最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

PCR検査自動化で熟練検査作業が不要に!検査件数増加見込み。

投稿日:

富士フイルムホールディングスはPCR検査の自動化対応検査試薬を開発したと発表。PCR検査を自動化することで熟練検査作業が不要になりPCR検査件数増が可能に。検査時間は、従来の4~6時間から約75分に短縮できる。5月中に国内向けに販売予定。

簡易検査キット

簡易検査キット

 

PCR検査自動化で熟練検査作業が不要に

富士フイルムホールディングスは、新型コロナウィルスの感染の有無について、検体を装置にセットするだけで、全自動で調べられるPCR検査用の試薬を開発したことを発表しました。

検査時間は、従来の4~6時間から約75分に短縮できる

5月中に国内向けに販売予定。

 

PCR検査は、大半が手作業で、熟練した検査員が足りていないとされています。それがゆえに日本においてPCR検査数が極端に少ないことが問題になっています。

PCR検査の自動化が進めば検査件数の拡大が可能となりそうです。

富士フイルムは、全自動検査装置に対応した試薬を開発した。

PCR検査、ドライブスルー

PCR検査、ドライブスルー

富士フイルムPCR検査自動装置の概略

装置はすでに数十施設の大病院に導入され、結核の検査などに使われている。
この試薬を使えば、これら既存の装置で新型コロナウィルスのPCR検査が可能となる。

一度の検査で4人分を調べられる。

PCR検査は対象者から鼻やのどの奥の粘膜を採取して、試薬で遺伝子を増やして判定する。
開発した試薬は、検体やプラスチック製のチップを装置にセットするだけで自動的に
遺伝子を検出・測定できる。

チップに半導体製造技術を応用した微細な溝を設けたため全自動で測定できるという。

PCR検査装置の開発で性能アップ

PCR検査は島津製作所が約1時間でできるキットを開発している。しかし、島津製作所のPCR検査試薬は、全自動に対応していません。

島津製作所PCR検査キット

島津製作所PCR検査キット

 

全自動で時間的にも75分という検査スピードは、スイス製ロシュの全自動装置向けの試薬検査約3時間よりも格段早く、最速水準となる。

まとめ

今回は、「PCR検査自動化で熟練検査作業が不要に!検査件数増加見込み。」というテーマでお送りしました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

PCR検査、ドライブスルー方式導入。新型コロナウィルス対策で

PCR検査の精度測定の検査キットを発売【PCR検査の精度確認が可能に!】

PCR検査キット1時間検査キット国内販売、海外でも期待

アメリカで抗体検査を検討、抗体検査とPCR検査の違い、経済活動の早期回復狙う

-社会

執筆者:


  1. […] PCR検査自動化装置が開発された。査件数増加見込み。日本のPCR検査数増に期待されています。 「PCR検査自動化で熟練検査作業が不要に!検査件数増加見込み。」 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京オリンピック

小池都知事「3密」解消へ呼び掛けに非難続出。人命より五輪重視のつけ

東京都の小池百合子知事は4月23日、新型コロナウイルス感染拡大によるスーパーや商店街の混雑対策を発表しました。密閉、密集、密接の「3密」の解消に向け、都民に対して「毎日の買い物を3日に1回程度に控えて …

レジ袋有料化の義務化がされるが効果に疑問の声も!どんな反対意見があるのか。

レジ袋有料化の義務化が本決まりになりました。実施時期と、実施対象について。そして環境面から当然という声もありますが、その効果を疑問視する反対意見もあります。今回は、その、効果を反対意見紹介しながら見て …

ある駄菓子屋

箱根の 駄菓子屋「 中国人おことわり」ハウスベイダー店主の反論

日本は、中国人の春節での大移動をきっかけに新型コロナウィルスを水際で防ぐことが出来ず今や市中感染までに及んでいます。あの、春節の時、1月中旬から「中国人は入店禁止」の張り紙を店頭に掲げ話題になったのが …

田舎の郵便ポスト

かんぽ生命 不適切な販売 高齢者の次のターゲットは!

日本郵便のマーク   かんぽ生命不適切な販売で、インタビューでかんぽ生命 の今後について語った。千田かんぽ生命保険社長は、高齢者への不適切な販売が相次いだこともあり今後は「青壮年をターゲット …

空飛ぶ車のイラスト

空飛ぶ車はなぜ普及しないのか! コスト、安全性、飛行距離が三つの課題。

空飛ぶ車はいつ頃まで普及するか、でなければなぜ普及しないのか! コスト、安全性、飛行距離の3点から考えてみます。すでに世界各地で開発が進み、一説には東京オリンピックの開会式でお披露目ともいわれています …