最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン(Bean)が女性に引き取られ幸せ!

投稿日:

ドイツで野良猫として過ごしていたビーン(Bean)は2020年、アニマルシェルターに保護されました。ビーンは目に感染症を患っており他にも健康問題を抱えていたが、スタッフたちの懸命な治療により健康を取り戻すことができたが、ビーンはその後、新しい家族を探すことになったが、見た目が悪いため名乗り出る人はなかなかいなかったが今回「一目ぼれ」した女性フランシスカ・フランケンさん(Francisca Franken)に引き取られて幸せに暮らす。

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン

ブサイクと呼ばれた野良猫が一目ぼれした女性に引き取られて幸せに。

ドイツで野良猫として過ごしていたビーン(Bean)は2020年、アニマルシェルターに保護されました。

ビーンは目に感染症を患っており他にも健康問題を抱えていたが、スタッフたちの懸命な治療により健康を取り戻すことができ、しかめっ面の表情のせいで「ブサイク」とあだ名を付けられたビーンは、保護施設で新しい飼い主を待っていた。

 

この元野良猫は感染症など多くの健康問題を抱えていたことでなかなか飼い主が見つからなかったが、1人の心優しい女性フランシスカ・フランケンさん(Francisca Franken)がビーンに一目ぼれし、今は女性の愛情を一身に受けて幸せに暮らしているという。

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン

 

最初の内ビーンは、新しい家族を探すことになったが、名乗り出る人はなかなかいなかった。その原因はビーンの見た目にあった。

 

ビーンの顔は通常よりも平面的で、感染症の影響か眉間にシワが寄っているようなしかめっ面の表情をしていた。

ネット上に写真を公開して飼い主を募集してもなんの反応もなかったという。

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン

 

数か月が経過しても新しい家族が見つからないビーンだったが、フランシスカ・フランケンさん(Francisca Franken)という女性から声がかかった。

フランシスカ・フランケンさんは、彼女の地元の動物保護施設のウェブサイトを閲覧していて珍しい猫に出くわしました。

 

猫の平らな顔、タフな態度、悲しい目について何かがあり、彼女はスクロールを止めさせました。

 

フランシスカさんは、すぐに猫がまだ引き受け可能であるかどうかを確認するために避難所に手紙を書き、その夜眠れないほどの返事を待って緊張していました。

 

しかし、避難所がフランシスカさんと連絡したとき、彼らはフランシスカさんが実際にBeanを望んでいるとは信じられませんでした。

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン

 

当時は新しい家に引っ越したばかりで、猫を飼おうと考えていたフランシスカさんは以下の様にコメントしました。

「シェルターのサイトを見ているときにビーンの写真が出てきて、こんな顔の猫は見たことが無かったので最初は笑ってしまいました。でも次の瞬間には恋に落ちてしまったのです」

「ビーンの見た目は特別に可愛くて、『すぐに会わないと』って思いましたね」。

「シェルターの人に『あなたが飼いたいと思っているのは本当にビーンで間違いない?』って言われましたよ。それまでビーンについて問い合わせする人はほとんどいなかったようで、シェルターのスタッフに『間違い電話ではないですよね?』と再度確認されました。」

「想像していたよりもとても美しい猫で、思わず涙してしまいました。全体的に小さくて、手足や尻尾は短く、顔は見たことないくらい平面的でしたね。」

ビーンは3~4歳と推定されており、年齢のわりに体が小さかった。フランシスカさんが部屋に入るとビーンはベッドから飛び降り、すり寄ってきたという。

「シェルターの人は『多くの人がビーンのことを“ブサイク”だと言うのです』と話していましたが、私はビーンほど完璧な猫はいないと思いましたよ。」

 

「ビーンを迎えた最初の数週間は、ずっと私のそばにくっついて大人しくしていました。でもその後、ビーンはとても活発になってきました。」

 

「ビーンが世界で一番好きなのはオリーブなんです。私が夜食として食べていた時に、うっかり落としたオリーブを食べたのがきっかけでした。本当に大好きで、オリーブの匂いがするだけで発狂しそうな勢いです。」

 

「言葉にできないくらいビーンを愛していて、常にビーンのことで頭がいっぱいです」

 

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン

 

フランシスカさんは、現在もビーンといっしょで、ビーンが幸せに暮らす姿は専用のInstagramアカウントで公開されています。

 

避難所に来る前、Beanはトレーラーパークで野良として暮た。

ビーンは目の感染症やその他の病気に苦しんでいて、家の愛を知らなかった。

しかし、フランケンはそれを変える決心をしました。

 

「避難所で彼女を見た多くの人々は、彼女が醜いと言いましたが、私は彼女がこれまでで最も完璧な女の子だと思います」と、彼女が付け加えました。

 

フランケンはすぐにBeanを家に連れてきて、ビーンは彼女の新しいお母さんが彼女がどれほど感謝しているかを理解していることを確認しました。

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン

今、Beanは毎晩フランケンさんとベッドで寝て、常に彼女と同じ部屋にいます。

ビーンは彼女のお母さんフランケンさんのほかに、世界で最も好きなのはオリーブです。

ビーンはオリーブやオリーブの塩水のにおいがするたびに、彼女は少し狂ってしまう。

 

グリーンオリーブとピメントには、カトニップと同様のメイクアップを持つイソプレノイドと呼ばれる化学物質が含まれています。

Beanは塩辛いお菓子に夢中なので、彼女が冷蔵庫からオリーブを取り出すのを見るたびに、彼女はお母さんフランケンさんに悲鳴を上げます。

 

ありがたいことに、オリーブは猫にとって安全です。

フランケンさんはビーンにご褒美として適度に与えます。

まとめ

今回は「ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン(Bean)が女性に引き取られ幸せ!」というテーマでお送りいたしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

介護風景

介護施設倒産件数が多く発生、前払い金戻らない「前払い金トラブル」リスクも増大

介護施設倒産件数が年100件ペースで発生しています。そうした場合、「前払い金」が戻らないリスクも増大しています。今後は、介護施設を選ぶときは、倒産リスクをしっかり見極めたほうがよさそうです。介護施設倒 …

敏腕弁護士Zoomでの裁判に子猫の姿で登場

敏腕ロッド・ポントン弁護士がZoomでの裁判に子猫の姿で登場の動画!

米テキサス州プレシディオ郡の地方裁判所で現地時間2021年2月9日、ある民事没収に関する法廷審問がZoomを介して行われた。ところがこの審問が始まるやいなや、弁護士が子猫の姿で登場。子猫に扮していたの …

ミントタブレットで妖精をだまそうとした9歳女児

ミントタブレットで妖精をだまそうとした9歳女児アイリス!

英デヴォンに住むレイチェル・ボイチェホフスキさん(Rachel Wojciechowsk)の娘アイリスちゃん(Iris)が「歯の妖精さん、私の歯をお金に換えて!」と願ってミントタブレットで妖精をだまそ …

米人気YouTuberがハンバーガー店をオープン

米人気YouTuberがハンバーガー店をオープンの動画!

アメリカ在住のYouTuberであるジミー・ドナルドソンさん(Jimmy Donaldson)は、「ミスター・ビースト(MrBeast)」というYouTubeチャンネルで親しまれ、チャンネル登録者数は …

山本太郎代表

山本太郎 新撰組 が寄付で思わぬ公開質問状で躓く

山本太郎 新撰組 が寄付で思わぬ公開質問状で躓いたようです。市民の浄財で選挙を戦うという大義で選挙戦に臨むということで市民の期待も大きいところですが、トラブルが発生したようです。寄付金の領収書に関して …