最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

【驚愕!】SNSストーカーの手口は自撮り瞳の景色、ピース指紋

投稿日:

SNS上にあげられた投稿画像で「SNSストーカー」の罠にはまってしまう例が出てきています。カメラ、スマホ画像の高画質化で投稿写真から住まいがわかってしまったりして、被害にあったりする事件が発生しています。今回は、その手口のうち「自撮り瞳の景色」と
「ピース指紋」を挙げてみます。また、「SNSストーカー」を防ぐ手立てについても紹介します。

高画質スマホと時計

高画質スマホと時計

 

 SNSストーカーの手口「自撮り瞳」アイドル襲撃事件

2019年9月1日SNSストーカーの手口「自撮り瞳」アイドル襲撃事件は、佐藤響被告(27)が20代の女性アイドルの自宅を突き止め襲撃した事件です。

佐藤響被告は、襲撃されたアイドルの熱狂的なファンでした。

その、佐藤響被告の手口の詳細です。

アイドルがSNSに投稿した自撮り画像の瞳に映った景色を分析。

3,4本の線路が走り、ホームの屋根が反り返っている駅だと駅を特定。

その瞳の映像をもとにグーグルマップのストリートビュー機能で駅を見つけそこで張り込みをおこなう。

駅で降りた被害者を尾行して自宅マンションを突き止めました。

さらに、被害者の投稿動画で部屋のカーテンの色を調べ屋外より同じカーテンの部屋のあるフロアーを確認しました。

そして、被害女性が自宅から動画をライブ配信するときに、そのフロアーの前部屋のチャイムを鳴らし動画にチャイム音の入った部屋を見つけ出しました。

自撮りする女子

自撮りする女子

 

SNSストーカーには、眼鏡、腕時計も注意

最近のスマホも高解像化しているので、反射する性質のある眼鏡腕時計などもSNSストーカーを防ぐためには注意が必要です。

まるで、投稿画像が自宅までの地図をあたえてしまうようなものです

 

ピースする女の子

ピースする女の子

 

 SNSストーカーの手口「ピース指紋」

 

やはり、画像が高画質化した結果SNSストーカーにねらわれる危険が指摘されているのが、写真から指紋が盗難される危険です。

 

技術的には、今のデジカメやスマホの解像度では、写真から指紋を複製し、生体認証に利用し、不正アクセスが可能です。

最近、パスワードの代わりに生体認証指紋認証がつかわれています。

 

絶対安全と思われた指紋認証が「写真から指紋が盗難される」ことによって
安全でなくなりました。

想定されるのが胸から上の顔写真くらいのアップ画像でピースサインや手のひらを写した手のひら写真です。

手のひら写真

手のひら写真

 

 SNSストーカーを防ぐ方法

最近のデジカメ、やスマホが高解像になってきて、SNSでアップされた画像を座像処理することで情報が盗まれてしまいます。

目安として、2,000万画素を超える性能のカメラは、画像処理で拡大などしても画質が落ちないため危険があります。

もし、2,000万画素を超える画質の画像をアップしたいときは、画質をいったん落としてからSNSにアップすることをおススメします。

画質を落とすソフトは、フリーソフトでもあります。

また、参考までに、LINEFacebookTwitterは、デフォルト設定で投稿時に画質を落とす仕様となっています。

 

 まとめ

今回は、「【驚愕!】SNSストーカーの手口は自撮り瞳の景色、ピース指紋」というテーマで、実際に犯罪に使われた「自撮り画像の瞳の景色」と、不正アクセスが懸念される
ピース画像、手のひら画像について、そしてそれを防ぐための防止方法についてお伝えしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

体重114キロ超のタンジー・アーネット

体重114キロ超の英国女性が44キロの減量に成功「メーガン妃に似てる」!

体重114キロ超の英国女性が44キロの減量に成功「メーガン妃に似てる」のビフォーアフター画像。英エセックスのコルチェスターに暮らすタンジー・アーネットさん(Tansy Arnett)は、114キロ以上 …

サミー・バッソさん(Sammy Basso、25)

「プロジェリア」急速に老化する25歳男性サミー・バッソの動画! 

イタリアのベニス近郊に住むサミー・バッソさん(Sammy Basso)は、「ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群(通称プロジェリア)」を患っている。急速に老化する「プロジェリアProgeri …

西ノ島

小笠原諸島の西之島火山が活発化、「爆発の可能性も」!

海上保安庁は20日、昨年12月に噴火を確認した東京・小笠原諸島の西之島を17日午後に上空から観測した結果、山頂にある中央火口の連続的噴火や灰色の噴煙が高度約1800メートルまで上がっていることを確認し …

AI頭脳

ディープフェイクとは何が危険なのか、名前の由来は何か、犯罪例や今後の方向は

ディープフェイクとAI人口知能を使って本物にそっくり似た動画を作成する技術で、最近、技術は技術が進み、本物の画像にかなり近づいてきたり、ディープフェイク画像の作成ソフト(ツール)、アプリが普及して簡単 …

ゴーン被告の今後は有罪濃厚!最長禁固15年の刑を受ける可能性も。

ゴーン被告の今後は、有罪が濃厚になってきました。もしレバノンで敵国イスラエルへの入国の件が有罪になれば、最長禁固15年の刑を受ける可能性も濃くなってきました。さらに、フランス政府は独自に、ゴーン被告の …