最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

レジ袋有料化が義務化の原因目的はプラゴミ削減【年間800万t海洋プラゴミ問題】

投稿日:

プラスチックごみの削減策として導入するプラ製レジ袋の有料化について、政府は2020年7月から有料化を義務付ける方針を固めました。このレジ袋有料義務化の原因目的はプラゴミ削減にあります。使い捨て容器包装の廃棄量、日本人は世界2位といわれ、環境省は
2020年までに洗い流しのスクラブ製品に含まれるマイクロビーズの削減を徹底するなど、マイクロプラスチックの海洋への流出を抑制する方針をたてました。プラゴミは、ウミガメや魚などの海洋生物にとって脅威となっています。

ウミガメ

ウミガメ

 

 プラスチックごみの削減で海洋プラゴミ問題の対策化

海洋プラゴミ問題とは、生活で捨てられたプラゴミが陸から海へと流出して生みで生息するウミガメなどの動物や様々な生物がプラゴミを食べてしまって時に命の危険にもつながったりしているプラゴミによる海洋の環境汚染の問題です。

現状で、陸から海へ流出するプラゴミは年間約800万tはすくなくともあるといわれます。

 海洋プラゴミ問題のマイクロプラスチックとは

マイクロプラスチックとは、プラゴミが細かく砕けて直系5mm以下の微粒子になったプラスチックを言います。

 

プラ製品が紫外線などで腐食し細かく分解されできますが、比較的大きなものだけで世界の海に約5兆個だだよっているという試算もあります。

海底のウミガメ

海底のウミガメ

 マイクロプラスチックの問題点

マイクロプラスチックは、動物プランクトンによる摂取が確認されています。

その動物プランクトンをが食べ魚の消化管が詰まったり病気になったりする影響が確認され、食物連鎖で、大型の魚ウミガメなどの生き物の体内にも蓄積されていく可能性もあります。

実際、メダカにマイクロプラスチックを摂取させた実験では、そのメダカにができたという報告もあります。

 海洋プラゴミの増加問題

先ほどのマイクロプラスチックを含む海洋プラゴミの総量は、このまま現状の流出ペースが
続けば2050年には、約10憶トンに達するとされています。

現状は、中国が221万t、インド・南アジアが199万t、アフリカが153万t、東アジア、オセアニアが130万t、南米58万t、欧州、中央アジア28万t、北米7万tの順にプラゴミの多い地域になっています。

海の魚の群れ

海の魚の群れ

 海洋プラ汚染地図作成計画

日本政府は、中国、イギリス、インドネシアなど10カ国と連携してプラゴミによる海洋汚染の実態を調査して海洋プラ汚染地図作成をすすめています。

海洋プラスチックの流出量が多いとされる中国インドネシアタイの他、イギリス、ノルウェー、スペインなどあわせ10カ国で協力し、3年後に世界の全海域の汚染の度合いを示す地図の完成を目指します。

 レジ袋有料化が義務化と海洋汚染対策

先ほどの海洋汚染地図で流出源を特定し国際的連携で海洋プラを減らす計画ですがその一つが、日本のレジ袋有料化の義務化です。

コンビニなどで使用されるレジ袋が道路や川などに捨てられそれが川から海洋に流出
するのを防ぐ目的です。

ですが、現状で大量に流出している中国、アフリカ、インドなどが、対策をうたなければ
海洋ゴミ削減の結果は出ない気もします。

海洋は、海流によって世界中の海で混ざり合います。

日本だけ、レジ袋有料化をしてもおそらく世界規模では何も変わらないでしょう。

オトメハゼ

オトメハゼ

 

 今後レジ袋はバイオプラスチックへ

今後、日本では、レジ袋はバイオマスプラスチックになっていくでしょう。

例えばスカイラークの例です。

すかいらーくホールディングスは、2019年11月27日、ガストやバーミヤンなどのファミリーレストラン事業を展開するすかいらーくレストランツ(同)全店で、テイクアウトのレジ袋を石油由来からバイオマスプラスチックに変更すると発表しました。

新たに導入するのは、サトウキビの絞りカスに由来する原料から作られたバイオマスプラスチック のレジ袋です。

石油由来からバイオマスプラスチック100%に変更することで、CO2 排出量を約180トン/年、約 60%削減することができる計算です。

さらに2020年2月には、テイクアウトと宅配用のカトラリー(スプーンやフォーク)を バイオマスプラスチックに切り替えるほか、同年半ばには弁当容器も環境に優しい素材への転換を検討しています。

 まとめ

今回は、「レジ袋有料化が義務化の原因目的はプラゴミ削減【年間800万t海洋プラゴミ問題】」というテーマでお送りしました。

レジ袋有料化で何が変わるかという観点で、レジ袋有料化の目的原因についてまとめました。

レジ袋有料化は、私たち国民にかなりの不自由を強います。

 

ですが、世界の国が足並みをそろえなければ、海洋プラゴミ削減の効果は期待できません。

一方、スカイラークの例でもある通り、日本企業は、バイオマスプラスチックの使用を検討し始めています。

バイオマスプラスチックは自然に分解して戻るため、海の生態系に影響がでません。

バイオマスプラスチックも大量生産すれば、コストもどんどん下がります。

レジ袋有料化をする必要がなくなるくらいの低価格化もおそらく可能のなります。

日本にはそれだけの技術力があるし大量生産で製造コストはさがります。

ですが、ひとたび有料化されたレジ袋は、無料になることないかもしれません

 

レジ袋有料化は多くの人が納得していない感があります。

これほど、ストレスのある強制は私もはじめてです。

もっと、議論が巻き起こっても良い気がしています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

なお、関連記事レジ袋有料化の義務化がされるが効果に疑問の声も!どんな反対意見があるのかもご覧いただければ幸いです。

 

 

 

-社会

執筆者:


関連記事

新型コロナウィルス

屋形船から、新型コロナウィルス次々に拡大の実態が明らかに!

市中感染とは、ヒトからヒトに感染するものの、誰から移ったのかルートを追える段階を過ぎて、もはやそして誰からうつったのかルートを追えなくなることを「市中感染」といいます。中国では感染者がおよそ6万人で、 …

パソコン

巨大ITの規制で反発の声が早くも経済界にあがる。実施時期はいつか?

政府は、デジタル市場競争会議で、プラットフォーマーと呼ばれる巨大IT企業に対する規制強化策の5項目をとりまとめました。透明性を高めるため巨大IT企業に取引状況の定期報告を義務付け、場合によっては公表す …

新型コロナウィルス

PCR検査が機能不全、検査数も伸びない原因にも【結果まで1週間も】

CR検査の体制が、急な感染拡大に対応できたいません。検査の実施が滞っていて発症から陽性が確定するまでの期間が1週間もかかってしまう事態になっています。そして、いまだにPCR検査数が増えない原因は、関係 …

唾液でPCR検査実施

唾液でPCR検査実施可能に、東京都も本格導入で医療従事者感染リスク減少

厚生労働省は、新型コロナウィルスの感染を調べるPCR検査を唾液で行えるようにすることを決定しました。東京都唾液PCR検査を本格導入する予定。米国では、すでに、唾液によるPCR検査では先行しています。米 …

ゴーン被告が無断出国の海外逃亡をした理由は、司法取引にあった!?

突然のゴーン被告の無断出国の海外逃亡が起きたが、そのきっかけになったのが、2018年10月に行われた検察と日産の幹部二人との司法取引が原因とみられる。この司法取引によってゴーン被告の裁判での勝訴が難し …