最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

新型コロナで血漿療法日本で試験治療開始【早期段階で効果大】

投稿日:

新型コロナ対策で、新しい治療法、血漿(けっしょう)療法があります。血漿療法とは、新型コロナウィルスに感染して回復した患者の血液を使う治療法で日本国内でも早ければ4月中に試験的な投与が始まる予定です。血漿療法の専門医師は、早期段階での治療で効果が大きいと述べています。

血漿療法

血漿療法

 

血漿(けっしょう)とは何か?

血漿(けっしょう)とは、血液から赤血球や白血球を取り除いた成分のことです。

 

「アルブミン」や「グロブリン(抗体)」といったタンパク質が含まれています。

このうち、グロブリンには、様々な性質があり、血漿から分離し、精製することで免疫不全の治療や重度の感染治療に使える医薬品になります。

 

この仕組みは、日本人で近代医学の父、北里柴三郎博士が世界で初めて確立したものです。

新型コロナウィルス

新型コロナウィルス

 

新型コロナで血漿療法日本で試験治療開始

今回の、新型コロナでは、回復した人の血液の中には、コロナを排除する免疫が存在する場合があるので、その成分を重症患者に投与すれば、体内のウィルスを排除する効果が期待されます。

中国でも重症患者に対する血漿療法で、回復した人がいるという報告が出ています。

米食品医薬品局も、血漿投与を認め、カナダでも大規模な臨床研究が始まっています。

 

日本でも、国立国際医療研究センターが早ければ4月中にも、試験的な治療を始める予定です。

 

回復者の血液を使った血漿製剤で製薬会社も動き始め、例えば、武田薬品は、血漿分画製剤の世界的大手企業です。

ただし、血漿療法は、別の感染症にかかるというリスクもあり、副作用や合併症の危険性もあります。

聖路加国際病院救急部の一二三亨副医長は、「治療法がない感染症にも応用でき、理論的には感染早期に投与すると高い効果が期待できる」と話しています。

まとめ

今回は、「新型コロナで血漿療法日本で試験治療開始【早期段階で効果大】」というテーマでお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

抗体検査応用し新型コロナウィルス感染治療実用化を目指す

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホールデン

【悲報】「ホールデン」消滅へ電気製モデルや自動運転、共有制度の影響が大

アメリカ自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)はオーストラリアやニュージーランドで展開してきたブランド「ホールデン」の生産や販売、技術開発などを含めた全ての事業活動を2021年までに終了させる方針を …

厚労省が就職氷河期世代から10人採用へ求人支援の統一試験実施具体化

「就職氷河期世代」を正規職員に採用する動きが広がっています。この度、厚労省が氷河期世代から10人採用を発表。政府が先に発表した河期世代の支援策として、国家公務員の中途採用枠採用の統一試験実施の具体策が …

視覚イリュージョン写真

視覚イリュージョン写真「黒いプードル犬」にネット上で大論争の動画!

Facebookに投稿された黒いプードル犬の1枚の写真に「犬?」「不気味な男性にしか見えない」「ビッグフットじゃないか?」などその正解をめぐって、盛り上がっている動画。「あなたならどう見える?」と心理 …

ハーモニー・ローズ

英国生後10か月で四肢切断した7歳女児の動画!

英西部バース在住のハーモニー・ローズちゃん(Harmonie-Rose) は2014年9月、生後10か月の時に髄膜炎菌に感染した。咳や発熱の症状が出た1日目、ハーモニーちゃんは近くの病院で診察を受け、 …

河南省周口市にある野生動物園のクマ

人が演じている熊疑惑!中国河南省周口市の野生動物園のクマの動画。

中国河南省周口市にある野生動物園のクマに「人が演じている疑惑」が持ち上がり、動物園側が否定している。疑惑の動画はどう見えるでしょうか。周口サファリパークのツキノワグマは、みんな本物のクマでしょうか?動 …