最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

自然

新種のサル「ポパラングール」ミャンマーで発見の動画!

投稿日:

ミャンマー中部の森で樹上生活をする新種のサル「ポパラングール(Popa langur)」が発見された。ラングールと呼ばれるサルの一種でぼさぼさのグレーの毛、目の周りの白い輪が目立つ仮面のような顔と柔軟な体が特徴で、木の上で生活し、葉を主食にしている。詳細動画。

ポパラングール(Popa langur)

ポパラングール(Popa langur)

新種のサル「ポパラングール」ミャンマーで発見!

 

11月11日ミャンマー中部の森で樹上生活をする新種のサルを発見したとする論文が、動物学専門誌「ズーロジカル・リサーチ(Zoological Research)」に発表された。

ポパラングール(Popa langur)

ポパラングール(Popa langur)

 

発見されたのはラングールと呼ばれるサルの一種で、ミャンマー中部にあるポパ山(Mount Popa)にちなみ、「ポパラングール(Popa langur)」(学名:Trachypithecus popa)と命名された。

 

発見されたポパラングール(Popa langur)は、ぼさぼさのグレーの毛、目の周りの白い輪が目立つ仮面のような顔と柔軟な体が特徴で、木の上で生活し、葉を主食にしている。

ポパラングール(Popa langur)

ポパラングール(Popa langur)

 

論文によると、ポパラングールは少なくとも100万年前から生息していたが、野生に現存する個体は200~250匹のみ。そのうち約100匹を擁する最大の個体群が、ポパ山麓に生息しているとしている。

 

ミャンマーの最大都市ヤンゴンにある環境保護団体フローラ・ファウナ・インターナショナル(FFI)の研究員で、今回の論文の責任著者であるフランク・モンバーグ(Frank Momberg)氏によると、ポパラングールは分布域全域において生息地の消失や狩猟の脅威にさらされている。専門家は、ポパラングールを「近絶滅種」に指定するよう勧告する予定といいます。

ポパラングール(Popa langur)

ポパラングール(Popa langur)

 

新種の発見に至った最初の証拠が発見されたのは自然の中ではなく、英ロンドン自然史博物館(London Natural History Museum)の研究室だった。遺伝子解析の結果、100年以上前に英植民地下のビルマ(ミャンマーの旧国名)で採取されたサンプルが新種発見につながった。

ポパラングール(Popa langur)

ポパラングール(Popa langur)

モンバーグ氏らが森で採取したポパラングールのふんのサンプルが、博物館に保存されていたものと一致したため、それまでは未知だったラングールの一種であるポパラングールが、現在も野生に生息していることが示された。

 

2018年にようやくポパラングールの姿が映像で捉えられ、その特徴的な毛の色合いや模様が明らかになった。体重8キロほどで、体毛は灰色がかった茶色で腹が白く、手と手首は手袋のように黒い。そして体よりも長く、1メートル近くある機敏な尻尾を持つ。

 

新種のサル「ポパラングール」ミャンマーで発見の動画!

新種のサル「ポパラングール」ミャンマーで発見の動画です。

 

ミャンマーで発見された新霊長類。


ー   New primate species discovered in Myanmar

ポパラングール
「今説明したように、ポパラングールはすでに絶滅の危機に瀕しています」とファウナ&フローラインターナショナルのフランクモンバーグは言います。

ロンドン自然史博物館がラングールの進化の歴史と種の多様性を調査したとき、ドイツ霊長類センター(DPZ)と保全NGOファウナ&フローラインターナショナル(FFI)の研究者は、他の非政府組織、大学、自然史博物館のパートナーと協力しましたミャンマーで。彼らの研究の結果、新しいラングール種であるポパラングールが説明されました。

 

すでに絶滅の危機に瀕しているミャンマーで新たに発見された霊長類。


Newly discovered Primate in Myanmar already facing extinction

すでに絶滅の危機に瀕しているミャンマーで新たに発見された霊長類
ミャンマーの人里離れた森で、科学に不慣れなサルが発見されました。

ポッパ山の故郷にちなんで名付けられたポッパラングールは、約200個体にまで絶滅の危機に瀕しています。

ハヌマンラングールは、東南アジアで見られる葉を食べるサルのグループです。新しく説明された動物は、その独特の眼鏡のような眼帯と灰色がかった色の毛皮で知られています。生息地の喪失や狩猟の危険にさらされています。

科学者たちは、野生のサルの糞から抽出されたDNAに基づいて、ミャンマーに新種があるのではないかと長い間疑っていましたが、証拠を見つけるのは困難でした。

進むべき情報がほとんどないので、彼らはロンドン、ライデン、ニューヨーク、シンガポールの自然史博物館に保管されている歴史的標本に目を向けました。

ビルマへの初期の探検家は、詳細に調べられたことのないサルの標本を収集しました。研究者たちは、DNAを抽出し、尾や耳の長さなどの身体的特徴を測定し、野生個体群と比較しました。

これにより、国の中心部の森林地帯にのみ見られる新種のポパラングールが明らかになりました。ほとんどは、ポッパ山の聖なる巡礼地の斜面にある野生生物保護区の公園に住んでいます。

新たに説明されたポパラングールは、すでに絶滅の危機に瀕しており、絶滅の危機に瀕しているため、残りの個体群を保護し、地域社会や民間セクターの利害関係者と協力して、その将来を守ることが絶対に重要です。

4つの孤立した個体群に生息する新種。過去10年ほどで、ミャンマーは科学者との国際協力を開始し、爬虫類、両生類など、科学に新しい種の発見につながりました。しかし、新しい霊長類はまれです。

 

まとめ

今回は、「新種のサル「ポパラングール」ミャンマーで発見の動画!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-自然

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビーチで海水浴を楽しむコアラ

ビーチで海水浴を楽しむコアラの動画!

ビーチで海水浴を楽しむコアラの動画です。オーストラリアでも屈指の人気観光スポットのビクトリア州のグレート・オーシャン・ロード(Great Ocean Road)沿いにあるアポロ・ベイ(Apollo B …

ガビアル

ワニの父親が100匹以上の子供を背中に乗せて移動する動画!

子だくさんワニ、100匹以上の子供を背中に乗せて移動する動画紹介。インドの川でワニが100匹以上の我が子を背中に乗せて移動する珍しい光景が撮影された。ガリアルは、北インド亜大陸に自生する細長い鼻のワニ …

インド・チェンナイのマリーナビーチに広がった泡の中で遊ぶ人々

インドで汚染でビーチに広がる泡の動画!

インドで 汚染でビーチに広がる泡が雲の上のようです。インドの泡のビーチの動画。泡は有毒であり、下水に含まれる汚染物質が海水と混ざり合い、波によって泡立つことが原因です。#Foam India spre …

な黄色いロブスター

黄色いロブスター発見。名前は「バナナ」!

米メーン州沖で、全身鮮やかな黄色をした希少なロブスターが捕獲され、「バナナ」と命名された。黄色い色は甲殻の色素に由来するもので、捕獲される確率は3000万分の1程度という。動画紹介。 な黄色いロブスタ …

アオミノウミウシ

南アフリカのビーチに打ち上げられた猛毒のアオミノウミウシの動画!

ビーチに打ち上げられた猛毒のアオミノウミウシの動画!南アフリカのビーチにて11月16日、ウミウシ類の“アオミノウミウシ”が大量に打ち上げられているのを近くに住むマリア・ワグネルさん(Maria Wag …