最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

映画

ピートハミルが死去、プロフィールや作品など!

投稿日:

ピートハミル、伝説のニューヨークの新聞記者、85歳で死去。「幸福の黄色いハンカチ」原作者でもあります。ピートハミル(Pete Hamil)は、アメリカ人ジャーナリスト、小説家、エッセイスト、編集者、教育者です。

ピート・ハミル

ピート・ハミル

ピート・ハミル氏が85歳で死去

ピート・ハミル

ピート・ハミル

 

米著名作家のピート・ハミルさんが5日、ニューヨーク市内の病院で死去した。85歳だった。1日に転倒して骨折、入院中だった。腎臓疾患などが死因。米メディアが伝えた。

 

山田洋次監督の名作「幸福の黄色いハンカチ」(1977年)の原作者としても知られ、日本でもファンが多かった。

 

ハミルは水曜日にブルックリンで亡くなり、彼の兄弟であるデニスハミルはニューヨークタイムズに語った。

 

彼は人工透析から戻った後、土曜日に自宅で転倒し、メソジスト病院で集中治療を受けていた。

ピート・ハミル

ピート・ハミル

 

ハミルは秋に右腰を骨折した後、2020年8月5日、85歳でニューヨーク長老派ブルックリンメソジスト病院で死亡しました。

短編集「ニューヨーク・スケッチブック」など多数の長編小説、短編小説を執筆した。

 

87年にジャーナリストの青木冨貴子さんと結婚した。ニューヨークの地元紙などで記者やコラムニストとしても活躍した。ニューヨークを舞台にした作品が多い。

 

ポスト、デイリーニュース、ビレッジボイス、ニューズデーのコラムニスト、脚本を執筆し、シャーリーマクレーンとデートしました。

 

 

ハミルは、半世紀以上にわたってニューヨークの文学の主役でした。ページ上で彼の主題を生き生きと表現する際に、彼はポスト、デイリーニュース、ビレッジボイス、ニュースデーのコラムを書きました。 (彼はまた、Post and Daily Newsで編集長を務めていた。)

彼はベトナム、レバノン、ニカラグア、北アイルランドでの戦争について書き、1960年代のアメリカの都市の内乱を取り上げましたが、ハミルは定期的にニューヨーカーを動かしたものを捕らえたことで最もよく知られていました。

ピート・ハミル

ピート・ハミル

彼は、現実的な視点とシンプルでわかりやすい散文で読者に心を奪われました。

 

ピート・ハミル

ピート・ハミル

 

「ピートは労働者階級のニューヨークの本物の声です」と著者のピーター・クインはジャーナリストの2007年のCBSニュースのプロフィールで言った。

 

「アイルランドの雄弁さとブルックリンのリアリズムを組み合わせることで、彼はすべての色の移民の声と都市全体の良心を務めました。」

 

カリスマ的なハミルはまた、ハリウッドに夢中になり、フランクシナトラと友達になり、シャーリーマクレーン(そしてジャクリーンケネディオナシスも)とデートしました。

 

ハミルは、ステイシー・キーチとハリス・ユーリンをそれぞれ最前線の弁護士であるドク・ホリデイワイアット・アープとして主演した修正主義西洋人、ドク(1971)の脚本を書いた。

ピート・ハミル

ピート・ハミル

 

彼はまた、ロバート・デュヴァルを主演させた犯罪スリラーであるバッジ373(1973)を共同執筆し、フレンチコネクションII(1975)に無断で書き直しました。

これらの映画は、ニューヨークの警官エディ・イーガンの「エクスプロイト」に触発されました。

 

彼はいくつかのテレフィルムにクレジットを書いていて、8月の彼の小説「Flesh and Blood」、「The Gift and Snow」はテレビ映画に採用されました。

 

ハミルはまた、バッジ373とマイケルマンのインサイダー(1999)でレポーターとして登場し、アベルフェラーラのキングオブニューヨーク(1990)とロンハワードのペーパー(1994)に出演し、エクスポーズド(1983)やワンなどの他の映画にも出演しました。晴れた日(1996)もあります。

 

1975年、ボブディランのブラッドオンザトラックスにライナーノーツを書いたグラミー賞を受賞。

 

ハミルは親友であるロバートF.ケネディ上院議員に大統領選挙に出馬するよう説得し、キャンペーンに参加し、それもカバーした(このミックスは「ジャーナリストとしてのひどい間違い」だったと彼は言った)。

 

1968年6月5日、ケネディが射殺されたとき、彼はロサンゼルスのアンバサダーホテルのキッチン通路にいて、ガンマンシルハンシルハンの武装解除を手伝いました。

ピート・ハミルのプロフィール

ピート・ハミル

ピート・ハミル

 

ニューヨーク市のジャーナリストとしての彼のキャリアの中で、彼は「ニューヨーク市の政治とスポーツの特定の風味とその犯罪の特定の哀れみを捉えようとしたコラムの著者」と説明された。

New York PostおよびNew York Daily Newsの編集者。ハミルは、コラムニストのジミーブレスリンとともに、当時ニューヨークで最も有名な2人のストリートコラムニストと見なされていました。

 

ピート・ハミルは、1935年6月24日に生まれたハミルは、北アイルランドのベルファストから来たカトリック系移民であるビリーハミルとアンデブリンの7人の子供たちの中で最年長でした。

北アイルランドのベルファストからのカトリック移民の7人の子供の長男であるピートハミルは、ブルックリンのパークスロープセクションで生まれました。

 

彼の父親は、1920年代と第二次世界大戦後の工場で蛍光灯の照明器具を製造した後、怪我で足を失ったセミプロサッカー選手でした。

 

1949年、ハミルはマンハッタンにある、学費のかからない名門のレジス高校に受け入れられましたが、16歳で2年目の終わり近くに残り、ブルックリン海軍工廠の見習い板金労働者になりました。

 

仕事の後、彼は漫画家とイラストレーター学校の夜のクラスに出席しました。 (彼は漫画本を描きたかった、そして彼の初期のヒーローはテリーと海賊の創設者であるミルトンキャニフであった。)

 

彼は1952年にアメリカ海軍に入隊し、勤務後、G.I。メキシコシティで1年間絵画を学びました。

 

1960年、彼は怒りの手紙をポストに書いた。編集者は彼の熱意が好きで、ハミルにナイトサイドの記者としてトライアウトを与えました。

 

1962?63年の作家のスト中に、彼はフリーランスの雑誌で働いた後、1963年にサタデーイブニングポストの外国特派員としてヨーロッパに移りました。

 

1年の海外滞在後、ハミルは米国に戻り、ニューヨークヘラルドで特集記者を務めました。 1965年、ポストに復帰した後、彼は最初のコラムを書きました。

 

1989年にドナルドトランプが新聞の全紙に広告を掲載し、セントラルパークファイブのレイプ事件で逮捕された5人の男性の死刑を求めた(5人全員が結局有罪判決が撤回されることになる)と、ハミルはポストに書いた。

ピート・ハミル

ピート・ハミル

 

彼の母親は家庭、看護師の補佐、ワナメーカーのデパート、RKOシアターチェーンで働いていました。

 

彼の父、ビリーハミルは、ブルックリンでのセミプロサッカーの試合で負傷の結果、足を失いました。

 

 

ハミルの母親であるベルファストの高校を卒業したアンデブリンは、1929年に株式市場が暴落した日にニューヨークに到着しました。

 

ビリーハミルは1933年にアンデブリンに会い、翌年に結婚しました。ビリー・ハミルは、食料品店員として、戦争の工場で、後に照明器具を製造する工場で仕事をしていました。

 

アンハミルはワナメーカーのデパートで雇用され、RKO映画チェーンの家庭用、看護師補佐、およびレジ係としても働いていました。ハミルの兄弟デニスもデイリーニュースのコラムニストになった。

 

ハミルはイエスの聖なる名前の文法学校に通い、11歳のときにブルックリンデイリーイーグルを配達した。

 

1949年、ハミルはマンハッタンの名門レジス高校に通っていましたが、ブルックリン海軍工廠で見習い板金労働者として働くために15歳で学校を辞めました。

 

59年後の2010年6月、レジスは彼に名誉卒業証書を授与しました。

 

特にミルトンキャニフの作品に触発されて、彼は漫画家になることに夢中になりました。

ハミルはビジュアルアーツ(その後、漫画家およびイラストレータースクールと呼ばれていました)の夜間クラスに出席し、画家になることを目指しました。彼はプラットインスティテュートでもコースを受講し、1980年に名誉博士号を授与されました。

 

1952年の秋、彼は米海軍に入隊した。彼の退院後、1956-57年に、彼はG.I.のメキシコシティカレッジの学生でした。ビル。

 

ハミルはまた、スペイン、アイルランド、サンファン、プエルトリコ、ローマ、ロサンゼルス、ニューメキシコ州のサンタフェにも住んでいました。

 

ロバートF.ケネディの友人であるハミルは、アメリカ合衆国大統領に立候補するように上院議員を説得するのを手伝い、その後選挙運動に参加し、ジャーナリストとして報道しました。彼はロバート・F・ケネディ暗殺の余波で彼の銃のシルハン・シルハンを武装解除した4人の男性の一人でした。

ハミルはブルックリンのパークスロープにあるイエスの聖なる名前の文法学校に通い、ブルックリンデイリーイーグルを届けるためにお金を使いました。

 

彼が育っていたとき、5つの区のそれぞれに少なくとも1つを含む7つの日刊紙が市内にありました。

ピート・ハミル

ピート・ハミル

 

1949年、ハミルはマンハッタンにある、学費のかからない名門のレジス高校に受け入れられましたが、16歳で2年目の終わり近くに残り、ブルックリン海軍工廠の見習い板金労働者になりました。

 

仕事の後、彼は漫画家とイラストレーター学校の夜のクラスに出席しました。 (彼は漫画本を描きたかった、そして彼の初期のヒーローはテリーと海賊の創設者であるミルトンキャニフであった。)

 

彼は1952年にアメリカ海軍に入隊し、勤務後、G.I。メキシコシティで1年間絵画を学ぶビル。

 

1960年、彼は怒りの手紙をポストに書いた。編集者は彼の熱意が好きで、ハミルにナイトサイドの記者としてトライアウトを与えました。

1962~63年の作家のスト中に、彼はフリーランスの雑誌で働いた後、1963年にサタデーイブニングポストの外国特派員としてヨーロッパに移りました。

 

1年の海外滞在後、ハミルは米国に戻り、ニューヨークヘラルドで特集記者を務めました。 1965年、ポストに復帰した後、彼は最初のコラムを書きました。

 

1989年にドナルドトランプが新聞の全紙に広告を掲載し、セントラルパークファイブのレイプ事件で逮捕された5人の男性の死刑を求めた(5人全員が結局有罪判決が撤回されることになる)と、ハミルはポストに書いた。

 

ハミルの作品は、エスクァイア、プレイボーイ、ローリングストーン、ニューヨーカー、ニューヨークなど、長年にわたって数多くの雑誌にも掲載されました。

ピート・ハミル

ピート・ハミル

 

1973年の大晦日のマクレーンとのデートで、バディグレコがミッドタウンのジミーズで演奏するのを見たとき、彼は飲酒をやめなければならないことに気づきました。 20年後、彼はA Drinking Life:A Memoirを出版しました。

 

ピートハミルの作品

1968年  A Killing for Christ

1971年  Irrational Ravings

1973年  The Gift

1978年  Dirty Laundry

1977年  Flesh and Blood

1979年  The Deadly Piece

1980年  The Invisible City : Short Stories

1984年  The Guns of Heaven

1989年  Loving Women

1992年  Tokyo Sketches : Short Stories

1995年  A Drinking Life : A Memoir

1996年  Piecework

1998年  Snow in August

1998年  News is a Verb

1999年  Why Sinatra Matters

1999年  Diego Rivera

2003年   Forever

2004年   Downtown : My Manhattan

2007年   North River

2011年   Tabloid City 

 

ピートハミルの関連動画

 


ー’Doc’ (1971) ORIGINAL TRAILER [HD 1080p]

 

The original trailer in high definition of ‘Doc’ directed by Frank Perry
Writer: Pete Hamill and starring Stacy Keach, Faye Dunaway, Harris Yulin and Michael Witney.

 


Pete Hamill: How I met Frank Sinatra, and Why He Still Matters

 

著名なジャーナリストであり、受賞歴のある 『Why Sinatra Matters』を含む複数の本の著者であるピートハミルは、有名なクルーナーとの出会い、そしてこの歌手の作品がファンを魅了し続けている理由について語っています。

 

まとめ

今回は「ピートハミルが死去、プロフィールや作品など!」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベン・クロス

俳優のベン・クロス死去、主な出演映画や動画など!

イギリス人俳優のベン・クロスさんが現地時間8月18日、オーストリアのウィーンで死去した。享年72歳。主な出演映画や動画紹介 ベン・クロス 目次1 ベン・クロス死去2 出演映画3 ベン・クロスの動画4 …

チャドウィック・ボーズマン

「ブラックパンサー」のチャドウィック・ボーズマンが死亡。

「ブラックパンサー」のチャドウィック・ボーズマンが死亡。享年43歳。2018年に「ブラックパンサー」に出演。 チャドウィック・ボーズマン   目次1 チャドウィック・ボーズマンが死亡2 チャ …

カール・ライナー

カール・ライナー死去、実績や生い立ちプロフィールなど。

アメリカの俳優、映画監督のカール・ライナーが6月29日、ロサンゼルス郊外ビバリーヒルズの自宅で死去。享年98歳。死因は老衰とみられる。ニューヨークのユダヤ系移民の家庭出身。60年代の人気テレビコメディ …

レニーサントーニ

俳優レニーサントーニ死去、プロフィールや出演した映画など!

「サインフェルド」(Seinfeld) でポピーを演じた俳優レニーサントーニ(Reni Santoni)が8月1日に81歳で死去しました。 レニーサントーニ 目次1 俳優レニーサントーニ死去2 レニー …

Brian Dennehey

ブライアン・デネヒー生い立ち、娘、妻、【主演作品】出演映画、死去詳細

米俳優のブライアン・デネヒー氏死去。4月15日、東部コネティカット州ニューヘブンで死去、81歳。ブライアン・デネヒー生い立ち、娘、妻、【主演作品】出演映画、死去詳細、シルヴェスター・スタローン、娘エリ …