最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

柴咲コウ「事実誤認した記事の作成元に関しては法的措置も検討」の顛末

投稿日:

柴咲コウさんのSNS炎上の顛末について。柴咲コウさんが、種苗法改正案に関するツイートへの誹謗中傷に言及「意見を言うことは、誰にも平等に与えられた権利」その上で、「事実とは異なる投稿、提造、誹謗中傷、脅迫行為、ミスリードしさらなる事実誤認した記事の作成元に関しては法的措置も検討しています」と明かした。

柴咲コウさん、

柴咲コウさん、

 

種苗法改正案に関するツイートへの誹謗中傷に反論

 

柴咲コウさんが、種苗法改正案に関するツイートへの誹謗中傷に言及しました。

女優の柴咲コウさんが5月27日、Twitterを更新し、4月の種苗法改正法案に関する自らの発信について改めて言及しています。

 

柴咲コウtwitter

柴咲コウtwitter

 

柴咲コウさんが、上記の文章を発信しています。

「今回のことに限らず、例えば学校や会社などで何かを決めるときに、誰か一部の人の意見で物事が決まっていってしまうと、残された人の懸念や不安が置いてきぼりになってしまいます」

「意見を言うことは、誰にも平等に与えられた権利です。賛成、反対だけでなく、その間にある声も聞きながらベストを探っていく。その時間が必要だと思うのです」

「そうしていくことによって、当初のものよりも、より磨かれて抜け目のない強い決定になっていくはずです。一筋縄ではいかないことだからこそ、たくさんの知恵と意見が必要だと思います」

「伝統野菜を作っている農家さん、家族でこだわりを持って営んでいる農家さんが、未来に笑顔で仕事ができるように祈っています」

 

ともう一度ご自身の思いを述べその後のくだりでは

「私も完璧な人間ではないので誤字脱字ミスも起こします。適切でないものは今回のことに限らず、気づいた段階で削除し言い直したり更新しています。(もしそれにより困惑してしまった方がいらっしゃたら申し訳ないです。)

その上で、「事実とは異なる投稿、提造、誹謗中傷、脅迫行為、ミスリードしさらなる事実誤認した記事の作成元に関しては法的措置も検討しています」

「様々な人が健全にオープンに物事を語り合える高尚な社会をこれからも期待します」とした。

種苗法改正案に関する反対意見

柴咲コウさんは、種苗法改正案に関する反対意見をtwitterで述べたのがことの発端でした。

 

「皆さん、『種子法』『種苗法』をご存知ですか?」と書き出してから

「種の開発者さんの権利等を守るため登録品種の自家採種を禁ずるという認識ですが、何かを糾弾しているのではなく、知らない人が多いことに危惧しているので触れました。きちんと議論がされて様々な観点から審議する必要のある課題かと感じました」と種苗法改正案に関する反対意見をtwitterで述べた。

 

この柴崎さんの2つのツイートは大きな注目を集め、結果として、種苗法改正案に世論が注目する契機の1つとなった。

 

その後、自民党は5月20日、今国会での成立を見送る方針を示した。

柴咲コウさんのSNS炎上の顛末

自民党は5月20日、今国会での成立を見送る方針を示したとき、一部新聞記事で柴咲コウさんのツイートの影響があったことを書いた。

その時から、種苗法改正案賛成の人からのtwitterが高まり、今国会での成立を見送った自民党批判やら、一人の芸能人の意見で、政治が左右するのはおかしい、という意見やら、中には、柴咲コウさんが農家の敵のような見方がされかなり感情的な柴咲さんへの批判twitterが投稿されました。

共通点は、日本で品種改良された、付加価値の高い果物、トウモロコシ、稲などの農産物が韓国や、東南アジアで、盗まれ日本の「品種改良農家」が非常な不利益を被っていることを憂いた人が多かったようです。

この人たちにとって、「種苗法改正案」が大変な不合理に見えたようです。

その矛先が、次第に柴咲コウさんに、向かい中には人格攻撃、誹謗中傷の記事もあったのも事実です。

実際、これに加え、大手ニュースでも、柴咲コウさんの「種苗法改正案」に対し議論を投げかけた意図を十分理解もせずに、記者自身の意見を織り込、中立性のない記事になって、この件に拍車をかけました。

 

このとき、すでに、「種苗法改正案」を危惧する意見を聞こうとする雰囲気がなくなってしまっていた感じです。

「種苗法改正案」を危惧する意見

今回、柴咲コウさんについて感情的になっている方は、是非、なぜ「種苗法改正案」を危惧しているかに耳を傾けてもらえばと思います。

そうすれば、もっとこの件の議論が深まります。

仮に「柴咲コウさんは農家を敵にまわした」と思っているかたは違っています。

品種改良を行う「育種農家を守る」企業は、ごく少数で、大多数の農家は、今回の

「種苗法改正案」に困惑しています。

もちろん、新種改良した高付加価値の農産物を盗んで、栽培し儲けている「やから」はゆるせません。

ですが、今回の法律が出来ても、接ぎ木をやったりすれば簡単に、脱法行為ができます。

当然するでしょう。

一方、多くの資本も少ない零細農家が危惧している問題は、「自家増殖禁止」です。

日本は農業を主体としてきた農業立国でした。数前年前から、今年採れた農産物の種を保存して、来年にまわしてきました。

つまり、農家の当たり前の作業でもりました。

ところが、今回の法律の趣旨は、在来種でも、登録した企業や農家の独占になってしまい、あとは種を毎年購入しなければならないという危惧があります。

それは、農家だけの問題にとどまりません。種子を、乾燥し梱包し流通に乗せると種子はとてつもなく高価になります。

現状は、農家は人件費など考えません。時給換算すればとんでもない安い労働力で自分を売っています。

ですが、こうした零細農家のには、「二人に一人が癌」かかる時代。少しでも安くて安全な野菜を消費者に届け健康でいたもらいたいと願って生産性の悪い、無農薬や減農薬で有機栽培をしている農家も少なからずいます。もちろん、このような農家は種子の品種の登録などおそらくできないでしょう。

いま世界のバイエル-モンサント、デュポン、シンジェンタなどの多国籍企業は、遺伝子組み換え、一代交配の種子の開発などで巧妙に、自分たちに都合の良いグローバル化をすすめています。

ちなみに、「一代交配の種子」はご存知でしょうか?

この問題で感情的になるより先に徹底的に農業のこと勉強してくださ。

ひょっとしたら、立法に当たっている、議員もわかっていないかもしれません。

 

もう数十年前から、農業もかなりおかしな方向性ができていますが、マスコミはもちろん報道してきません。

 

今回の法律がこの、世界メジャーの支配に組み込まれることのないような確かな議論をしたいということです。

議論が深まれば良い法律が作れます。

例えば、何世代にもわたって、同じ種子を使い、自家増殖をしてきた農家が、ある日突然訴えられるようなケースを減らすために、立法段階で「種子の品種を侵害されたとする場合、訴えた側が、長年にわたって自家増殖をしていないことの立証責任のハードルを高くするなどでも可能です。着地点は必ずあります。

 

さらに詳しくは、こちらにも載せています。

関連記事

種苗法改正案、今国会成立を断念で柴咲コウのツイートが炎上のわけ

 

まとめ

今回は「柴咲コウ「事実誤認した記事の作成元に関しては法的措置も検討」の顛末」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マスク

アベノマスク批判でカビノマスクの異名に変化。きになる製造元は?

新型コロナウイルスの感染防止策として、政府が配布する布マスクへの批判が続いている。製造元は、ようやく判明。SNSでは「カビノマスク」と不衛生なイメージを拡散。アベノマスクの製造元の明確化を望む声も強ま …

『女帝小池百合子』

小池百合子の暴露本「女帝」を漫画で見る動画紹介。

小池百合子の暴露本「女帝」を漫画でまとめた動画が、今話題になっています。テレビや新聞、ネットで私たちは毎日のように小池百合子氏の姿を目にし、誰もが彼女の顔と名前を知っています。 小池都知事 目次1 小 …

柿の種

亀田の「亀田の柿の種」比率を変更、新黄金比率は「柿の種7:ピーナッツ3」

亀田製菓株式会社は、国民に長い間広く親しま手ている人気米菓「亀田の柿の種」について、現在の「柿の種6:ピーナッツ4」の比率(重量比)を、「柿の種7:ピーナッツ3」に変更すると6月からの発売を目指すとし …

コロナ判定の簡易キットみらか

抗原検査週40万件体制へ「みらかの抗原検査」承認

厚生労働省は、新型コロナウィルスの感染の有無を15分前後で簡易診断できるみらかホールディングス子会社富士レビオの製品「抗原検査を」週40万件実施できる体制を目指している。そのため5月13日、国内で初と …

ウミガメ

レジ袋有料化が義務化の原因目的はプラゴミ削減【年間800万t海洋プラゴミ問題】

プラスチックごみの削減策として導入するプラ製レジ袋の有料化について、政府は2020年7月から有料化を義務付ける方針を固めました。このレジ袋有料義務化の原因目的はプラゴミ削減にあります。使い捨て容器包装 …