最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

「ビクトリアンハウス」丸ごと引っ越しの動画!

投稿日:

アメリカ・カリフォルニア州で2021年2月21日に行われた、築139年139年の建物、イギリスのビクトリア時代に建築された歴史ある「ビクトリアンハウス」をまるごと移動させるという豪快な引っ越し。大きな家をトレーラーに乗せ、6ブロック先まで移動させていく丸ごと引っ越しの豪快な曳航の動画。

移動する築139年の建物Victorian House

移動する築139年の建物Victorian House

「ビクトリアンハウス」丸ごと引っ越し。

アメリカ・カリフォルニア州で\2月21日に行われた、築139年、イギリスのビクトリア時代に建築された歴史ある「ビクトリアンハウス」をまるごと移動させるという豪快な引っ越し。

大きな家をトレーラーに乗せ、6ブロック先まで曳航で移動させていく。

目の前をゆっくりと移動する大きな建物。土砂崩れによって滑り落ちているかのような光景だが、なんと引っ越し作業だという。

 

この壮大な計画を一目見ようと、日曜の朝にも関わらず大勢の人が集まり、カメラを向けた。

引っ越しの理由は、この家が建っていた場所に新たなマンションが建てられるためで、引っ越し費用は約4200万円だということだ。

 

地元市民は、朝はほとんどお祝いの気分で、家が少しずつ動くと見物人が歓声を上げました。

イングランド人の家として知られるこの歴史ある「ビクトリアンハウス」は、午前7時20分頃にフランクリンストリートを南下してゴールデンゲートアベニューに向かい始めました。

 

右に曲がってラグーナストリートに向かい、最後にフルトンに曲がり、古い葬儀場の隣にあります。

フルトンセントの遺体安置所は、以前はイングランドの家のためのスペースを作るためにロットラインに向かって約12フィート移動しました。

このような家の曳航による移動は、45年以上ありませんでしたが、サンフランシスコ人はかなり頻繁に家を移動していました。

 

若い街の歩道、通り、グリッドラインの絶え間ない改訂、そして東海岸のレンガ造りの家とは異なり、サンフランシスコのレッドウッドの家は比較的軽かったため、1800年代後半から1900年代初頭にかけて巨大な構造物が街中を移動することがよくあります。

それはとても一般的で、街の大きな産業にもなりました。1900年版の都市のビジネスディレクトリには、あなたの家を新しい住所に移動するためのサービスを提供する19社以上がリストされています。

 

年月が経つにつれて、電話回線や既存の都市インフラなどの障害が動きの邪魔をし、実践はあまり一般的ではなくなりました。

 

2つの建物は新しい開発に組み合わされ、旧遺体安置所の建物に10ユニットが建設され、イングランドハウスは7つのユニットに変換されます。

 

イングランドの家がかつて座った大きな75フィート幅の場所は、今では新しい47ユニットの集合住宅の敷地になります。

 

 

「ビクトリアンハウス」の歴史。

移動する築139年の建物Victorian House

移動する築139年の建物Victorian House

 

5,000平方フィート以上の歴史的な家は、彼の息子アーロンと一緒にバッテリーストリートでドレイジ会社を所有していたマックス・イングランドのために1880年に建てられました(馬車運搬は当時ドラジとして知られていました)。

 

1891年にマックスが亡くなった後、アーロンは事業を続け、1920年に亡くなるまで家に住んでいました。

 

ほとんどのビクトリア朝の家はテンプレートスタイルで建てられましたが、これは1869年にサンフランシスコに引っ越したドイツの建築家ワイルドリッヒ・ウィンターホルターによってカスタム設計されました。

 

彼はドイツの顧客のためにいくつかの大きなレンガ造りの醸造所を設計したことで最もよく知られていました。

 

イングランドの家は、彼がまだ立っている彼によって設計された4つの家の一つです。2013年に販売のために家をリストアップした不動産業者のイアン・バークは、「それは間違いなく建築家が設計した家でした。

 

「この豪華なディテールがすべてあります。精巧な成形品、コーニス、豪華な階段と美しいバニスター。それはひどい状態でしたが、それは驚くほど無傷です。それは素晴らしい、重要な建築です。

家は最終的に荒廃し、ロットは家自体よりもはるかに大きかったので、最終的に土地は構造よりも価値がありました。

1990年代には、彼が破産を宣言し、家が隣接する空き地にコンドミニアムを建設することを計画した開発者に$2,650,000で手を変えた2013年までそこに住んでいた紳士によって購入されました。

最終的には、家を完全に移動する方が理にかなっていました。

 

「ビクトリアンハウス」丸ごと引っ越しの動画。

 

ビクトリア朝の家はフランクリン通りからフルトン通りサンフランシスコカリフォルニアに移転しました(2021年2月21日)


Victorian House moved from Franklin St. to Fulton St. San Francisco California (February 21, 2021)

 

139年前のサンフランシスコのビクトリア朝の家がトラックで7ブロック新しい場所に移動されました。


139-year-old San Francisco Victorian home is moved by truck 7 blocks to a new location

 

まとめ

今回は「「ビクトリアンハウス」丸ごと引っ越しの動画!」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

椅子に座った遺体を教会が入場拒否

椅子に座った遺体を教会が入場拒否、本人不在で葬儀の動画!

2020年11月25日に自宅で銃弾を受けて父親のアドレイ・ルイスさん(Adlay Lewis、54)と共に亡くなったチェ・ルイスさん(Che Lewis、29)の葬儀がディエゴ・マーティンにある聖ヨハ …

年金支給開始70歳繰り下げ化準備を今からすべき「70歳就業」

年金支給開始70歳繰り下げの準備を、始めたほうが良さそうだ。政府は、2021年4月から「70歳就業」を企業の努力義務として課すことを発表意した。8050問題が確実に現状の年金支給水準を維持できないこと …

空飛ぶ車のイラスト

空飛ぶ車はなぜ普及しないのか! コスト、安全性、飛行距離が三つの課題。

空飛ぶ車はいつ頃まで普及するか、でなければなぜ普及しないのか! コスト、安全性、飛行距離の3点から考えてみます。すでに世界各地で開発が進み、一説には東京オリンピックの開会式でお披露目ともいわれています …

モロッコの彫刻家が手がけていた2匹の魚の彫像

モロッコの彫刻家が手がけていた2匹の魚の彫像取り壊しの動画!

モロッコの彫刻家が手がけていた2匹の魚の彫像が、住民からの苦情が相次いだことから取り壊されることになった詳細動画。#Statues of two fish by a Moroccan sculptor …

森雅子大臣

森法相の 黒川賭けマージャン問題の国会答弁内容要約、動画

森法相「黒川氏は、すでに退職していることから、退職後は、処分が変更されることはないので、人事上の処分は確定したといえるものです」。5月28日の参議院法務委員会では、野党の追及が続いく。真山勇一議員「2 …