最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

全身がんで治療中の高須クリニックの高須克弥院長の決意

投稿日:

全身がんで治療中の高須クリニックの高須克弥院長の決意を紹介します。全身がんで治療中の高須クリニックの高須克弥院長が4月20日、ツイッターで、「見込みのある緊急患者に席を譲るつもり」という発言をしています。

高須院長

高須院長

 

高須克弥院長の決意

 

高須院長は、4月16日に「すでに医療現場はトリアージュの段階です。老人である僕は自分のガン手術を辞退して、見込みのある緊急患者に席を譲るつもりです。今日の精密検査で、とりあえず、僕はすぐに死なないらしいとわかりました。医療現場が緊急事態脱したら手術を受けます。早く終息してくれ。武漢肺炎」とツイッターで発信しました。

高須院長は、全身のがんで治療中なので、そんな、手術の後回し発言で心配の声があがっていました。

 

そして同日さらに、「僕の癌治療の指揮者は僕です」とした上で「まだまだ大丈夫だと診断して僕の手術は後まわしでよいと決めました」。

続けて「現場はトリアージの段階ですが、僕はとりあえず大丈夫です」とし「僕はWHOのテドロス事務局長みたいなヤブではありません。

手遅れはありません。自分には必要な手をうっています。すぐには死にません」と断言した。

と手術後回しの事情を書かれていたので、ほっとしました。

それにしても、ここで、僕はWHOのテドロス事務局長を引き合いに出し、「ヤブ」と言い切るところが爽快です。

WHOのテドロス事務局長の新型コロナウィルス拡散の初期の頃、極めて中国寄りの姿勢が、今の世界中の新型コロナウィルスの大流行になったと考えている人も少なくありません

高須克弥院長の決意に対するネットの声

高須克弥院長の決意に対するネットの声はどうでしょうか?

「商店街に無頓着に繰り出して自分だけは大丈夫という気分の人たちは高須院長を見習ってもらいたいと思う。院長は命を削って全体のことを考えていると思う。これを見れば無責任な言動は出来ないはず。」

「高須院長のガンも心配です。でも悔いのなさそうな生き方をされていらっしゃるので、いつも前向きなのでしょうね。」

「高須さんの発言は、結構響いてきます。お若いころより、好きだなぁと思ってます。
長生きしてほしいな。まだまだ、みんな高須さんを必要としてますよ!」

「あかんて!
先生、誰もが平等に生きる権利がある!
先生の優しさは人として大事やと思うけど、頑張って生き続けて下さい」

「高須先生ご自身の健康状態、決してよろしくないことは既に知ってる人は知っている」
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200420-00000059-tospoweb-ent

 

以上、ネットの声でした。

まとめ

今回は、「全身がんで治療中の高須クリニックの高須克弥院長の決意」というテーマでお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

踊るナマズ

作家の勝目梓氏の喪主高瀬ちひろ さんについて

作家の勝目梓氏の3女喪主高瀬ちひろ さんについての関係を詳しく説明します。喪主の高瀬千尋さんは、作家の勝目梓氏と、作家高瀬千図氏との間の子供です。勝目梓氏と、作家高瀬千図さんは、結婚後離婚しています。 …

レジ袋

セイコーマート、レジ袋無料継続の背景に消費者不満の声か?

今年7月1日より一般レジ袋が有料になる中、コンビニチェーンのセイコーマートが、7月以降もレジ袋無料を継続することに決めた。この背景には、消費者の間で、レジ袋有料化の合理性があまり感じられず、不満の声が …

宮城まり子

ねむの木学園と宮城まり子の生涯の生き様、ねむの木学園を作るきっかけ

3月21日ねむの木学園と宮城まり子さんが死去されました。享年93歳でした。宮城まり子さんが肢体の不自由な子供たちの療護施設ねむの木学園設立して半世紀が立ちます。ねむの木学園は静岡県掛川市にあります。ね …

PCR検査、ドライブスルー

山梨大学の島田真路学長のPCR検査への意見。ドライブスルー検査も実施

山梨大学の島田真路学長のPCR検査への意見で「不十分な検査体制は日本の恥」 と表現し、今まで政府主導でPCR検査を抑制してきたことを批判しています。そして、山梨大学医学部付属病院(山梨県中央市)は8日 …

ウィルスと不況

新型コロナウイルス「接触8割削減」の根拠はイギリスの論文?

4月8日、日本で緊急事態宣言が出され、その中の具体的自粛項目で「他の人との接触を8割削減する」という目標が出されました。この、政府の方針のもととなったのが「英国の研究グループの論文」がもとになったよう …