最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

新型コロナで血漿療法日本で試験治療開始【早期段階で効果大】

投稿日:

新型コロナ対策で、新しい治療法、血漿(けっしょう)療法があります。血漿療法とは、新型コロナウィルスに感染して回復した患者の血液を使う治療法で日本国内でも早ければ4月中に試験的な投与が始まる予定です。血漿療法の専門医師は、早期段階での治療で効果が大きいと述べています。

血漿療法

血漿療法

 

血漿(けっしょう)とは何か?

血漿(けっしょう)とは、血液から赤血球や白血球を取り除いた成分のことです。

 

「アルブミン」や「グロブリン(抗体)」といったタンパク質が含まれています。

このうち、グロブリンには、様々な性質があり、血漿から分離し、精製することで免疫不全の治療や重度の感染治療に使える医薬品になります。

 

この仕組みは、日本人で近代医学の父、北里柴三郎博士が世界で初めて確立したものです。

新型コロナウィルス

新型コロナウィルス

 

新型コロナで血漿療法日本で試験治療開始

今回の、新型コロナでは、回復した人の血液の中には、コロナを排除する免疫が存在する場合があるので、その成分を重症患者に投与すれば、体内のウィルスを排除する効果が期待されます。

中国でも重症患者に対する血漿療法で、回復した人がいるという報告が出ています。

米食品医薬品局も、血漿投与を認め、カナダでも大規模な臨床研究が始まっています。

 

日本でも、国立国際医療研究センターが早ければ4月中にも、試験的な治療を始める予定です。

 

回復者の血液を使った血漿製剤で製薬会社も動き始め、例えば、武田薬品は、血漿分画製剤の世界的大手企業です。

ただし、血漿療法は、別の感染症にかかるというリスクもあり、副作用や合併症の危険性もあります。

聖路加国際病院救急部の一二三亨副医長は、「治療法がない感染症にも応用でき、理論的には感染早期に投与すると高い効果が期待できる」と話しています。

まとめ

今回は、「新型コロナで血漿療法日本で試験治療開始【早期段階で効果大】」というテーマでお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

抗体検査応用し新型コロナウィルス感染治療実用化を目指す

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビジネスパーソン

名ばかりフリーランスは同一労働同一賃金で改善するか?

名ばかりフリーランスの保護が、国の進める働き方改革のなかで、取り残されている状態です。2020年4月より同一労働同一賃金の導入で、今回規制がかなり厳しくなった派遣労働ではすでに賃金が5%ほど上がり始め …

エリア51とUFO

ペンタゴンUFO「未確認空中現象」のタスクフォースをついに発足!

ペンタゴン、UFO「未確認の空中現象」を調査するためにタスクフォースを発足します。国防総省は、国家安全保障に脅威をもたらす可能性のあるUFOを「検出、分析、およびカタログ化」することを目的とするタスク …

麻生太郎財務大臣

集団感染が発生したクルーズ船問題で麻生節を炸裂「割を食っているのは日本じゃねえか」

中国発の新型コロナウイルスをめぐり、麻生太郎副総理兼財務相が核心を突くような「麻生節」を炸裂(さくれつ)させた。日本を悪もの扱いにした中国当局の情報発信に疑問を投げかけ、集団感染が発生したクルーズ船の …

コロナ判定の簡易キットみらか

15時分でコロナ判定の簡易キット発売。検査規模拡大に期待。みらか、クラボウ

新型コロナウイルスの簡易診断ができる「抗原検査」の検査キットで、みらかホールディングス(HD)の製品が国内で初めて実用化される見通しです。厚生労働省が来週中にも薬事承認する方針です。抗体検査の公的保険 …

賢い犬

ブラジル事故で怪我をした仲間に一晩中寄り添う犬の動画!

ブラジル、セアラー州イグアトゥ市で2021年2月14日の午後、市内の幹線道路で自動車事故に遭い負傷した犬がいた。犬はまだ息はあるものの横たわったままで身動きひとつできずにいた。負傷した犬はかなり弱って …