最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

顔を腫瘍で覆われた男性、結婚して2児の父となる動画!

投稿日:

印ジャンムー・カシミール州に住むラティーフ・カータナさん(Latif Khatana)は、全身の皮膚にたくさんの小さな腫瘍(神経線維腫)ができる遺伝性疾患「神経線維腫症」を患っている。ラティーフ・カータナさんは「神経線維腫症」という難病によりいじめや差別を受けてきたが、結婚がきっかけで人生に希望を見出したという。

ラティーフ・カータナ(Latif Khatana)

ラティーフ・カータナ(Latif Khatana)

顔を腫瘍で覆われた男性、結婚して2児の父となる。

 

顔を腫瘍で覆われた男性、結婚して2児の父となり希望を見出すストーリー。

印ジャンムー・カシミール州に住むラティーフ・カータナさん(Latif Khatana)40歳は、全身の皮膚にたくさんの小さな腫瘍(神経線維腫)ができる遺伝性疾患「神経線維腫症」を患っている。ラティーフさんの場合、加齢とともに腫瘍の数が増して顔全体が大きな腫瘍で覆われ、片方の目は失明してしまった。

 

ラティーフ・カータナ(Latif Khatana)

ラティーフ・カータナ(Latif Khatana)

そんなラティーフ・カータナさんは、「神経線維腫症」という難病によりいじめや差別を受けてきたが、結婚がきっかけで人生に希望を見出したといいます。

 

もう片方の視力も低下しているというラティーフさんは「生まれた時からこの病気とつきあっているから、ずっと偏見と闘ってきたよ。外出すると冷たい視線を感じるんだ。だから病気を知らない人には、私のことを恐れないで! 私だって人間なんだ、と伝えたいね」と言います。

 

「あれは外出して帰宅する途中のことだった。橋に兵士が何人か立っていたんだ。彼らは私を見て野獣か何かと思ったんだろうね。銃を構えて私を撃とうとしたから、私は『人間だから撃たないで!』と大声で叫んだんだ。」

 

そんなラティーフさんが自分の人生に希望を見出すきっかけとなったのは、サリマさん(Salima)との結婚だったという。ラティーフさんは2008年に結婚し、2012年に長女ウルファトちゃん(Ulfat)が誕生し、今年は次女リファトちゃん(Riffat)に恵まれた。

ラティーフ・カータナ(Latif Khatana)

ラティーフ・カータナ(Latif Khatana)

 

サリマさんは右足の先がない状態で生まれ、2人の結婚は「障がい者同士なら上手くいくだろう」と親同士が決めたそうです。

 

結婚12年になるサリマさんは、ラティーフと結婚した理由を尋ねると「親に勧められた」と答えそれ以上のことはあまり話さないと言います。

 

一方のラティーフさんは「結婚したことは心から良かったと思っている。お互いに支え合うことができるし、一人で生きていくのは寂しすぎるからね」と明かすと、娘については、

「長女が誕生した時はみんなで大喜びしたんだ。健康な子だったからね。今では障がいのない娘が2人もいて、私は本当に幸運だよ。娘は私の希望であり、私に勇気を与え、幸せにしてくれる存在なんだ。」

「だから娘たちにはしっかりとした教育を受けさせて、いい仕事に就いてもらいたい。そして幸せになって欲しいんだ。」

「ただ『この先、娘にも私と同じ症状が出るのではないだろうか』という不安は常にあるけどね。」と言います。

 

顔を腫瘍で覆われた男性、結婚して2児の父となる動画。

 

彼らは私を「顔のない男」と呼んでいます|生まれた違い。


They Call Me ‘The Man With No Face’ | BORN DIFFERENT

男性は、顔がなくなったほどの重度の顔面腫瘍で生まれました。

インドのジャンムー出身のLatifKhatanaは、生まれてから神経線維腫症に苦しんでいます。これは、神経組織に腫瘍が成長する原因となる状態です。

ラティフの腫瘍は彼の体全体に成長しますが、残念ながら最大のものは彼の顔にあります。

両目が大きな皮膚のひだで覆われているため、ラティフはほとんどの視力を失っています。

彼の状態のために何年もの虐待に苦しんだ後、ラティフは今、2人の幸せな結婚した父親です。足を失って生まれた彼と彼の妻サリマは、彼らの障害を乗り越えました。

しかし、両親はまだ娘たちがいつかラティフの状態の兆候を示し始めるかもしれないことを恐れています。

 

まとめ

今回は「顔を腫瘍で覆われた男性、結婚して2児の父となる動画!」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

車

シビック存続の理由は、今の時代には合わないがそれでも、本田の代名詞的車!

2019年の夏頃にシビックは一度注文受け付けをストップしていましたが、今回マイナーチェンジを受け帰ってきました。持ち前のスポーティー感は、かつての古き良き時代の車を思い出させます。シビック存続の理由は …

動物保護団体「Tails of Compassion(ToC)」

インド「安楽死寸前の動物に第二の人生を」保護に尽力する女性の動画!

インドのハリヤーナ州グルグラムに住むディブヤ・パーササラティさんは、動物保護団体「Tails of Compassion(ToC)」を設立した。「安楽死寸前の動物に第二の人生を」という思いで動物保護に …

中国・広州市で今月開通したばかりの橋

中国 ・広州市で人々が殺到、開通したばかりの話題の橋の動画!

中国 人々が殺到、開通したばかりの橋が話題になっています。中国・広州市で今月開通したばかりの橋がある理由で話題となり、連日多くの人を集めています。詳細を動画で確認。 中国・広州市で今月開通したばかりの …

新型コロナウィルス

【驚愕】岡田先生(教授)の告発「感染研OBの利権」でPCR検査難民が出ている?

テレビ番組「モーニングショー」に出演している国立感染症研究所ウイルス部元研究員の岡田先生(岡田晴恵・白鴎大教授)が2月27日に重大な告発をしました。感染を判断するPCR検査の体制が十分ではなく、現場の …

新型コロナウィルス

新型コロナRCP検査一日7000件体制に、国が方針変更か?

国が、新型コロナウィルスの検査態勢の拡充を急いでいます。当初は最大で一日約1500件が限度でしたが3月中には約7000件に増える見通しに。今後、新型コロナウィルスのさらなる感染に備えてか、あるいは、感 …