最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

アベノマスクとアサヒノマスクのマスク論争の真相深堀!

投稿日:

アベノマスクとアサヒノマスクのマスク論争が起きています。安倍晋三首相が主導した、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、政府が全世帯に2枚ずつ配る布マスク。国民には不評で期待外れの失望の代名詞が「アベノマスク」でした。そして、その安倍総理の記者会見で、朝日新聞の記者にそのことをつかれ、咄嗟に安倍首相からでた言葉が「御社のネットでも布マスク、3300円で販売しておられたということを承知しておりますが、つまりそのような需要も十分にある中において、我々もこの2枚の配付をさせていただいた」という朝日新聞の通販サイトで販売されている高額のマスクです。このマスクを「アサヒノマスク」といいます。

アサヒノマスク

安倍総理の「アサヒノマスク」記者会見

安倍晋三首相が4月17日の記者会見で、「政府における布マスクの全戸配布」が批判を浴びている現状について朝日新聞記者から問われました。

 

この質問に対し、安倍総理が「御社のネットでも布マスクを3300円で販売しておられたと承知している。そのような需要も十分にある中で2枚の配布をさせていただいた」と皮肉まじりに返答。

この政府のマスク配布に疑問を呈した朝日新聞の記者に対し、首相が「御社も2枚3300円で販売していた」と“反撃”したことが物議を醸しています。

アベノマスクとアサヒノマスクのマスク論争

この、2枚で3300円の「アサヒノマスク」に対し、最初は、マスク部不足の最中の便乗商法と受け止められる。

 

実際、安倍首相も、その意図はあって、あえて皮肉をこめて言ったものと思われます。

 

その後、保守系の経済評論家が「朝日新聞が2枚で3300円のぼったくりマスクを販売中! 買っちゃダメだよ!」とツイート。

ネット上には「朝日新聞に特大ブーメラン直撃! ぼったくりかよ」「朝日新聞社は国民のことを何も考えていないぼったくり悪徳商法会社だった」などのツイートが相次いだ。

 

アサヒノマスクとは

朝日新聞社の通販で売られていた「アサヒノマスク」は実際どんなマスクだったのかといいますと、それなりの質の備わっていて、政府の配ろうとしているサイズも小さく粗悪なマスクとは正反対のマスクのようです。

「アサヒノマスク」は実際は、元々定価販売で、「繊維の街」が手作りしている高級品。

繊維の街として知られる大阪府泉大津市の南出賢一市長と泉大津商工会議所がマスク不足の解消を目指し、3月6日に市内の繊維メーカーに呼びかけて、市内と近隣の計6社(後に7社)がそれぞれに手作りで製造・販売したうちの一つだという。

 

市や商議所のホームページには「必要な人にマスクが届かない状況を改善するため、泉大津ならではの良さが詰まったマスクを揃(そろ)えました」「地元事業者が一つひとつ手作りでつくりました。“泉大津産マスク”は洗ってもまた使えるマスクで、経済的、環境にも優しいマスクです」とあります。

 

そして、「アサヒノマスク」は、1917年創業の泉大津市の老舗繊維メーカー大津毛織が制作していたものを朝日新聞の通販で販売。

 

大津毛織によると、マスクは計4層構造。綿は医療用レベルの原料を使うなどし、150回洗濯しても使えるという。1日1000~1500セットを社員約15人で手作りしているという。

 

大津毛織のマスク担当者は、「ぼったくりと言われ、すごく残念で悲しい」  「布製でありながら、立体構造で長時間着けていても不快感がない」と性能の良さをアピール。

それなのに、「すごく残念で悲しい。言われっぱなしで我々にはどうしようもなく、対抗策もない。日々マスクを作って届けるしかない」と残念がっています。

 

首相の発言によって、ネットの一部では「ぼったくり」などと表現されて攻撃対象になってしまったようです。

ネット上では、アサヒノマスクの品質の良さを理解した人からは、

「アベちゃんも注目、アサヒノマスク! アベノマスクより高品質らしいし」

「どこがぼったくりや? プロの作ったもん、バカにすんな。仕事潰すな!」「安倍政権が打ち出した地方創生をも否定する話」といったツイートも出てきました

 

これと、対象的に、政府が配布を決めている「アベノマスク」はと言えば、妊婦向けマスクの袋に虫が混入するなど約1900枚の不良品が見つかり、「サイズが小さく、重い」などと批判されている。

国民から、かけらも感謝されず、今や、返品まで起きているありさまです。

 

アベノマスクの問題点

もともと、この論争の根底にある一つは、アベノマスクの問題点です。

新型コロナ対策として、国民は、政府の本気度に期待があった最中、最初に出されたのが、約466億円もの多額の税金を投じて、小さくて貧相な布マスクを1世帯にわずか2枚配布することの「ショボさ」と「虚しさ」、「ガッカリ感」。さらに、ほかにもっとやるべきことがあるだろう、という「疑問」「憤り」そして「失望」でした。

これに加え、和牛無料券を配る案などもう訳がわからない世界に入っていました。

これが、日本政府の実力なのか、やる気がないのかいずれにせよ失望感がありました。

朝日新聞

朝日新聞

安倍首相のはぐらかし

その「アベノマスク」の件を、朝日新聞の記者に聞かれ、安倍首相は、はぐらかしで答えてしまいました。

質問に正面から答えず、朝日新聞への皮肉を返しました。これでは、国民は納得しません。

この時期、森友・加計学園をめぐるさまざまな疑惑や、首相主催『桜を見る会』をはじめ、つい最近この問題で自殺した公務員への対応も不誠実。

さらに、星野源に便乗した動画でも批判を浴びている。

17日の記者会見では結果として、ウイルスとの闘いを乗り切るためには何よりも国民との一体感が大切だと述べ、収入が減った世帯への30万円給付から1人当たり一律10万円給付へと方針転換したことに関し「混乱を招き心からおわびを申し上げたい」と陳謝するなど、この点では評価もできます。

だからと言って、ここに来て、「アベノマクス」の件は、真正面から答えてもらいたいと思うのが大多数の国民感情ではないでしょうか。

安倍総理

安倍総理

安倍首相の皮肉にこもった思い

ところで、この「アベノマスク」を質問したのが、朝日新聞の記者だったという点も見逃せない所です。

安倍首相にしても「朝日新聞にだけは、言われたくない」という感情が先走り、つい「3300円のマスク」の皮肉になった気持ちもわかります。

朝日新聞の日頃の報道姿勢もさることながら、この1か月ほどの間に、二人もの朝日新聞の記者が、不祥事を起こしています。

一体、朝日新聞はどんな記者をやとっているのか疑問に思ってしまうくらいことをやらかしていますから、朝日新聞もしばらく謹慎してほしいと思うのも国民感情にはあるでしょう。

したがって、この「アベノマスクとアサヒノマスクのマスク論争の真相」はこのような安倍首相に対する不満と、朝日新聞に対する不満が国民の根底にあるので、賛否両論もりあがるわけです。

どちらも反省してほしいところです。

まとめ

今回は、「アベノマスクとアサヒノマスクのマスク論争の真相深堀!」

というテーマでお送りしました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビジネスパーソン

救済策に不公平感 フリーランス悲鳴、今後も急増するフリーランス

フリーランスの悲鳴が話題になっています。新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響や政府への要望について、フリーランス協会が3月3日にSNSで緊急コメント募集を行うと150件以上の悲鳴が寄せられました。コメ …

PCR検査、ドライブスルー

山梨大学の島田真路学長のPCR検査への意見。ドライブスルー検査も実施

山梨大学の島田真路学長のPCR検査への意見で「不十分な検査体制は日本の恥」 と表現し、今まで政府主導でPCR検査を抑制してきたことを批判しています。そして、山梨大学医学部付属病院(山梨県中央市)は8日 …

no image

働き詰めだった祖父、80歳誕生日に憧れの車を贈られ涙の動画!

働き詰めだった祖父、80歳誕生日に憧れの車を贈られ涙止まらなくなりました。米ニュージャージー州モンマス郡ホルムデルのレストランで10月17日、ポール・キスルさん(Paul Kissel)の80歳の誕生 …

パソコン

2020年著作権法改正案の詳細(インターネット上の著作権保護強化)

2020年、政府は著作権法改正案を国会に提出。改正案は、漫画、写真など著作物全般に対象を広げ、インターネット上の海賊版対策を行う。 パソコン 目次1 2020年著作権法改正案2 違法ダウンロードの訴え …

カンガルーハリーが機内で跳ねる

カンガルーが機内で跳ねる可愛い光景の動画!

米国でカンガルーが機内で跳ねる可愛い光景が、法改正で「これが最後かも」と話題になっています。パシフィック・サウスウエスト航空機にカンガルーの赤ちゃんが搭乗し、飛行機の通路を跳ねる可愛らしい様子を収めた …