最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

抗体検査日本で実施決定。NY州でも大規模抗体検査実施

投稿日:

4月17日の記者会見で、加藤勝信厚生労働大臣が新型コロナウィルスの流行状況を把握するための抗体検査を実施することを表明。実施時期は、月内にも予定。また、ニューヨークのクオモ州知事は会見で、NY州で大規模抗体検査を4月20日より実施を表明しました。抗体検査の目的は、少量の血液から感染した後の体にウィルスに対する免疫が
備わったかどうかを調べます。

クラボウ抗体検査キット

クラボウ抗体検査キット

 

抗体検査、日本で実施決定

4月17日の記者会見で、加藤勝信厚生労働大臣が新型コロナウィルスの流行状況を把握するための抗体検査を実施することを表明しました。

記者会見で加藤厚労相は「状況が整えば、関係者の協力をいただきながら早急に取り組みたい」と述べました。

これに合わせ厚労省では、4月中にも抗体検査を始められるように準備を進めて来ていて、対象地域や規模を詰めています。

抗体検査キット

抗体検査キット

 

抗体検査の目的

抗体検査は、少量の血液を採取して、感染した後の体にウィルスに対する免疫が備わったかどうかを調べます。

抗体検査は、簡易検査キットを使って、短時間で結果がでます。

新型コロナウィルスは感染しても8割が軽症状で済んでいるといわれ抗体検査を実施すればどれくらいの人がすでに感染したかが分析できます。

今後PCR検査と組み合わせて診断の効率化、経済活動の早期回復の検討に使用できます

新型コロナウィルス

新型コロナウィルス

NY州でも大規模抗体検査実施

24万人以上が新型コロナウイルスに感染したアメリカ・ニューヨーク州では、4月20日から全米最大規模の抗体検査による調査を始めると発表しました。

 

ニューヨークのクオモ州知事は会見で、多いときで1万8000人を超えて推移していた入院患者の総数が1万6000人に減少し、新たに入院する人の数も減少を続けていると述べました。

 

そして、クオモ州知事は「感染のピークは過ぎて今は下降局面にある」との認識を示しました。

 

その上で、経済を再開するには、すでに感染して抗体を持っている人の割合を知ることが不可欠だとして、翌20日から州全体で全米最大規模となる抗体検査による調査を開始すると発表しました。

 

3000人を対象に抗体検査を行い、州全体で免疫を保有している人の数を推定するとしています。

抗体検査は、海外では、先行していて、米国の米国立衛生研究所(NIH)は、全米で最大1万人の血液サンプルを収集して抗体検査を実施する計画。

まとめ

今回は、「抗体検査日本で実施決定。NY州でも大規模抗体検査実施」というテーマでお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

抗体検査応用し新型コロナウィルス感染治療実用化を目指す

世界各国の抗体検査を新型コロナウイルス対策に導入の現状

アメリカで抗体検査を検討、抗体検査とPCR検査の違い、経済活動の早期回復狙う

 

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

4万本以上のひまわりメッセージ

豪クイーンズランド州ケアンズ4万本のひまわりOZメッセージの動画!

豪クイーンズランド州ケアンズ4万本のひまわりOZメッセージの動画紹介。豪クイーンズランド州ケアンズのイニスエールに暮らすフレデリック・ジェームズさん()は、自身の敷地内で大量のひまわりを使い「G’DA …

飼い主を病院の外で待つ犬

何度連れて帰っても戻って来て入院した飼い主を病院の外で待つ犬の動画!

トルコ黒海沿岸の都市トラブゾンで、入院した飼い主を病院の外で待つ犬「何度連れて帰っても戻ってきた」という何度連れて帰っても戻って来て入院した飼い主を病院の外で待つ犬「ボンジュク(Boncuk)」の動画 …

大型トラック車庫

トラック運転手が大量定年、物流崩壊の現実味ここが問題!規制緩和が招いた惨状

大型トラック車庫   トラック運転手が大量定年、物流崩壊の問題です。今のトラック運転手不足は深刻でやがて「トラック運転手が大量定年」をむかえるその時、起こるのは物流崩壊です。それが現実味を帯 …

「くたばれ」連発! 5羽のオウム

来園者に「くたばれ」5羽のオウムがイギリスの動物園から撤去の動画!

来園者に「くたばれ」連発! 5羽のオウムがイギリスの動物園から撤去された動画。#5 parrots removed 「くたばれ」連発! 5羽のオウム 目次1 「くたばれ」5羽のオウムがイギリスの動物園 …

高画質スマホと時計

【驚愕!】SNSストーカーの手口は自撮り瞳の景色、ピース指紋

SNS上にあげられた投稿画像で「SNSストーカー」の罠にはまってしまう例が出てきています。カメラ、スマホ画像の高画質化で投稿写真から住まいがわかってしまったりして、被害にあったりする事件が発生していま …