最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

アルツハイマー型認知症の元バレリーナ『白鳥の湖』を舞う!

投稿日:

「音楽が記憶を呼び起こす」アルツハイマー型認知症の元バレリーナスペイン、バレンシア出身の元バレリーナ、マルタ・C・ゴンサレスさん(Marta C. Gonzalez)、『白鳥の湖』を聞いて魂の舞い(スペイン)を披露。# Alzheimer’s remembers routine to Swan Lake

バレリーナ、マルタ・C・ゴンサレス

バレリーナ、マルタ・C・ゴンサレス

目次

アルツハイマー型認知症の元バレリーナ『白鳥の湖』を舞う!

アルツハイマー型認知症を患い、ケアホームで車椅子の生活をしていた元プリマ・バレリーナのスペイン、バレンシア出身の元バレリーナ、マルタ・C・ゴンサレスさん(Marta C. Gonzalez)がチャイコフスキーのクラシック・バレエの最高傑作『白鳥の湖』を聞き、まるで現役の頃の記憶が蘇ったかのように踊り出した。

バレリーナ、マルタ・C・ゴンサレス

バレリーナ、マルタ・C・ゴンサレス

 

そんな元バレリーナの美しい舞いを捉えた動画が、人々に感動を与えて拡散している。

バレリーナ、マルタ・C・ゴンサレス

バレリーナ、マルタ・C・ゴンサレス

 

「音楽の力が過去の輝かしい記憶を呼び起こす」―そんなことを実感させてくれる、スペイン、バレンシア出身の元バレリーナ、マルタ・C・ゴンサレスさん(Marta C. Gonzalez)の動画が撮影されたのは昨年のことだった。

 

マルタさんはスペインからキューバに移住したことがきっかけでバレエを学び、1960年代には「ニューヨーク・シティ・バレエ団(NYCB)」でプリマ・バレリーナとして活躍した。しかし晩年は認知機能が低下していくアルツハイマー型認知症と闘い、動画が撮影された後に故郷でその生涯を閉じた。

バレリーナ、マルタ・C・ゴンサレス

バレリーナ、マルタ・C・ゴンサレス

 

そんなマルタさんが車椅子に座ったまま踊る『白鳥の湖』は、最近になってスペインで音楽セラピーを推進する非営利団体「Musica para Despertar」や、アルツハイマー型認知症の支援団体「Alzheimer’s Society」などのSNSでシェアされたことで拡散。

 

動画ではケアホームでヘッドフォンを付け、現役の頃に何度も耳にしたであろう『白鳥の湖』に耳を傾けるマルタさんが映し出される。

バレリーナ、マルタ・C・ゴンサレス

バレリーナ、マルタ・C・ゴンサレス

曲に合わせて右手をゆっくりと動かし、静かに目を閉じるマルタさん。その様子は瞑想しているようでもあり、感情の高ぶりを抑えているようにも見える。

 

しかしサビの部分になると、プリマ・バレリーナの頃の記憶が呼び覚まされたのであろう。マルタさんは車椅子に座ったまま白鳥になって舞い、美しく切ない動きを手で柔らかに表現し始める。そしてストーリーに合わせるようにマルタさんの表情にも陰りが現れる。

 

『Classic FM』によると、マルタさんがNYCBで『白鳥の湖』を踊ったのは50年以上も前の1967年のことで、この動画の撮影直後には「非常に感傷的になってしまった」と様々な感情が交錯していたことをスタッフに伝えたという。

 

マルタさんのこの魂の舞いは、スペインの俳優アントニオ・バンデラスや米女優ジェニファー・ガーナーなどがSNSでシェアしる。

 

「音楽の力は計り知れない」「私の父も同じ病気。でもビートルズの曲は覚えているんだ」「輝かしい過去の記憶が、音楽によって蘇る。

 

なんて素晴らしいんだろう」と音楽の素晴らしさを共感する声とともに、「彼女こそ真のバレリーナ」「魂を揺さぶられた」「私まで感情的になってしまった」「悲しくも、美しい」といったマルタさんのバレリーナとしての芸術性や情熱を称える声が数多く寄せられている。

アルツハイマー型認知症の元バレリーナ『白鳥の湖』を舞う動画。

 

アルツハイマー病のバレリーナが白鳥の湖を聞き、踊り始める。


Ballerina with Alzheimer’s hears swan lake, begins to dance

 

アルツハイマー病の元バレリーナがチャイコフスキーに耳を傾け、すべてが戻ってきます。


Former ballerina with Alzheimer’s listens to Tchaikovsky, and it all returns.

組織を破ります。

NYCプリマバレリーナマルタC.ゴンザレスバレンシアはアルツハイマー病に苦しんでいます。

彼女は白鳥の湖に耳を傾け、それはすべて彼女に戻ってきます…

 

 

まとめ

今回は、「アルツハイマー型認知症の元バレリーナ『白鳥の湖』を舞う!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

泣きじゃくる4歳の弟をなだめる6歳兄

泣きじゃくる4歳の弟をなだめる6歳兄の動画!

米カリフォルニア州在住の3児の母アシュリー・ミッシェルさん(Ashley Michelle)が2021年315日、Twitterに投稿した泣きじゃくる4歳の弟をなだめる兄の「息を大きく吸って!」が愛ら …

レイチェル・キャリー

処方薬で皮膚が爛れた女性「スティーヴンス・ジョンソン症候群」!

アメリカテキサス州ダラス在住のレイチェル・キャリーさんは、処方薬で全身の皮膚が爛れた女性が」「数千匹のヒアリに噛まれたような痛み」を訴えています。鏡で顔を見た時はそれが自分だと認識できないほどでした。 …

二階俊博幹事長

二階自民幹事長と中国対日政商の関係そして強引に派閥拡大!

二階自民幹事長といえば親中議員で知られます。その二階氏の中国対日政商の関係と強引に派閥拡大を行っている現状について。 二階俊博幹事長 目次 二階自民幹事長と中国対日政商の関係そして強引に派閥拡大! 二 …

高齢者が事故を起こした場合の注意事項6項目を紹介します。必見です!

高齢者が事故を起こした場合、予期せぬできごとでもあり、戸惑ってしまいます。損害保険代理店を10年以上営業していた経験をもとに、高齢者が、万が一事故の当事者になってしまった場合の注意事項5項目を紹介しま …

岡田教授

岡田晴恵氏「発熱外来でPCR検査を」岡江久美子さん身をもって教えてくれた。

岡田晴恵氏「岡江さんはショックだった」…放射線治療者らを救うためにも、「発熱外来でPCR検査を」と持論を主張。クラスターを追うより民間検査機関を利用してPCR検査の間口を広げるべきだったのではと指摘し …