最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

スポーツ

マイク・タイソンのデビューからレノックス・ルイス戦【FULL】KOシーンまで

投稿日:2020年4月21日 更新日:

2002年の試合でKO負けしたマイク・タイソン氏 衝撃のシーンが話題です。2002年にKO負けしたレノックス・ルイス戦、顎を打ち抜かれたタイソン。ボクシング界に今なお伝説の王者として輝くマイク・タイソン。数多の猛者を豪快に沈めてきた元世界3団体ヘビー級統一王者が喫したKO負けが再注目されている。マイク・タイソンのデビューからKOシーンまでを紹介。

マイク・タイソン

マイク・タイソン

マイク・タイソンが負けたレノックス・ルイス戦

2002年、3団体同級統一王者だったレノックス・ルイス(英国)に挑戦するも、強烈な右フックを受けて崩れ落ちた実際の動画をWBC公式インスタグラムが公開。ファンからは「タイソンの全盛期だったらこんなことできなかった」「銃が放たれた!」など反響が寄せられている。


ー  Mike Tyson vs Lennox Lewis [Full Fight]

挑戦者タイソンにとっては5年ぶりの世界戦。

8回、ガードを固めていたが、わずかな隙間にレノックスの右が突き刺さった。

顎をモロに打ち抜かれる。

顔面が大きく揺さぶられ、膝から崩れ落ちる様に衝撃の大きさが見て取れる。

意識が飛び、リングに仰向けに倒れた。ルイスは両手を掲げて喜びを表現。

ヘビー級らしい豪快なKOに観客も沸き立った。WBC公式インスタグラムは、2002年6月に米テネシー州のザ・ピラミッドで起きたKOシーンを「KOオブ・ザ・イヤー」とつづって公開している。

かつて数々のファイターを圧倒的に沈めてきた当時35歳のタイソン。衝撃のKO負けにファンからは様々な反響が寄せられている。

「タイソンの全盛期だったら、こんなこと絶対できなかっただろう」
「キャリアの時期を考えるとルイスとの試合は称賛に値する」
「ルイスだってあらゆるビッグネームを沈めてきたぞ」
「対戦は8年遅かった。タイソンはベストを過ぎていたよ」
「痛そう!」
「タイソンが全盛期だったらルイスを2回でやっつけられる!!」
「レノックスから銃が放たれた」
「新たなタイソンは生まれないだろう」

 

マイク・タイソンの初期の試合(史上最年少のヘビー級チャンピオン)

 

マイク・タイソンは、1985年3月6日に18歳でニューヨーク州アルバニーでプロとしてデビューしました。

彼は第1ラウンドのTKOによってヘクターメルセデスを倒しました。


01-1985-03-06 Mike Tyson vs Hector Mercedes (KO-1)

 

マイク・タイソンはプロとしての最初の年に15試合を経験しました。頻繁に戦って、タイソンはKOまたはTKOによる勝利を28戦して26回獲得しました。

そのうち16人は第1ラウンドで倒しました。

マイク・タイソンの対戦相手は、ジェームズティリス、デビッドジャコ、ジェシーファーガソン、ミッチグリーン、マービスフレジエなど。


ー  1986-05-03 Mike Tyson – James Tillis

 

マイク・タイソンの連勝はメディアの注目を集め、タイソンは次の偉大なヘビー級チャンピオンとして期待されていきます。

 

タイソンの最初の全国放映試合は、1986年2月16日、ニューヨークのトロイにあるヒューストンフィールドハウスで、ヘビー級ジェシーファーガソンと対戦しました。


ー    Mike Tyson vs Jesse Ferguson 16.2.1986

 

タイソンは第5ラウンドでアッパーカットでファーガソンを倒し、ファーガソンの鼻を折りました。

第6ラウンド中に、ファーガソンはタイソンを抱き締めて、さらなる罰を回避するための明らかな試みを始めた。ファーガソンにボックスへの命令に従うように数回警告した後、レフェリーは最終的に第6ラウンドの中央近くで戦いを止めました。

裁定はテクニカルノックアウト(TKO)によるタイソンの勝利になりました。

 

7月、さらに6つのノックアウト勝利を記録した後、タイソンはニューヨークのグレンズフォールズにある別のABCスポーツブロードキャストで元世界タイトルチャレンジャーのマービスフレイザーと戦いました。


ー     Mike Tyson vs Marvis Frazier

 

タイソンは簡単に勝ち、オープニングベルでフレイジャーに突撃し、アッパーカットで彼を攻撃しました。

1986年11月22日、タイソンは、世界ボクシング評議会(WBC)のヘビー級選手権のためにトレバーベルビックとの最初のタイトル戦を与えられました。


ー     Mike Tyson Vs. Trevor Berbick HD

 

 

タイソンは第2ラウンドでTKOによってタイトルを獲得し、20歳4ヶ月で史上最年少のヘビー級チャンピオンとなりました

った。タイソンの印象的パフォーマンスは多くの称賛をもたらしました。

 

ドナルド・サンダースは書いています。

「ボクシングの高貴で男らしい芸術は少なくともその近未来を心配する必要がありません。そして今それはデンプシー、タニー、ルイ、マルチャーノ、そしてアリと並ぶのにふさわしいヘビー級のチャンピオンを発見しました。」

タイソンは、卓越した手のスピード、正確さ、調整、タイミングと相まって、彼の強さで戦闘機を威嚇しました。

タイソンはまた、優れた防御能力を備えており、彼のメンターであるクスダマトによって教えられたピーカブースタイルで手を高く掲げて、自分のタイミングを計りながら相手のパンチの下に滑り込み、繰り込みました。

タイソンのパワフルなパンチングテクニックの元は、フックまたはアッパーカットを打つときに、直前にしゃがんでいたためです。

これにより、脚の「ばね」がパンチに力を加えることができました。

彼の特徴的な動きの中には、相手の体への右フック、それに続く相手の顎への右アッパーカットがありました。ロレンゾボイド、ジェシーファーガソン、ホセリバルタは、この組み合わせによってそれぞれ倒されました。

マイクタイソンのチャンピオン時代

タイソンへの期待は非常に高く、彼は誰もが認めるヘビー級チャンピオンになっていきます。

タイソンは、1987年3月7日、ネバダ州ラスベガスでジェームススミスに対してタイトルを守りました。


ー 1987-03-07 Mike Tyson vs James Smith (full fight)

彼は全会一致の決定で勝利し、スミスのワールドボクシングアソシエーション(WBA)のタイトルを既存のベルトに追加しました。

 

タイソンは5月にピンクロントーマスを第5ラウンドでTKOによってを破りました。


ー  1987-05-30 Mike Tyson – Pinklon Thomas

 

8月1日、タイソンはトニータッカーから国際ボクシング連盟(IBF)のタイトルを獲得しました。


ー      Mike Tyson Tony Tucker full fight

 

彼は3つの主要なベルト(WBA、WBC、IBF)を同時に所有した最初のヘビー級になりました

 

その年の10月に行われたもう1つの戦いは、1984年にタイソンがオリンピック第7ラウンドでTKOによって超重量級の金メダリストタイレルビッグスに勝利したことで終了しました。


ー Mike Tyson vs Tyrell Biggs – Full Fight – 10-16-1987

 

この間、タイソンはゲーム会社ニンテンドーの注目を集めました。タイソンの戦いの1つを目撃した後、任天堂アメリカの社長である荒川実は戦闘機の「力とスキル」に感銘を受け、タイソンをパンチアウトのニンテンドーエンターテインメントシステムのポートに含めることを提案するよう促しました。

1987年、任天堂はマイクタイソンのパンチアウト!!をリリースしました。

タイソンは1988年に3つの戦いをしました。

 

彼は1988年1月22日にラリー・ホームズと戦い、第4ラウンドでKOによって伝説の元チャンピオンを破りました。


ー Mike TYSON vs Larry HOLMES | FULL FIGHT In HD |

 

これは、75回のプロ試合でホームズが被った唯一のノックアウト負けでした。

 

3月、Tysonはその後、プロモーションとマーケティングの作業の中で、簡単な2ラウンドのTKO勝利を収め、日本の東京でトニータブス候補と戦った。


ー      Mike Tyson – Tony Tubbs

 

1988年6月27日、タイソンはマイケル・スピンクスと戦いました。


ー    Mike Tyson Vs. Michael Spinks HD

ボクシングの専門家は、タイソンの攻撃的な内戦がスピンクスの巧みなアウトボクシングやフットワークと対立し、スタイルの激しい戦いを予測していました。

タイソンが最初のラウンドでスピンクスをノックアウトした91秒後に戦いは終わりました。

これはタイソンの名声とボクシング能力の頂点であったと多くの人が考えています。

この期間中、リングの外でのタイソンの問題も現れ始めていました。

彼のロビン・ギブンズとの結婚は離婚となり、、彼の将来の契約はドン・キングとビル・ケイトンによって争われていました。

1988年後半、タイソンはビルケイトンマネージャーと別れ、ダマートの死後、タイソンのテクニックを磨いたことで多くの功績が認められた長年のトレーナーであるケビンルーニーを解雇しました。

ルーニーが去った後、批評家はタイソンがピーカブースタイルを散発的に使用し始めたと主張しました。

1989年、タイソンはプライベートのいざこざの中でたった2つの戦いをしました。

彼は2月にイギリスのボクサーフランクブルーノと対戦しました。


ー   Mike Tyson vs. Frank Bruno – I (1989-02-25)

 

ブルーノは第1ラウンドの終わりにタイソンを気絶させたが、タイソンは第5ラウンドでブルーノをノックアウトしました。

 

タイソンは7月に、カール「ザ・トゥルース」ウィリアムズと対戦し、最初のラウンドでをノックアウトしました。


ー     Mike Tyson vs Carl Williams

 

1990年までに、タイソンは方向性を失ったように見え、バスターダグラスの試合前に、個人的な生活は混乱していて、トレーニングも不十分でした。


ー    Mike Tyson vs James Douglas 11.2.1990

 

1990年2月11日の東京での戦いで、ダグラスに対しチャンピオンシップを失いました。

タイソンは第8ラウンドでアッパーカットでダグラスを捕まえてフロアにノックしましたが、ダグラスはその後の2ラウンドでタイソンに激しい打撃を与えましたが、十分に回復しました。

ダグラスのノックアウト勝利、これまで無敗の「地球上で最も男」であり、間違いなく当時のプロボクシングで最も恐れられていたボクサーは、負けました。

敗れた後、タイソンはヘンリー・ティルマンアレックス・スチュワートの最初のラウンドのノックアウトで次の2つの戦いで復帰しました。

 

タイソンは、1991年3月18日、ラスベガスでドノバン「レイザー」ラドックと対戦しました。

ラドックは、最も危険なヘビー級と見なされ、最も難しいパンチングヘビー級の一人と考えられていました。

タイソンとラドックは、審判のリチャードスティールが第7ラウンド中にタイソンに有利なようにしたため試合は中断。

タイソンとラドックはその年の6月28日に再対戦し、タイソンはラドックを2回ノックダウンしました。


ー   Mike Tyson vs. Donovan “Razor” Ruddock

 

タイソンとホリーフィールド間の戦いは、1991年11月8日、ラスベガスのシーザーズパレスで予定されていましたが、トレーニング中に肋軟骨の損傷を負った後、タイソンは撤退しました。

タイソンはインディアナポリスのホテルの部屋で18歳のデジリー・ワシントン、ミス・ブラック・ロードアイランドをレイプしたとして1991年7月に逮捕されました。

1992年3月26日、タイソンは4年の保護観察期間とともに6年の刑を宣告されました。

マイクタイソンの復帰

刑務所から釈放された後、タイソンはピーターマクニーリーバスターマティスジュニアに対するカムバックの試合に簡単に勝利しました。

戦いの視聴は152万世帯によって購入され、PPV視聴率と収益記録の両方を記録しました。

89秒間の戦いは、タイソンの経営陣が彼の復帰のための簡単な勝利を確実にするために「トマト缶」を並べたという批判を引き出しました。

タイソンは1996年3月にフランクブルーノに対してWBCのタイトルを簡単に獲得することによって1つのベルトを取り戻しました。


ー Mike Tyson vs. Frank Bruno II – 1996 (Highlights)

 

それは2度目の戦いであり、タイソンは3番ラウンドでブルーノをノックアウトしました。

9月に、セルドンと対戦し、最初のラウンドでチャンピオンのを倒してWBAベルトを追加しました。


ー  Mike Tyson vs Bruce Seldon (Complete Fight)

 

タイソンは、自身のカムバックの4番目の戦いにあったエヴァンダーホリフィールドに対してWBAタイトルを守ろうとしました。

1996年11月9日、ネバダ州ラスベガスで、ホリーフィールドと対戦。

ホリーフィールドは多数の解説者から勝てないと言われながら、審判員ミッチハルパーンがラウンド11で試合を中止したとき、TKOによってタイソンを破った。

タイソンとホリーフィールドは1997年6月28日に再び戦いました。

待望の再戦は「サウンドとフューリー」と呼ばれ、最初の試合が行われたラスベガスMGMグランドガーデンアリーナで開催されました。

戦いは第3ラウンドの終わりに中止され、タイソンは両耳にホリフィールドを噛んだため失格した。

タイソンが初めて彼を噛んだとき、試合は一時的に中止されました。審判のミルズレーンがタイソンから2ポイントを差し引き、戦いが再開されました。しかし、試合が再開した後、タイソンは再びクランチし、失格となり、ホリーフィールドが試合に勝ちました。

タイソンは後に、ホリーフィールドがペナルティなしに何度も彼に頭を突っ込んだことに対する報復であると述べた。


ー    Mike Tyson vs Evander Holyfield – II

1997年7月9日に、タイソンのボクシングライセンスは全会一致の投票でネバダ州体育委員会によって取り消されました。彼はまた、300万ドルの罰金を科され、審問の法的費用を支払うよう命じられました。

まとめ

今回は「マイク・タイソンのデビューからレノックス・ルイス戦【FULL】KOシーンまで」

というテーマでお送りしました。

関連記事

マイク・タイソンの復帰示唆 、生い立ち、現在。ホリフィールド戦耳噛みちぎり

ジェイミー・フォックスの生い立ちやキャリア、マイク・タイソン役などについて。

【動画】マイクタイソンのは新しいトレーニングビデオ「I’m back!」

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コービー・ブライアント

コービー・ブライアントが事故死する前に妻に送った手紙のインスタグラム紹介

今年1月26日にヘリコプターの墜落事故で亡くなった元NBAスターのコービー・ブライアントさんの妻バネッサ・ブライアントさんが5日、38歳の誕生日に夫が残した手紙を見つけたと封筒を握る手の写真付きでSN …

ユリアリプニツカヤ

ユリアリプニツカヤ生い立ちや現在、オリンピックでの成績について

フィギュアスケートのオリンピック金メダリストユリアリプニツカヤの生い立ちや現在、身長、オリンピックでの成績についてです。ユリアリプニツカヤは、「キャンドルスピン」に代表される呼ばれた柔軟性と高いスケー …

ボクシンググローブ

岡澤セオンのオリンピック出場決定。高校、出身大学や戦績、身長など徹底解説

ボクシングの岡澤セオン選手は、東京オリンピックの出場が確定しました。3月11まで行われた東京オリンピックアジア・オセアニア予選で、オリンピック出場をきめました。岡澤セオン選手の東京オリンピック決定の詳 …

元阪神鳥谷

元阪神鳥谷ロッテ入団決定、年俸、ポジションは?これまでの経緯

昨季限りで阪神を退団した鳥谷敬内野手(38)が、ロッテと入団交渉を行い、合意したことが9日判明しました。3月も中旬に差し掛かろうかという異例のタイミングのロッテ入団決定でした。鳥谷は昨季、阪神から“引 …

聖火

聖火リレー撮影動画のSNSへの一般人のアップ禁止多くの【失望】の声

2020年東京オリンピック(五輪)・パラリンピックで、聖火リレー撮影動画、一般人はSNSへのアップ禁止にする方針について。2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、五輪聖火リレーの動画について、 …