes Benz」

ジャンハーローとビリーザキッドの想像上の性的な出会いを描いた1965年の彼の劇「ザビアード」

 

まとめ

今回は、「マイケル・マクルーア死去。作品、生い立ち、家族、業績」というテーマでお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

-芸術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

財部鳥子

財部鳥子さん死去、プロフィール、作品、著書

財部鳥子さんが5月14日午後、膵臓がんのため東京都清瀬市の自宅で死去しました。享年87歳。新潟県出身で満州で育つ。詩人で中国現代詩の翻訳も行った。小説『天府 冥府』も著す。 財部鳥子 目次1 財部鳥子 …

菊畑茂久馬

菊畑茂久馬氏死去、プロフィール、最近の活動、著作(著書)

現代美術家の菊畑茂久馬氏死去。菊畑 茂久馬氏が5月21日、肺炎のため福岡市内の病院で死去しました。享年85歳。 菊畑茂久馬   目次1 菊畑 茂久馬氏死去2 菊畑茂久馬氏のプロフィール3 菊 …

ナコタ・ラランス

フープダンサーのナコタ・ラランス死去。フープの世界チャンピオン!

ワールドクラスのフープダンサーのナコタ・ラランスが死去。享年30歳。2015年、2016年、2018年には、各カテゴリのチャンピオンシップタイトルを獲得し、大人の部門で勝利し、世界チャンピオンのタイト …

ジャンルー・ダバディー

ジャンルー・ダバディー氏死去、生い立ち、作品、映画脚本、結婚や家族。

仏の著名作詞・脚本家ジャンルー・ダバディー氏が死去しました。1938年パリ生まれ。ミッシェル・ポルナレフさんらフランスの歌手のヒット曲などの歌詞を作ったほか、フランソワ・トリュフォー監督の「私のように …

no image

デザイナーの高田賢三が死去、プロフィールや動画!

和服生地使い独創的ショーで知られるデザイナーの高田賢三が死去しました。享年81歳。新型コロナに感染が原因です。高田賢三さんはファッションブランド「KENZO」の創業者で、世界的デザイナー、兵庫県姫路市 …