最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

自然

ワニの父親が100匹以上の子供を背中に乗せて移動する動画!

投稿日:

子だくさんワニ、100匹以上の子供を背中に乗せて移動する動画紹介。インドの川でワニが100匹以上の我が子を背中に乗せて移動する珍しい光景が撮影された。ガリアルは、北インド亜大陸に自生する細長い鼻のワニです。それらは国際自然保護連合(IUCN)により絶滅危惧種に分類されています。残りの世界人口の80%がインドのチャンバル川に住んでいます。

ガビアル

ガビアル

ワニの父親が100匹以上の子供を背中に乗せて移動する。

 

この写真はロンドン自然歴史博物館が主催する野生動物写真コンテスト「Wildlife Photographer of the Year competition」にエントリーされ、高い評価を受けている。『Select News 91』『The Sun』などが伝えた。

インドを拠点に活動する写真家のドリティマン・マッカージーさん(Dhritiman Mukherjee)は、インド北部に位置する国立チャンバル保護区を数週間かけて撮影のために巡回していた。その際に我が子を運ぶガビアル(Gavial  crocodile)という種類の雄のワニに遭遇してシャッターを切った。

 

その写真には、ワニが自分の子供100匹以上を背中に乗せて移動する驚きの光景が写っていた。ロンドンの自然歴史博物館で爬虫類専門のキュレーターを務めるパトリック・キャンベルさん(Patrick Campbell)は「通常ワニは子供を自分の口の中に入れて運びます」と語っている。

 

さらにパトリックさんは「しかし今回撮影されたガビアルという種類のワニは、鼻口部の形が他のワニと異なるので口に入れて運ぶことは不可能なのです。そのためガビアルの子供達は親の頭の上や背中にしがみついて運ばれるのです」と説明した。

 

ガビアルの雄は鼻先に球体のコブが付いているのが特徴で、この部分は“ガーラ”と呼ばれる。繁殖シーズンにはガーラを使って大きな鳴き声を出したり泡を吹いたりして雌ワニを誘う。

ドリティマンさんは「この見事なワニは100匹以上の子供を授かるために7、8匹のメスと交尾しなければならなかったはずです」とコメントしており、立派なガーラを持つ今回撮影されたワニは繁殖に大成功したようだ。

この写真は、ロンドンの自然歴史博物館が主催する野生動物写真コンテスト「Wildlife Photographer of the Year competition」の候補作品の一つとなり、高い評価を受けている。このコンテストは総数5万点の作品がエントリーし、今回のワニの写真を含む高評価を得た合計100点の作品の中から入賞作品が選ばれる。

10月13日に大賞作品やカテゴリー別の優秀作品が発表される予定。

ワニの父親が100匹以上の子供を背中に乗せて移動する画像!

 

ワニが自分の子供100匹以上を背中に乗せて移動

ワニが自分の子供100匹以上を背中に乗せて移動

 

ガビアルワニが父親が子供を運ぶ動画

ガリアルの最後のチャンス-ガリアルエコロジープロジェクト、カンバル


Last Chance for Gharial – Gharial Ecology Project, Chambal

ガリアル(Gavialis gangeticus)は、南アジアの川に生息する絶滅危惧種のワニです。

2007年から2008年に大量の死者が発生したチャンバル川に生息する唯一の生存可能な自立した人口。

Gharial Conservation Allianceの支援により、これらのガリアルの生態学的研究(2008-2013)が国立シャンバル保護区(NCS)で実施され、テレメトリを使用して、ダイオフに関連し、彼らの行動に重要な彼らの動き、活動、行動を記録しました保全。

今日までの結果は、ガリアの空間的な生息地の使用と季節の移動パターン、さらに社会構造と繁殖生物学に関する新しい情報を明らかにしています。

このプロジェクトは、世界で初めて、自然の河川生息地に残っている野生のガリアを保護するための科学に基づく保全活動の生物学的基盤を提供します。

トレーニング/教育コンポーネントは、一緒に暮らす川民の間でこの素晴らしい種の認識を高めます。

マドラスクロコダイルバンクトラスト/センタージェフラング博士
アメリカ、クライド・ピーリングのレプティランドが編集したビデオ。

 

ブロンクス動物園でのガリア保護。


ー  Gharial Conservation at the Bronx Zoo

ニューヨーク州ブロンクス– 2017年4月5日– WCS(Wildlife Conservation Society)ブロンクス動物園は、最近8つのインドガビアル(Gavialis gangeticus)をJungleWorldの川の生息地に追加し、ニューヨークの春休みに間に合うようにデビューしました市。ブロンクス動物園が1992年以来この種を展示したのはこれが初めてです。

ジャングルワールドは1985年にオープンし、ブロンクス動物園のマーキー展示の1つです。受賞歴のある屋内アジアの熱帯雨林で、複数の種の生息地があり、ゲストに完全な没入体験を提供します。

ガリアルは、北インド亜大陸に自生する細長い鼻のワニです。それらは国際自然保護連合(IUCN)により絶滅危惧種に分類されています。残りの世界人口の80%がインドのチャンバル川に住んでいます。これは、種の最後の拠点です。

WCSは1970年代からインドのガリア保護プロジェクトを支援しており、マドラスクロコダイルバンクトラストセンターフォーハーペトロジー(MCBT)が管理するガリア保護アライアンスを通じてガリアルテレメトリプロジェクトを後援しています。シャンバル保護区のガリアルの保護と研究を通じて、科学者たちは、これらの進化的にユニークなワニが環境と彼らが直面する脅威をどのように使用するかをよりよく理解できるようになりました。さらに、プロジェクトは種の主要な摂食、営巣、繁殖地域を特定しました。

ジャングルワールドの8つのガリアルはMCBTで孵化し、進行中の保全パートナーシップの一環としてブロンクス動物園に連れて行かれました。

まとめ

今回は「ワニの父親が100匹以上の子供を背中に乗せて移動する動画!」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-自然

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「真っ黒」な深海魚

「真っ黒」な深海魚 可視光吸収99.5%超の動画!

「真っ黒」な深海魚 可視光吸収99.5%超 人工素材に応用期待と米チームが発表。この深海魚の特徴は、体表近くの細胞には黒いメラニン色素が入った袋状の小器官「メラノソーム」がびっしり詰まっており、光を吸 …

バスサイズの小惑星

2020年9月24日バスサイズの小惑星が地球を通過!

スクールバスサイズの小惑星が2020年9月24日地球を通り過ぎて接近し、衛星の下をくぐります。再び来訪するのは、小惑星は2041年まで地球の近隣に戻りません。#Bus-sized asteroid t …

海嘯(かいしょう)

中国・銭塘江で潮流が逆流する自然現象「海嘯」(かいしょう)!

中国・銭塘江で潮流が逆流する自然現象「海嘯」が発生しました。中国で、海から川へと潮の流れが逆流する海嘯(かいしょう)という現象が起き、川の周辺で津波のような大きな波が見られました。 海嘯(かいしょう) …

ヨセミテ国立公園がオレンジ色

ヨセミテ国立公園がオレンジ色に染まって不気味な動画!

カリフォルニア山火事、ヨセミテ国立公園がオレンジ色に染まって不気味な姿になっている動画紹介。#Yosemite National Park dyed orange ヨセミテ国立公園がオレンジ色 目次1 …

アオジタトカゲ

ツチノコに似たアオジタトカゲの動画!

ツチノコに似たアオジタトカゲの動画やツチノコの解説動画です。日本に住むとされているUMA(未確認動物)で、古くから各地で多くの目撃情報がある。その姿は、胴体の太い蛇のようだといわれている。 アオジタト …