最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

アメリカで抗体検査を検討、抗体検査とPCR検査の違い、経済活動の早期回復狙う

投稿日:2020年4月12日 更新日:

トランプ米大統領は、4月10日の記者会見で、新型コロナウイルスへの免疫を持っているかどうかを調べる抗体検査を、検討していることを表明しています。狙いは、経済活動の早期回復です。抗体検査とPCR検査の違いを解説します。

新型コロナウィルス

新型コロナウィルス

 

アメリカで抗体検査を検討

新型コロナウイルスの対策で、全米での抗体検査実施について、「とても、迅速に承認するつもりだ」と述べ、全として米での実施を視野に検査への早期導入への意欲を示しました。

 

この実施により、米国での感染による死者数が「政府予測の最低10万人」を大幅に下回ると予測しています。

クラボウ検査キット

クラボウ検査キット

 

経済活動の早期回復をねらう抗体検査

狙いは、経済活動の早期回復にあります。抗体検査で免疫があると確認できた人から外出制限を外すなどすれば、経済活動の早期回復が見込めるというものです。

 

国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は、「1週間後には、多くの検査が可能になる」と述べています。

米国では、すでに食品医薬品局(FDA)が、抗体検査を研究目的で承認したケースがあり
それを、トランプ大統領は、大規模に実施する計画です。

島津製作所PCR検査キット

島津製作所PCR検査キット

抗体検査とPCR検査の違い

抗体検査とPCR検査の違いを項目で比較します。

項目          PCR検査             抗体検査

検査目的    今、コロナウィルスに       過去にコロナウィルスにかかり
–                      感染しているかどうか        免疫があるかどうか

検査方法    鼻孔やのどの奥を
–                       綿棒でこする           少量の血液を採取する

実施者     医療関係者が実施         自分で検査できる

精度      高い               PCR検査より低い

検査時間    数時間以上かかる         15分程度、検査後
–                      その場でわからない        すぐに結果がわかる

現況      各国が実施し検査数の       英・独・仏などが
–                      増加を目指す           新型コロナに有用か調査中

 

抗体検査の原理は、「イムノクロマト反応」(抗原抗体反応)を利用したもので、妊娠検査薬やインフルエンザウィルスの簡易検査キットにも使われている。

 

抗体検査の新型コロナウイルスへの有効性

抗体検査の新型コロナウイルスへの有効性について、クリアーになっていない点もまだ残っています。

例えば、先ほどの比較表にもあったように精度がそれほど高くないと見られその分リスクがあります。

また、感染症の専門家の間では、「新型コロナウイルスの免疫があっても、2回感染することが本当にないのか、その免疫がどのくらい持続するのかまだ結論がでていない」との意見もあります。

 

 

まとめ

今回は「アメリカで抗体検査を検討、抗体検査とPCR検査の違い、経済活動の早期回復狙う」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

PCR検査が機能不全、検査数も伸びない原因にも【結果まで1週間も】

PCR検査、ドライブスルー方式導入。新型コロナウィルス対策で。

抗体検査応用し新型コロナウィルス感染治療実用化を目指す

PCR検査の精度測定の検査キットを発売【PCR検査の精度確認が可能に!】

PCR検査キット1時間検査キット国内販売、海外でも期待

世界3大投資家ジム・ロジャーズ氏も「PCR検査数増」を主張

抗体検査日本で実施決定。NY州でも大規模抗体検査実施

抗体検査応用し新型コロナウィルス感染治療実用化を目指

世界各国の抗体検査を新型コロナウイルス対策に導入の現状

 

 

-国際

執筆者:


関連記事

トランプとガガ

ガガvsトランプ陣営 迫る大統領選でバトルする動画!

ガガvsトランプ陣営 迫る大統領選でバトルを演じています。動画紹介。民主党のバイデン候補が米ペンシルベニア州で行う集会に出席すると発表したことに、共和党トランプ大統領の陣営が反発、双方によるSNS上で …

WHOテドロス事務局長

WHOテドロス事務局長の妄言集「我々は天使でなく人間だ」ほか

WHOテドロス事務局長の妄言が止まりません。アメリカのトランプ大統領からのWHOへの批判に対しWHOテドロス事務局長は、「米国と中国はともに(新型コロナという)危険な敵と戦うべきだ」。また、「われわれ …

ジョシュア・ウォン

香港の活動家ジョシュア・ウォン氏が民主主義グループのデモシストを辞任。

香港の活動家、ジョシュア・ウォン(Joshua Wong)氏が民主主義グループのデモシストを辞任しました。DemosistoのメンバーであるNathan Law氏とAgnes Chow氏もまた、グルー …

Liu Yifei

映画ムーランのボイコット運動高まる!

映画ムーランのボイコット運動高まっています。ディズニーは、映画ムーランの製作で協力してくれた新疆で人権侵害で告発された中国政府機関に公に感謝したことでネット上で批判の嵐を引き起こした。また以前より、香 …

放置されたプレートサーバー

ドミニオン社、「暗闇に逃げた」と批判をうける不正集計疑惑!

ドミニオン社が米大統領選不正集計疑惑に、一転逃げの姿勢に出てしまっています。ペンシルべニア州議会の公聴会直前に出席取り消し、さらにカナダと米国本部を突如閉鎖。これに対し、「暗闇に逃げた」と失望の声が上 …