最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

芸術

建築家ステファノ・ボエリの学歴、業績、SBA、垂直都市など主な作品

投稿日:2020年3月16日 更新日:

ステファノ・ボエリ(Stefano Boeri)はイタリアの建築家で、主に再生または再開発を必要とするヨーロッパの都市部の建物と広場の設計に焦点を当てています。ミラノに拠点を置く彼は、緑に覆われた「ボスコバーティカル」タワーの設計で有名になりました。イタリアを代表する建築家の一人であるステファノボエリは、ミラノアーチウィークのキュレーターであり、世界中の複数の垂直森林の設計者です。建築家ステファノ・ボエリの学歴・出身大学、業績、SBA、垂直都市など主な作品について詳細を紹介。

ステファノ・ボエリ

ステファノ・ボエリ

 

建築家ステファノ・ボエリ学歴・出身大学

ステファノボエリは、ミラノのポリテニコで建築を学び、1980年に卒業しました。

1989年、ヴェネツィアのベネチア建築大学(IUAV)で博士号を取得しました。

彼はミラノに拠点を置く建築家でミラノと上海に拠点を置くSBAで1993年以来、建築と都市主義の研究と実践に専念しています。

2014年から、ステファノ・ボエリはYibo Xuと協力して上海のオフィスも率いています。

スタジオは、国内および国際的に現代建築と都市主義の研究と実践に取り組んでいます。

 

ステファノボエリは最近、上海の同済大学のポスドク研究プログラムのディレクターに任命され、Forest City Lab(FCL)と呼ばれる国際的な研究プラットフォームを開発しています。

また、気候変動の危機に対する答えとして、イタリアのミラノ政治局とドイツのブラウン
シュヴァイクの支援を受けて、生物多様性と都市の森林化にも取り組んでいます

 

建築家ステファノ・ボエリが有名になったボスコバーティカルタワー

建築家ステファノ・ボエリが有名になったボスコバーティカルタワーを紹介します。

Bosco Vertical

Bosco Vertical

垂直の森

垂直の森

ボスコバーティカル」タワー

ボスコバーティカル」タワー

 


ステファノ・ボエリと木々

 

ステファノボエリのスタジオSBA(Stefano Boeri Architetti)

ミラノと上海に拠点を置くStefano Boeri Architetti(SBA)の紹介です。

SBAは、2008年までBoeri Studioと呼ばれていました。

SBAは、1993年以来、建築と都市主義の研究と実践に専念しています。

20年以上の研究と実務経験により、スタジオは、社会的住宅ユニットから都市および
地域全体の戦略的都市開発まで、さまざまな規模のプロジェクトの持続可能な開発に関
するノウハウを開発することができました。

 

設計プロセスでは、SBAは、エンジニアリングコンサルタントやランドスケープアーキテクトから社会科学者の専門家に至るまで、幅広い専門家ネットワークと協力し、広範囲の領土および社会経済的コンテキストでアドホックソリューションを提供しています。

 

複雑な環境でプロジェクトと再生戦略を開発し、さまざまな利害関係者、公的および民間のエンティティ間の相乗効果を概説し、サポートしています。

 

SBAは現在、ティラナが過去25年間でアルバニアで最も広い国および領土の都市改革である大都市エンティティとしての新しい一般計画と戦略的ビジョンの開発に取り組んでいます。

ステファノボエリの業績

ステファノは、主に再生または再開発を必要とするヨーロッパの都市部の建物と広場の設計に重点を置いてきました。

そのため、彼はいくつかのウォーターフロント(マルセイユ、ドーハ、ジェノヴァ、ナポリ、トリエステ、テッサロニキ、ミチレーン、ラマッダレーナなど)の変換と再利用に関する一連のプロジェクトと、都市設計に参加(ミラノ、ローマ、モスクワ、北京、サンパウロ、青島、マルセイユ、アスタナ、ヴェネツィア、ボルセンなど)しています。

 

ステファノの設計アプローチは、研究と建築の実践を組み合わせたものです。

 

2013年からは、ミラノ工科大学が推進する国際建築フェスティバルMI / ARCHの芸術監督を務めています。

今日まで、建築家、アーティスト、写真家など60人以上の講演者が参加し、その中にはレンゾ・ピアノ、レム・コールハース、エリザベス・ディラー、スティーブン・ホールなどが参加しています。

彼はまた、カリアリとペルージャで開催された国際建築フェスティバルFESTARCHの芸術監督でもありました。

2014年、ステファノはフィレンツェ市長Dario Nardellaの文化および主要イベントのカウンセラーでした。彼は「Estate Fiorentina 2014」のアーティスティックディレクションを担当しました。

 

これは、ライブミュージック、演劇の公演、地元の組織によって設立されたいくつかの文化プロジェクトを含む都市の夏祭りです。

 

彼はまた、物理的環境を検出し、新しい社会的行動によって生じる手がかりと痕跡を調査する領土調査機関であるMultiplicityの創設者です。

 

ミラノのポリテニコの都市計画の教授であるボエリは、ハーバード大学の大学院デザイン研究科(GSD)、モスクワのストレルカ研究所、オランダのベルラージュ研究所、ローザンヌ連邦工科大学などのさまざまな大学の客員教授です。

 

ステファノボエリは、イタリアのフィレンツェにある宮殿とイタリアの古典美術館であるガッレリアデッリウフィツィ美術館の科学委員会のメンバーに任命され、ポールゲッティ美術館の絵画部門の上級キュレーターであるデイヴィッドガスパロットとカールブランドンに加わりました。

ストレルケ、フィラデルフィア美術館名誉学芸員でもあります。

ステファノボエリの代表作品

イタリアのマテーラ市に新しい駅

イタリアのマテーラ市に新しい駅

2019年11月13日、イタリアのマテーラ市に新しい駅が開設されました。

このプロジェクトは、ステファノボエリによって設計された新しい建物と将来の公園であり、市の旧市街、戦後と現代の地区、そしてマテラ市へのアクセスの重要なポイント間の重要なリンクを表します文化のヨーロッパの首都です。

 

サッシ市のマテーラは、過去50年間、重要な都市変革プロセスを開催してきました。

 

経済発展の可能性がほとんどない非衛生的な都市から、文化遺産として国際的に認知され、地元の建築的価値を回復し、新しいサービスを提供するようになった時代に適応します。

新しい駅は、マテーラの鉄道輸送を近い将来に強化することを念頭に設計されています。これは、この都市がユニークな芸術になり、「新しい鉄道駅を設計することで、場所と建築の両方の観点から、この新しい駅から市内のどのエリアにアクセスできるかを予測するこ
とができました」とステファノボエリ氏は述べています。

 

スマートフォレストシティ

スマートフォレストシティ

ステファノボエリアーが設計したメキシコ初のスマートフォレストシティです。

Grupo Karim’sに委任され、Stefano Boeri Architettiによって設計された、メキシコで最初のスマートフォレストシティは、革新と環境品質に焦点を当てます。

この都市は、緑と建築空間のバランスを取り、完全に食料とエネルギーが自給自足しています。

Morandi橋

Morandi橋

イタリアのジェノヴァで開催されたParco del PonteのコンテストでSBAが優勝しました。

モスクワのSkolkovoイノベーション都市

モスクワのSkolkovoイノベーション都市

 

SBA(Stefano Boeri、Michele Brunello)は、モスクワのSkolkovoイノベーション都市を
キュレーションし、特にモスクワを拠点とするD4地区の詳細なマスタープランを開発しています。

まとめ

今回は、「建築家ステファノ・ボエリの学歴、業績、SBA、垂直都市など主な作品」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-芸術

執筆者:


  1. […] 「建築家ステファノ・ボエリの学歴、業績、SBA、垂直都市など主な作品」 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリスト氏

現代美術家のクリスト氏死去、生い立ち、結婚、作品の説明と画像、評価。

現代美術家のクリスト氏が5月31日、ニューヨークの自宅で死去、享年84歳。生い立ち、結婚、作品の説明と画像。 クリスト氏 目次1 現代美術家のクリスト氏死去2 クリストの生い立ち3 クリスト氏の結婚4 …

ジャンルー・ダバディー

ジャンルー・ダバディー氏死去、生い立ち、作品、映画脚本、結婚や家族。

仏の著名作詞・脚本家ジャンルー・ダバディー氏が死去しました。1938年パリ生まれ。ミッシェル・ポルナレフさんらフランスの歌手のヒット曲などの歌詞を作ったほか、フランソワ・トリュフォー監督の「私のように …

菊畑茂久馬

菊畑茂久馬氏死去、プロフィール、最近の活動、著作(著書)

現代美術家の菊畑茂久馬氏死去。菊畑 茂久馬氏が5月21日、肺炎のため福岡市内の病院で死去しました。享年85歳。 菊畑茂久馬   目次1 菊畑 茂久馬氏死去2 菊畑茂久馬氏のプロフィール3 菊 …

オノ・ヨーコ

オノ・ヨーコ現在の暮らしの様子。健康やアンソニーコックスとの関係。

オノ・ヨーコ現在の最新情報。オノ・ヨーコ現在の暮らしの様子といえば、車いすを使用している病気のオノ・ヨーコ(87)は体が衰えていると親しい関係者は言う。アンソニー・コックスも今年の誕生会に娘ジュンコと …

後藤比奈夫氏

後藤比奈夫氏死去詳細、プロフィールや家族、そして作品など。

「諷詠」名誉主宰の後藤比奈夫氏が死去しました。享年103歳。代表作「東山回して鉾を回しけり」は、物理専攻であったところから、アインシュタインの相対性原理とかコペルニクス的発想などと評されるが、「鉾の前 …