最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

中国で『新型ブニヤウイルス』が出現!特徴を徹底解説。

投稿日:

中国で今度は『新型ブニヤウイルス』が出現してしまう! 60人が感染し、7人が死亡する事態になっています。『新型ブニヤウイルス』(血小板減少症候群(SFTS))とは何かを徹底解説。

新型ブニヤウイルス

新型ブニヤウイルス

『新型ブニヤウイルス』とは何か

ダニ

ダニ

『新型ブニヤウイルス』とは、血小板減少症候群(SFTS)と呼ばれます。

 

『新型ブニヤウイルス』は、重度の発熱を伴い、中国ではSFTS(新型ブニヤウイルス)の症例数が年々増加しています。

 

 

2009年に、血小板減少症候群ウイルス(SFTSV)を伴う重症熱と名付けられた新規ウイルスが、中国中央部の湖北省河南省農村地域で最初に特定されました。

2011年から2016年にかけて、確認されたSFTS症例が報告され、年間の症例数は年々増加しています。

SFTSVは、血小板減少症(SFTS)を伴う重度の発熱を引き起こす可能性があり、この疾患が最初に発見されたときのSFTSの平均致死率は約30%でした。

 

新型ブニヤウイルスの発症年齢

ほとんどのSFTS症例は40~80歳(91.57%)の個人で発生しましたが、異なる年のSFTS症例の年齢分布は有意に異なり、年齢の中央値は年々わずかに増加しました。

 

ほとんどのSFTS症例は、40歳から80歳の個人で発生しました。

 

2011年から2016年までのSFTS症例の年齢の中央値は、それぞれ61歳、60歳、62歳、61歳、63歳、63歳でした。

ほとんどのSFTS症例は40歳から80歳の間でしたが、異なる年の症例の年齢分布は有意に異なり、年齢の中央値はわずかに増加しました。

 

高齢者は免疫機能が低下し、慢性疾患との併存症が発生した可能性があります。

 

彼らがSFTSVに感染している場合、彼らは重度の疾患を得る可能性があります。

 

それにより、より多くの高齢者の症例が特定された。

一般的に、地方の若者はお金を稼ぐために都市に行き、春の祭典のために故郷に戻ります。その結果、3月から11月の間の農村地域の居住者の大半は高齢者です。

さらに、高齢者の間でのSFTSVの高い有病率は、SFTSVが新しいウイルスであり、免疫率がそれらの間でそれほど高くないことを示しています。

 

『新型ブニヤウイルス』の症状

『新型ブニヤウイルス』(SFTS)の症状です。

SFTSの臨床症状には、発熱、疲労感、悪寒、頭痛、リンパ節腫脹、食欲不振、吐き気、筋肉痛、下痢、嘔吐、腹痛、歯肉出血、結膜充血などがあります。

 

SFTS患者の一部は自己制限的な臨床経過を経験しますが、一部の患者は多臓器不全のために死亡します。

 

さらに、SFTSの臨床症状はそれほど特異的ではなく、ハンタウイルスによって引き起こされる腎症候群を伴うヒトアナプラズマ症および出血熱と区別する必要があります。

 

2009年にSFTSVが特定された後、 SFTSまたはSFTSのような患者が韓国、日本、アラブ首長国連邦、および米国で報告されていることが確認されていますが、ほとんどのSFTS症例は2016年の時点で中国で報告されています。

 

2011~2012年に、中国東部および中部の206を超える郡でSFTSの129人の死亡が報告されました。

 

発熱(38.0℃以上)やその他の症状(例、消化器症状、出血)、疫学的危険因子(農家である、または発症の2週間前にマダニに曝されている)、および血小板減少症などが大投資ます。

『新型ブニヤウイルス』の場所

発症場所は、SFTS症例の大部分は農家でした。

 

異なる年のSFTS症例の職業分布は類似しており、症例の大部分は農村地域に住んでいる農家でした。

 

SFTSVはHaemaphysalis longicornisのダニによって伝染すると考えられているため15、農村部のダニの密度が高く、農家の屋外活動が多いことが結果に寄与している可能性があります。農民はSFTSの防止のための主要な人口です。

 

新型ブニヤウイルス平均致死率

最初に発見されたときのSFTSの平均致死率は約30%でした。

2011年から2016年の間に中国で合計343人の死亡が報告されており、平均致死率は6.40%でした。

農村住民は通常、村や町の地元の病院や外来診療所を訪れます。

これらの病院には、SFTSV感染を特定して治療する機能はありません。

彼らは、さらなるケアのためのより良い設備を備えた病院のために都市部に行かなければなりません。

ほとんどの病院にはSFTSVを検出する能力がなく、ほとんどのサンプルは検査のために市の疾病管理および予防(CDC)または州のCDCに送られます。

死亡率は2011年から2016年に減少しましたが、2016年も非常に高いままでした。

SFTSの致命的な結果に関連する要因の分析では、異なる年および異なる州の症例の死亡率は有意に異なっていました。

SFTS症例数の多い州では、死亡率が低くなっています。

たとえば、河南省はSFTS症例数が最も多く、死亡率が最も低かった。

1つの理由は、これらの州の医師はSFTSを治癒する経験が豊富であるため、これらの州では症例が治癒する可能性が高いためです。

もう1つの理由は、これらの州で検出機能が開発されていることです。

これらの州では、重症例だけでなく軽症例も確認されています。

その結果、より多くの症例が確認され、これらの州では死亡率は低かった。高い死亡率は、SFTSの効果的な治療法を研究することが急務であることを示唆しています。

 

感染者数、地域

発症地域

発症地域

SFTSの数は年々増加していることがわかりました。 2つの要因が結果に寄与している可能性があります。

 

第1に、SFTSVは人間、小さな哺乳類、マダニ、またはを介してより多くの地域に広まった可能性があります。

 

したがって、より多くの地域の人々がSFTSVに感染する機会があり、より多くのSFTS症例が発生しました。

SFTSVは、河南省と湖北省で最初に特定され、その後、安徽省、山東省、江蘇省、浙江省、および遼寧省で特定されました。

これまでのところ、SFTS事件の圧倒的多数は、すべて中国の中央部に位置するこれら7つの省で報告されました。

これら7つの州の天候は、マダニの生存と繁殖、およびSFTSVの伝染に適していると推測されます。

 

第二に、SFTSVが特定されたとき、一部の医師はSFTS診断の経験を欠いていた。

 

一部のSFTSケースは誤診され、報告されたケースは氷山の一角にすぎませんでした。

 

死亡率が高いため、保健省はより多くの注意を払い、SFTSの診断と対応の能力を向上させるためにいくつかの措置が講じられました。

 

たとえば、2014年に疾患管理および予防のためのすべての市立センターは、浙江省でSFTSVの検出方法を確立しました。

 

診断および検出能力の向上は、報告されたSFTS症例の数に影響を与える可能性があります。

新型ブニヤウイルスの感染対策

 

人々は、流行期にダニが存在する丘陵地帯に行くことを避けなければなりません。

 

これらのエリアに行く必要がある場合は、明るい色の服を着て、これらのエリアを離れるときにダニが噛むかどうかを確認する必要があります。

 

第2に、SFTS流行地域の病院は、SFTSV検出の能力を向上させる必要があります。

 

これは、SFTS患者の早期診断と死亡率の低下に役立ちます。最後に、流行期の流行地域のダニの密度を減らすためにいくつかの対策を講じる必要があります。

『新型ブニヤウイルス』動画


ー【新布尼亞病毒內地爆10%死亡率 · 蜱蟲/蝨/人傳人】行山露營人士小心/症狀/如何防禦?/New Bunyavirus/YY時事


中国で「新型ブニヤウイルス」7人死亡・・・60人が感染(20/08/04)

 

まとめ

今回は「中国で『新型ブニヤウイルス』が出現!特徴を徹底解説。」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

麻生太郎財務大臣

集団感染が発生したクルーズ船問題で麻生節を炸裂「割を食っているのは日本じゃねえか」

中国発の新型コロナウイルスをめぐり、麻生太郎副総理兼財務相が核心を突くような「麻生節」を炸裂(さくれつ)させた。日本を悪もの扱いにした中国当局の情報発信に疑問を投げかけ、集団感染が発生したクルーズ船の …

荒川決壊「赤羽駅」水没シミュレーション

西日本レベルの雨が東京を襲撃、荒川決壊「赤羽駅」水没シミュレーション動画。

西日本レベルの雨が東京を襲ったら荒川決壊で「赤羽駅」水没というシミュレーション動画紹介。西日本を襲った2020年の大豪雨は、死者・行方不明者が200人を超える大惨事をもたらした。 荒川決壊「赤羽駅」水 …

no image

オンライン帰省と8割削減のために示した「10のポイント」根拠

阿部首相は、4月22日3月末の3連休で一気に感染が拡大した事例をあげ、4月末からの大型連休中の対応策の一つとして「ビデオ通話を使用したオンライン帰省」会見で述べた。併せて、政府専門家会議が8割削減のた …

東日本大震災

東日本大震災追悼式 終了「国がやらなくても我々は続ける」に失望の声も!

毎年3月に政府主催で実施していた東日本大震災追悼式の 終了を、21日の閣議で来年の 追悼式を最後に終了することを決定。かつては天皇陛下も出席されたこともある東日本大震災追悼式のは来年で最後となることに …

引きこもりの子

8050問題の原因は、引きこもりとセルフネグレクト(自己放任)の深刻化です。

今、8050問題が深刻の一途をたどり、50代の引きこもりが増加し、中には80代の親がなくなり、残された子供が セルフネグレクト(自己放任)に陥るほどの深刻化する例も出ています。社会がしっかりこの805 …