最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

将棋

第61期王位戦木村一基王位・藤井聡太七段7番勝負第3局棋譜。

投稿日:2020年8月6日 更新日:

第61期王位戦木村一基王位対藤井聡太棋聖7番勝負第3局二日目終局結果速報。将棋の最年少棋士・藤井聡太棋聖が8月4日、5日の二日間にて木村一基王位と王位戦七番勝負第3局の2日目終局の講評と棋譜です。結果は、149手で先手の藤井棋聖が勝ち、3連勝で奪取にあと1勝としました。

藤井聡太棋聖

藤井聡太棋聖

王位戦木村一基王位・藤井聡太七段7番勝負第3局講評

木村王位

木村王位

 

将棋の最年少棋士・藤井聡太棋聖が8月4日、5日に実施。木村一基王位と王位戦七番勝負第3局の2日目終局結果です。

 

第61期王位戦七番勝負の第3局が4日午前9時よりに神戸市北区で実施され翌日5日に終局しました。

 

結果は、149手で先手の藤井棋聖が勝ち、3連勝で奪取にあと1勝としました。

 

第4局に勝てば、二冠を獲得して八段に昇段。いずれも18歳0カ月の最年少記録を達成です。

 

これまでの最年少二冠は1992年、羽生善治九段(49)が王座と棋王を保持した時の21歳11カ月。最高の九段に次ぐ八段昇段は58年、加藤一二三・九段(80)の18歳3カ月となっている。

 

開幕から2連勝の藤井棋聖が二つ目のタイトル奪取にあと1勝と迫るか、木村王位がシリーズ1勝目を挙げて初防衛への足がかりを築くか。重要な第3局でした。

 

ここまで2連勝の藤井棋聖は、本局に勝利すれば最年少でのタイトル二冠に王手をかける。

 

両者はこれまでに2回対戦があり、藤井棋聖の2勝0敗です。今期王位戦で挑戦者の藤井棋聖が開幕から2連勝しています。

 

注目の王位戦第3局の1日目は、戦型は矢倉模様に進んでいきました。

 

藤井棋聖にとって矢倉は、初タイトルを獲得した第91期棋聖戦五番勝負でも4局中3局で経験済みの戦型です。

 

一方、木村王位にとって矢倉は、主力戦法と言えます。「木村の矢倉」という著作シリーズもあるくらいです。

 

戦型は、第1局は角換わり。第2局は相掛かりでした。本局では相矢倉へと進んでいきます。

 

4日の藤井棋聖の指し手について、棋士の山口恵梨子女流二段が藤井棋聖が「土居矢倉」と呼ばれる戦前に流行った囲いに、雀刺しと呼ばれる、やはり昭和に流行ったという攻めを見せたことを語りました。

藤井棋聖は「1八飛」を置き、香車と飛車が縦に並ぶように配置。

 

この列に角も絡むようにした攻めを「雀刺し」というといい、「昭和に流行して、平成には廃れた。ちょっと単調すぎると」と語った。

 

5日に入り、持ち時間各8時間のうち、初日の消費時間は藤井が4時間12分、木村3時間34分。2日目となる5日の残り時間は藤井3時間48分、木村4時間26分。

 

矢倉に組み合った前日を受け、2日目の午前中はしばらくお互い自陣に手を入れる展開が続いた。

 

午後0時30分からの1時間の昼食休憩を取った後、午後2時33分、藤井が先手3五歩と攻め合いに持ち込んだ。以下、藤井が攻めをつなげている。

 

 

第4局は19、20日に福岡市で行われる。7番勝負で、先に4勝を挙げた棋士に「王位」の称号が与えられる。

 


第61期王位戦七番勝負第3局2日目  藤井聡太棋聖 VS 木村一基王位 16時時点での形勢速報

二日目は、受け師・木村王位の守りを、藤井棋聖がじっくりと攻め崩す展開。「早囲いを目指す感じでやろうかなと思ったが、その後の手がまずくて失敗したかなと。自信のない展開でした」。

それでも木村王位が1時間4分の長考で指した手から形勢を損ねると、藤井棋聖が一気に優勢に立った。

終盤になって木村王位に一時、形勢が傾いたが「寄せに行ったときに誤算があって、負けにしてしまったのかもしれないなと思った」と再逆転を決めて、マスク越しにホッとした様子。

一方、カド番に追い込まれた木村王位は「じりじりとした展開に持っていければと狙ってはいたが、ちょっと一方的に待つ展開になり、攻められっぱなしで、つまらなくしてしまった」。

終盤の粘り腰には「あきらめてはいけないと思っていたが、あそこではつらい展開でした。もしチャンスがあったとしたら、よくなかったですね」と残念そうに話した。

王位戦木村一基王位・藤井聡太七段7番勝負第3局棋譜

王位戦木村一基王位・藤井聡太七段7番勝負第3局棋譜(終局)全指し手。


将棋対局速報▲藤井聡太棋聖ー△木村一基王位 第61期王位戦七番勝負 第3局[矢倉] 等々


第61期王位戦七番勝負 第3局 ▲藤井聡太棋聖 − △木村一基王位【将棋棋譜】

 

自宅で学べる将棋オンライン道場

初段になれば、人生が変わります!
初段は縁台将棋では敵なしの強さです。
自己紹介で「将棋初段です」と言えます!
初段になれば更に将棋の奥深さに気づけます。
初段になれば将棋本来の楽しさが理解できるようになります。
初段になれば将棋から人生を学べます。
だから~~~
初段になれば、人生が変わります!

自宅で学べる将棋オンライン道場「段位見極めサポート」

自宅で学べる将棋オンライン道場「初段獲得コース」

自宅で学べる将棋オンライン道場「二段獲得コース」

※特典:ネット道場(無料)で指導対局。

まとめ

今回は「第61期王位戦木村一基王位・藤井聡太七段7番勝負第3局棋譜」というテーマでお送りしました。

関連記事

第61期王位戦木村一基王位・藤井聡太七段7番勝負第3局棋譜(1日目)

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-将棋

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

藤井猛九段

藤井システムとは何か、誕生秘話や開発者藤井猛九段による解説!

藤井システム四間飛車の一種で、プロ棋士の藤井猛9段が考案したものです。この藤井システムの考案により藤井猛9段は1997年の将棋大賞の升田幸三賞を受賞しています。指しこなすのはプロでも非常に難しく「藤井 …

谷川浩司九段

谷川浩司九段伝説の「角不成」解説。 大山康晴十五世名人も驚嘆35手詰!

1983年7月19日の対・大山康晴戦(王位リーグ)で、大山の玉を詰ます手順の中で打ち歩詰め回避の角不成(99手目▲4三角引不成)という、まるで作った詰将棋のような手を指して勝っている。大山康晴十五世名 …

菅井竜也八段

第79期順位戦A級2回戦豊島将之竜王VS菅井竜也八段対局棋譜。

9月15日実施の第79期順位戦A級2回戦豊島将之竜王VS菅井竜也八段対局の講評と棋譜です。結果は、菅井竜也八段が前名人の豊島将之竜王を下してA級初勝利を挙げました。 豊島将之竜王 目次1 第79期順位 …

藤井二冠

第79期順位戦B級2組3回戦藤井聡太棋聖・鈴木大介九段棋譜。

7月29日実施の第79期順位戦B級2組3回戦藤井聡太棋聖対鈴木大介九段の対局の講評と棋譜です。 藤井聡太七段 目次1 第79期順位戦B級2組3回戦藤井聡太棋聖・鈴木大介九段対局講評2 第79期順位戦B …

豊島将之竜王・名人

第78期将棋名人戦七番勝負豊島将之名人対渡辺明二冠第5局対局棋譜

第78期将棋名人戦七番勝負豊島将之名人対渡辺明二冠第5局対局(最終)の講評と棋譜。第78期名人戦第5局は、渡辺 明二冠が勝ちました。 豊島将之名人 目次1 第78期将棋名人戦七番勝負豊島将之名人対渡辺 …