最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

小笠原諸島の西之島火山が活発化、「爆発の可能性も」!

投稿日:

海上保安庁は20日、昨年12月に噴火を確認した東京・小笠原諸島の西之島を17日午後に上空から観測した結果、山頂にある中央火口の連続的噴火や灰色の噴煙が高度約1800メートルまで上がっていることを確認したと発表しました。

西ノ島

西ノ島

 

小笠原諸島の西之島火山、活動は一段と活発化!

小笠原諸島の西之島火山の活動は一段と活発化しています。

観測機に同乗した東京工業大火山流体研究センターの野上健治教授は「活動は一段と

活発化している。大きな爆発的噴火が起きる可能性もある」と分析。

海上保安庁や気象庁は、付近の船舶に注意を呼び掛けています。

海上保安庁によりますと、今回の観測では、噴石の飛散や、溶岩流が島の北東岸から海に入り、水蒸気が上がっていることも確認したとのことです。

以前小笠原諸島の西之島火山が活発化した、2018年7月以来のことです。

以前活発化した2018年7月の、このときは、火口周辺警報(火口周辺危険)を火口周辺警報(入山危険)に引上げられました。

2018年7月13日三管区海上保安本部所属の航空機による上空からの観測が行われ、西之島で活発な噴火活動が続いており、溶岩の流出が確認されました。

そして、気象庁は、火口から概ね1.5kmの範囲では噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな
噴石や溶岩流に警戒するよう呼びかけています。

この2018年の火山活動で、小笠原諸島・西之島が、面積を拡大していると発表。

海上保安庁は2016年10月ごろと比べて領海が約4平方キロ拡大したと発表し、排他的経済水域は、約46平方キロ拡大する見込みという見解をだしました。

以上、小笠原諸島の西之島火山専門家が2018年以来、再び活発化し爆発の可能性も出てきたニュースでした。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

アベノマスク

政府配布マスク業者未公表の1社発表。福島市の「ユースビオ」

  菅義偉官房長官は4月27日午前の記者会見で、政府が配布している妊婦用の布マスクを受注した4社のうち、公表していなかった1社は福島市の「ユースビオ」であることを明らかにした。福島市の「ユー …

かんぽ生命 不適切な販売調査契約乗り換え5万件発覚

かんぽ生命 不適切な販売調査で払い済み後に契約乗り換え5万件が発覚。かんぽ生命保険で、保険料を全額払い終えている保険を解約し、顧客にとって不利益な形で新たな保険に乗り換える契約が相次いでいたことが分か …

サンタにおもちゃを断られ、溢れる涙が止まらない少年

米国でサンタにおもちゃを断られ、溢れる涙が止まらない少年の動画!

サベラ・デカルロさん(Sabella DeCarlo)が12月7日、息子マイケル君(Michael)とサンタクロースとのやり取りが話題。マイケル君がサンタにおもちゃを断られ、溢れる涙が止まらなくなる。 …

高橋純子氏

朝日新聞の高橋純子氏の迷言「カッコいい中指の立て方を、研究してみる」

「総理に中指を鏡の前で研究… 朝日新聞“迷物”女性記者の自己陶酔コラム」という記事を紹介します。朝日新聞編集委員の高橋純子氏について書かれた記事です。 高橋純子氏 目次  朝日新聞「迷物」女性記者の自 …

アサヒノマスク

アベノマスクとアサヒノマスクのマスク論争の真相深堀!

アベノマスクとアサヒノマスクのマスク論争が起きています。安倍晋三首相が主導した、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、政府が全世帯に2枚ずつ配る布マスク。国民には不評で期待外れの失望の代名詞が「ア …