最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

岡田教授「スマホはバッチイ」が話題、桧山珠美辛口評価【新型コロナ報道】

投稿日:2020年3月8日 更新日:

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、今や「時の人」でテレビのワイドショーやら「アッコにおまかせ!やら、「羽鳥慎一モーニングショー」などテレビ出演の多い、感染症学が専門の岡田晴恵白鴎大特任教授ですが、「スマホはバッチイ」「マスクをとっとと医療機関に出して下さい」など、分かりやすい表現で受けています。一方こんな、最中、桧山珠美氏「あれもこれも言わせて」では新型コロナ報道に辛口批判を入れています。

岡田晴恵教授

岡田晴恵教授

 

 岡田教授話題発言「スマホはバッチイ」「とっとと出して下さい」

感染症学が専門の岡田晴恵白鴎大特任教授 岡田教授の発言「スマホはバッチイ」「とっとと出して下さい」が話題になっています。

 

岡田教授が、3月8日の「アッコにおまかせ!」に出演し、スマートフォンの衛生について、手洗いや消毒してもスマホも消毒しなくては意味が無いのでは、という番組内での質問に答え以下のように答えました。

若い人もそうなんですけど、ずーっとスマホ使ってますよね。ですから、スマホはコロナに限らず汚れていてバッチイんです。手を洗ってもまた触ってしまうと。スマホの上ではウイルスとかけっこう…コロナだと3日4日生きちゃいますから」

と述べさらに、

「消毒用アルコールかなんかの、拭き取りのペーパーがあるそうですけれども、そういう物をお使いになるといいと思います」 

 

なお、「スマホに限らず手すり、机、ドアノブ、マウスなど固い物の上だとなかなかコロナウイルスが死んでくれない」と述べました。

 

この数日前の3月5日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」の出演では、安倍晋三首相が新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正の協力を野党に求めたことに

岡田晴恵氏は「この法律を作った民主党政権の時に、私は大臣にレクにあがった覚えがあります。やはり党派を超えて、とにかくこの1週間の内に患者が増えちゃうので、とっととやってください」述べました。

国が保有するマスクは746万枚を超えることに「今、指定病院でもマスクはないわけです。このマスクは『N95』かどうか定かでありませんけど、とっとと医療機関に出して下さい」

と、なかなか、インパクトのあるコメントを残しています。

岡田教授

岡田教授

 

 岡田教授に、桧山珠美氏の辛口評価【新型コロナ報道】

岡田教授に、コラムニスト桧山珠美氏が辛口評価です。

桧山珠美氏

桧山珠美氏

 

コラムニスト桧山珠美氏は、岡田教授を「時の人」と評価し「こういう時は必ずスターが出るもので、今回は白鴎大学の岡田晴恵教授。

 当初はもごもごしゃべっていたが、今や堂々たるもの。最初は髪形もメークもファッションも頓着せずだったが、ある時から一変、「モーニングショー」では「ベルサイユのばら」のマリー・アントワネットかというような巻き髪くるくるでメークもバッチリ。

「ゴゴスマ」の森田豊医師の評価は 「短い時間で的確なコメントを言うのは慣れも必要だから、専門家だからと急に連れてきてもすぐに対応できるとは限らない。

いろんな人がテレビに出ている中ではは実にわかりやすい。」と評価。

それ以外にも、コラムニスト桧山珠美氏の「あれもこれも言わせて」酷評は続きます。

 

「元厚労相はシレっと登場」「置物状態のジャニーズのキャスター」。

 

最近の新型コロナ報道の過熱ぶりに対し、「新型コロナウイルス報道」に辟易している。
騒ぎ過ぎなどと言おうもんなら、非国民呼ばわりされそうな勢いだ。

やっていることはどこも「マスクしろ」「手洗いしろ」「うがいしろ」と今月の目標を決める学級会かというようなことで、「マスクの正しいつけ方」や「手洗いの正しいやり方」などこれまた保健体育レベルを繰り返すばかり。」と論評。

さらに、主体的論評の苦手なジャニーズのキャスターに対しては、「置物状態のジャニーズのキャスター」と表現。

「 ワイドショーはタレントを安易にキャスターに仕立てたツケが回っている。土曜朝の「週刊ニュースリーダー」と日曜朝「サンデーLIVE!!」のジャニーズキャスター。

どちらも進行はテレ朝のアナが務め、城島茂はスタジオでは置物状態

東山紀之も「このピンチをね、みんなの知恵でチャンスに」と上っ面発言。「ピンチをチャンスに」って中小企業の社長か。

中山秀征、中丸雄一の「シューイチ」(日本テレビ系)など最初から諦めているのか、トップニュースが“NYでマリオ体験”って、これはこれでどうなの?

 

さらに、不祥事で、東京都知事をやめた舛添要一氏については、

「元厚労相はシレっと登場」とし、「いただけないのは元厚労大臣。どさくさ紛れでワイドショーにカムバックしてシレッとコメントする舛添要一だ。東京五輪にもいっちょ噛み。コロナと五輪、1人で2人分なので局にはお得なのかどうか知らんが。

騒ぎ過ぎと思っている人も私の周りにはたくさんいる。そういう声も反映させないのはアンフェアだ。視聴率を稼いで金儲けするTV。前のめりでいいことなど一つもないのを、みんな散々勉強してきたはずなのに。」

確かに、何事もなかったように出演して持論を述べる舛添要一氏は最高に面白い感じです。

 まとめ

今回は「岡田教授「スマホはバッチイ」が話題、桧山珠美辛口評価【新型コロナ報道】」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

岡田晴恵教授感染拡大後の発言まとめ「感染経路、PCR検査、アビガンなど」

岡田晴恵教授の「勇気ある告発」新型コロナで、まとめ

新型コロナウイルスの保健所の検査拒否「氷山の一角」岡田晴恵教授言及

【驚愕】岡田先生(教授)の告発「感染研OBの利権」でPCR検査難民が出ている?

岡田晴恵教授新が型コロナ感染死亡率の高さ指摘、今後を予測や警鐘

国立感染症研究所 異例の声明、PCR検査に対し反論、検査数が少ない理由は?

日本のPCR検査数少ないわけ【新型コロナウィルス疫学調査優先】

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クラボウ検査キット

抗体検査応用し新型コロナウィルス感染治療実用化を目指す

抗体検査は、感染治療への応用でも期待されている。現時点では、新型コロナウィルスに対する有効な治療薬がないが、感染し回復した人の血液は、ウィルスを排除する強い免疫能力を持つ。この血液を重症患者に投与すれ …

70歳雇用義務化はいつからか、現実味をおびてきた「70歳定年制」。

厚生労働省が、2021年4月より、高齢者が希望すれば70歳まで働き続けられる制度の整備を企業の努力目標にすることをきめた。となると、気になるのが、70歳雇用義務化はいつからか?そして、「70歳年金支給 …

山本太郎代表

山本太郎 新撰組 が寄付で思わぬ公開質問状で躓く

山本太郎 新撰組 が寄付で思わぬ公開質問状で躓いたようです。市民の浄財で選挙を戦うという大義で選挙戦に臨むということで市民の期待も大きいところですが、トラブルが発生したようです。寄付金の領収書に関して …

郵便マーク

かんぽ生命の不適切な販売が起きた原因は何だったか?過剰ノルマの背景とは

郵便マーク   かんぽ生命の不適切な販売では、顧客の信頼を裏切るような既存の保険から不利な契約へ乗り換えなどが起きた。原因は組織な過剰ノルマが原因だったといわれます。なぜあれほどのマンモス企 …

ゴーン被告逃亡までの自宅での様子と逃亡後の今、反撃の意思!

ゴーン被告逃亡までの自宅での様子の詳細が次第にわかってきました。そして逃亡先のレバノンでの様子と、反撃の意思を表しているゴーン被告、その反撃の手段がさすが名うての経営者と呼ばれていただけあって驚きです …