最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

【驚愕!】SNSストーカーの手口は自撮り瞳の景色、ピース指紋

投稿日:

SNS上にあげられた投稿画像で「SNSストーカー」の罠にはまってしまう例が出てきています。カメラ、スマホ画像の高画質化で投稿写真から住まいがわかってしまったりして、被害にあったりする事件が発生しています。今回は、その手口のうち「自撮り瞳の景色」と
「ピース指紋」を挙げてみます。また、「SNSストーカー」を防ぐ手立てについても紹介します。

高画質スマホと時計

高画質スマホと時計

 

 SNSストーカーの手口「自撮り瞳」アイドル襲撃事件

2019年9月1日SNSストーカーの手口「自撮り瞳」アイドル襲撃事件は、佐藤響被告(27)が20代の女性アイドルの自宅を突き止め襲撃した事件です。

佐藤響被告は、襲撃されたアイドルの熱狂的なファンでした。

その、佐藤響被告の手口の詳細です。

アイドルがSNSに投稿した自撮り画像の瞳に映った景色を分析。

3,4本の線路が走り、ホームの屋根が反り返っている駅だと駅を特定。

その瞳の映像をもとにグーグルマップのストリートビュー機能で駅を見つけそこで張り込みをおこなう。

駅で降りた被害者を尾行して自宅マンションを突き止めました。

さらに、被害者の投稿動画で部屋のカーテンの色を調べ屋外より同じカーテンの部屋のあるフロアーを確認しました。

そして、被害女性が自宅から動画をライブ配信するときに、そのフロアーの前部屋のチャイムを鳴らし動画にチャイム音の入った部屋を見つけ出しました。

自撮りする女子

自撮りする女子

 

SNSストーカーには、眼鏡、腕時計も注意

最近のスマホも高解像化しているので、反射する性質のある眼鏡腕時計などもSNSストーカーを防ぐためには注意が必要です。

まるで、投稿画像が自宅までの地図をあたえてしまうようなものです

 

ピースする女の子

ピースする女の子

 

 SNSストーカーの手口「ピース指紋」

 

やはり、画像が高画質化した結果SNSストーカーにねらわれる危険が指摘されているのが、写真から指紋が盗難される危険です。

 

技術的には、今のデジカメやスマホの解像度では、写真から指紋を複製し、生体認証に利用し、不正アクセスが可能です。

最近、パスワードの代わりに生体認証指紋認証がつかわれています。

 

絶対安全と思われた指紋認証が「写真から指紋が盗難される」ことによって
安全でなくなりました。

想定されるのが胸から上の顔写真くらいのアップ画像でピースサインや手のひらを写した手のひら写真です。

手のひら写真

手のひら写真

 

 SNSストーカーを防ぐ方法

最近のデジカメ、やスマホが高解像になってきて、SNSでアップされた画像を座像処理することで情報が盗まれてしまいます。

目安として、2,000万画素を超える性能のカメラは、画像処理で拡大などしても画質が落ちないため危険があります。

もし、2,000万画素を超える画質の画像をアップしたいときは、画質をいったん落としてからSNSにアップすることをおススメします。

画質を落とすソフトは、フリーソフトでもあります。

また、参考までに、LINEFacebookTwitterは、デフォルト設定で投稿時に画質を落とす仕様となっています。

 

 まとめ

今回は、「【驚愕!】SNSストーカーの手口は自撮り瞳の景色、ピース指紋」というテーマで、実際に犯罪に使われた「自撮り画像の瞳の景色」と、不正アクセスが懸念される
ピース画像、手のひら画像について、そしてそれを防ぐための防止方法についてお伝えしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

髪に大量のおもちゃが絡まった6歳女児

米ペンシルベニア州で髪に大量のおもちゃが絡まった6歳女児の動画!

米ペンシルベニア州チャーチビル在住のアビゲイル・ハウゼルちゃん(Abigail Hoelzle)と双子のきょうだいであるノア君(Noah)は、学校のオンライン授業を終えて下の階で遊び始めた。そして、大 …

ママは十代の息子のベッドの下を見て恐怖を見つける

ママは十代の息子のベッドの下を見て恐怖を見つける動画!

10代息子のベッドを動かした母親は、驚愕する動画。米ケンタッキー州レキシントンに住むアマンダ・ナイバートさん(Amanda Nighbert)がTikTokに投稿した「10代の息子の部屋」の動画。 & …

ゴーン元会長は今、海外逃亡で関係者を拘束、国際手配へ、海外の反応は?

日産自動車元会長ゴーン被告は保釈条件に違反して、海外逃亡中。日本の捜査当局は 国際刑事警察機構(ICPO)に国際手配をおこなった。逃亡先のレバノン当局は、 ゴーン被告の国際手配書を受け取った。 ゴーン …

Mycetoma

マイセトーマ(菌腫)という人食い感染症!

切り傷から始まる「沈黙の死」 スーダンの人食い感染症。「マイセトーマ(菌腫)」いう、細菌や真菌による「人食い」感染症をもたらす。#Mycetoma Mycetoma 目次1 スーダンの感染例2 「マイ …

新型コロナウィルス

新型コロナウイルスの保健所の検査拒否「氷山の一角」岡田晴恵教授言及

2020年3月5日 放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で、新型コロナウイルスの感染拡大について特集のなかで、日本医師会の幹部が新型コロナウイルスの検査について、医師が必要としたのに保健所が応 …