最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

マイセトーマ(菌腫)という人食い感染症!

投稿日:

切り傷から始まる「沈黙の死」 スーダンの人食い感染症。「マイセトーマ(菌腫)」いう、細菌や真菌による「人食い」感染症をもたらす。#Mycetoma

Mycetoma

Mycetoma

スーダンの感染例

スーダンの農業従事者ハディージャ・アフマド(Khadija Ahmad)さん(45)は、タマネギの苗を植えている時に踏んだとげがサンダルを貫き、足に切り傷ができた。心配はいらないようにみえた。

 

しかし、このとげは「マイセトーマ(菌腫)」いう、細菌や真菌による「人食い」感染症をもたらした。

スーダンの農業従事者

スーダンの農業従事者

 

内戦で荒廃した西部ダルフール(Darfur)地方のエルファシェル(El Fasher)出身のアフマドさんが最初に気付いた異変は、足の腫れだった。

 

「初めは痛みもなく、ただのこぶだった」「そのうち治ると思っていた」という。

 

マイセトーマは世界保健機関(WHO)が「顧みられない熱帯病(NTDs)」の一つに分類しており、スーダンではめずらしいものではない。

 

首都ハルツームのマイセトーマ・リサーチセンター(MRC)で医師の診察を受けながらアフマドさんは、ここに「来るまで9年待った」「来た時には手遅れだった」といい、「切断せざるを得なかった」と義足を抱えながら語った。

 

これからも彼女は一生、服薬を続けなければならない。

 

スーダンでは、この感染症に「沈黙の死」という別名がある。死に至る例はほとんどないが、マイセトーマは感染者の人生を破壊する。

マイセトーマ感染者

マイセトーマ感染者

 

WHOによると、感染者の多くは田畑をはだしで歩く若い農業従事者だ。生活を肉体労働に頼る人にとって、手足に障害を残すこの感染症は終身刑の宣告に等しい。

 

マイセトーマの原因は細菌あるいは真菌で、通常は傷口から体内に侵入する。

 

体内組織を徐々に破壊する感染症で、皮膚や筋肉、骨にさえ影響を及ぼす。足の腫瘍が特徴とされることが多いが、フジツボのような腫瘍ができたり手がこん棒のようになったりする場合もある。

 

感染のきっかけとなる傷口だけでなく、体のどの部位にも症状が表れる可能性がある。

 

「マイセトーマ(菌腫)」感染の症状

 

MRC創設者のアーメド・ハッサン・ファハル(Ahmad Hassan Faha)氏によると、「この感染症は、ゆっくりと陰険に、何年もかけて体内に広がる」という。

 

障害が残る例が非常に多い。感染した人のほぼ60%の手足が、最終的には変形する

 

マイセトーマの症例はスーダンで特に多いが、隣国エチオピアやチャドからインド、メキシコ、ベネズエラに至る40か国ほどの地理的な「ベルト」内でみられる。

 

 

MRCの近代的な院内では、専門医師30人が1週間に患者400人の治療に当たる。患者の中にはマイセトーマがまん延する他国から来る人もいる。

 

左足に包帯を巻いた農業従事者の患者(22)は、治療室で横たわりながら、「1年前、小麦を収穫していた際にとげを踏んでしまった」と述べた。

 

医師はこの患者の脚から検体を採取し、この症例が細菌性か真菌性か、それともその両方かを調べる。

 

マイセトーマの原因はどちらの場合もあり、これが、MRCが長年続けている治療薬研究を複雑にしている。抗生物質は細菌性の感染には有効だが、真菌性には効果がない。

 

ファハル氏は「治療法を探す上での難点は、この疾患は細菌と真菌という二つの異なるものが原因であること」で、「これまでに、いずれにも有効な単一の薬を開発できた人はいない」と説明する。

 

研究者らは現在、日本とスイスの科学者と共に新薬の開発に取り組んでいる。「来年か再来年には結果が出ればと思っている」とファハル氏は満面の笑みで語る。「成功すれば、偉大な第1号だ」

 

マイセトーマ(菌腫)人食い感染症動画

 

菌腫に対するフォスラブコナゾール(英語x日本語)


ーFosravuconazole for Mycetoma (English x Japanese)

チャレンジ
真菌感染症によって引き起こされる菌腫(Eumycetoma)は、特に足の軟部組織をゆっくりと徐々に破壊します。菌腫は効果的な治療法がなく、現在、強力な副作用があり、罹患した四肢の切断を含む外科手術を必要とする最適ではない高価な薬剤で管理されています。まれに、肺や脳に影響を及ぼし、致命的となる場合があります。すべての場合において、患者は働くことができず、深刻な社会的スティグマに直面しています。

革新
フォスラブコナゾールは、他の真菌感染症を治療するためにエーザイが最初に開発したものであり、安全性プロファイルが証明されており、菌腫に対して強いin vitro抗真菌活性を示します。この候補薬は週1回投与でき、患者のコンプライアンスを大幅に改善し、個人と医療システムのコストを削減します。この薬は、成功すれば生活の質を変える可能性があります。

開発パートナー
エーザイ株式会社、顧みられない病気の治療薬イニシアチブ、およびハルツーム大学の菌腫研究センター

 

マイセトーマ(菌腫)による「人食い」感染症


ー           Mycetoma

菌腫(マドゥラ足)
臨床および病理学

 


ー          Mycetoma

これは菌血症に関する私のプレゼンテーションです

まとめ

今回は「マイセトーマ(菌腫)という人食い感染症!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カンガルーハリーが機内で跳ねる

カンガルーが機内で跳ねる可愛い光景の動画!

米国でカンガルーが機内で跳ねる可愛い光景が、法改正で「これが最後かも」と話題になっています。パシフィック・サウスウエスト航空機にカンガルーの赤ちゃんが搭乗し、飛行機の通路を跳ねる可愛らしい様子を収めた …

トレーラー

大型トラック運転免許を取る前に見るサイト。大型ドライバー求人前に見ておいてください!

大型トラック運転免許を取りに行く前に見るサイトです。今の仕事から転職したり就職を考えているあなたに、大型トラックの魅力、メリット、デメリットをまとめました。大型ドライバー求人調べる前にもススメのサイト …

ナタリー・サイドサーフ(Natalie Sideserf)

「ナイフを入れるのが恐い」ほどリアルなケーキを作るアーティストの動画!

「ナイフを入れるのが恐い」ほどリアルなケーキを作るアーティストの動画。本物そっくりのケーキを作る35歳の女性ケーキ・アーティストが話題です。米テキサス州オースティン在住のケーキ・アーティスト、ナタリー …

ナイフモンキー「チコ」

民家で暴れ回る猿が盗んだナイフを掴んで屋根の上から威嚇する動画!

ブラジル、パライバ州の農村部のある民家で、猿の強盗騒ぎが起きた。その家に住むイリアーヌ・アレクサンドルさん(Eliane Alexandre)は当時、外出先から自宅に戻ると台所に猿がいたことから驚いた …

岡田教授

岡田晴恵教授の「勇気ある告発」新型コロナで、まとめ

新型コロナが広まって社会が不安に陥っている中、感染学の専門家岡田晴恵の「勇気ある告発」が話題になっています。白鴎大学特任教授の岡田晴恵氏の「勇気ある告発」をまとめます。白鴎大学特任教授の岡田晴恵氏は、 …