最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

加藤しゅう氏がコロナウイルス支援アプリ「Asiato」、プロフィール

投稿日:2020年5月24日 更新日:

コロナウイルスのパンデミックとの闘いを支援ソフト「Asiato」は、日本の函館市出身のコンピュータに詳しい10代の加藤しゅう氏によって開発されました。16歳の加藤しゅう氏はスケートボード、ブルーノマーズ、ハンバーガーが大好きな、テックオタク少年です。

加藤しゅう

加藤しゅう

コロナウイルスの対策支援ソフト「Asiato」

10代の加藤しゅう氏によって、コロナウイルスのパンデミックとの闘いを支援するアプリケーション「Asiato」が開発されました。

コロナウイルスのパンデミックの蔓延を抑制するには、感染した人々がどこにいたのか、誰が接触したのかを知って、検査や治療を行うことがで有効です。

加藤しゅう氏は、GPSを使用するiPhoneソフトウェアアプリケーションを設計しました。これにより、個人は自分の居場所の記録を携帯電話に保存して、新型コロナウィルス感染対策として、必要な連絡先の追跡に役立てることができます。

「足跡」を意味する「Asiato」と呼ばれるこのアプリは、10メートル(33フィート)の距離内での電話の動きを追跡します

このアプリの英語版は、iPhone App Storeから無料で入手できます。

アプリは日記のように機能しますが、場所を追跡します。プライバシーを保護するため、データは電話に保存され、自動的に共有されることはありません。

新型コロナウィルス

新型コロナウィルス

 

人がCOVID-19を発見した場合、Asiatoは過去数週間にどこにいたかを特定します。彼らは、感染した可能性のある人々に自分で手を差し伸べるか、質問があれば保健当局に通知する必要があります。

世界的な緊急事態下で、市民は家で自粛しますが、外出の必要もでます。

こんなとき、外出先の動きを追跡することは、COVID-19を引き起こすウイルスの拡散を制御するのに役立つ重要な方法です。

加藤氏はまた、世界各国で経済が再開するため、世界のあらゆる場所でも利用できると語った。

16歳の函館市出身のテックオタク加藤しゅう氏の発想は、

「自分の居場所を思い出せるアプリを作れると思った」と言います。

加藤しゅう氏の「Asiato(Footprint)」アプリは英語と日本語の両方で無料で利用できます。

現在、iPhoneストアのAppleユーザーのみが利用できます。

GPSデータのみを使用し(コロナウイルス追跡アプリのようなBluetoothではなく)、ユーザーの動きを1分間隔で記録しますが、約32フィートの範囲内のみです。

場所を詳細に記録するのではなく、COVID-19にさらされたユーザーが自分のプライバシーを侵害することなく感染した可能性のある他のユーザーを追跡できるように、場所の詳細を記録するのではなく、ユーザーの記録をジョギングすることを目的としています。

Asiatoは使いやすさを考慮して開発されたもので、最も重要なのはプライバシーについての説明です。

世界中で展開されている非常に大規模なアプリの多くに関するデータのセキュリティとプライバシーの問題への懸念の中で、Asiatoは非常に異なるアプローチをとっています。

データはユーザー自身のスマートフォンにのみ保存されるため、情報はクラウドにアップロードされません。ストレージと政府や他の第三者がアクセスできません。

シュウはわずか10日でアプリを作成し、感染の第2波が彼と彼の家族が住んでいる日本の北海道の北の島を襲ったのとちょうど同じように彼はそれを完成させました。

 

Asiatoは19,000回ダウンロードされ、多くの日本のユーザーが使用しています。

 

保健当局がそれを使用しているかどうかは不明ですが、多くのユーザーがバグ修正のヒントを提供したり、メディアスターのようになった高校生を応援したりしています。

加藤しゅう氏のプロフィール

 

10代の日本の函館市出身のテックオタクである加藤しゅう氏にとっては、新型コロナウィルスの感染の心配は、少なく、コロナウイルスが大流行する前に、シュウはプログラミングに夢中になり、典型的な高校生としての人生をあきらめ、オンラインクラスに切り替えました。

そのため、アプリを構築することに情熱を傾けることができました。

スケートボードの短い休憩は別として、彼はめったに家を出ませんでした。

 

ですが、世界危機はあらゆる場所を襲いており、加藤しゅう氏も例外ではありませんでした。

小さな遊園地、家族経営の遊園地は先月閉鎖されました。

家族の経営する遊園地

家族の経営する遊園地

感染経路が不明なコロナウイルスの症例は、日本の流行を食い止めるための努力が根強く続いています。

米国や他の地域と同様に、日本の保健当局は、接触追跡、または感染経路の特定という課題に必死です。

それで、穏やかな口調で、穏やかな16歳の彼は、彼が最も得意とすることをしました。
「私はどうしたらいいのだろうと思った」と考え、「Asiato」の開発を思いつきました。

加藤しゅう氏の幼少時代

家族向けの遊園地(アミューズメントパーク)を無料で無制限に利用できるようになって育った、しゅう氏と彼の兄は、町のすべての子供たちの羨望の的でした。

 

「カエル釣りゲームの記録はこれまでに抜かれたことはありませんでした!」彼は思い出す。

家族の経営する遊園地

家族の経営する遊園地

 

1956年にしゅうの曾祖父によって建てられた「Children’s World」は、最新のアトラクションや最速の乗り物を誇ることはできませんが、年間約15万人の訪問者がいる何十年にもわたって家族を引きつけてきました。

 

「ちょっとレトロな場所だ」と両親と遊園地を管理している兄弟の大地さん(20)は言った。

日本で最も古いヴィンテージの8台の観覧車は、最近、文化財に指定されました。

「函館では誰もが子どもの世界に行きます」と大地さんは言った。

「子供として行った人々は今や孫を連れてきます。地元の人にとっては懐かしいです。」

 

しかし、一見魅力的な存在にもかかわらず、シュウは幼児のようにのめりこみ、両親は彼が永久に身体障害になるかもしれないと恐れました。

 

少年の将来を確実にするために決心した父親は、時間を無駄にすることはないと判断しました。

2年生までに、秀はキーボードを使用していました。 4年生でプログラミングを学び、1年以内に最初のアプリを作成しました。

母親が算数の宿題をチェックするのを助けるためのソフトです。

2017年までに、彼の革新の1つである子供向けのプログラミングを簡素化することで、全国的な賞を受賞しました。

加藤氏は、プログラミングのコツを上手に活用することから、早い段階で始めました。小学5年生では、数学のアプリケーションを設計して、小数点ではなく答えの数値として剰余を与える除算を行いました。

 

6年生の間、彼は本のレポートを書くためのプログラムを開発しました。 240円(約2ドル)のプログラムはプロセスを簡略化し、不正行為は発生しませんと彼は言います。

 

彼のベストセラーアプリの1つは、子供が本のレポートを書くのに役立ちます。

 

もう1つは、2018年の地震中に停電が発生していた場所に関する情報を住民がクラウドソーシングできるようにしました。

彼の連絡先追跡アプリであるAsiatoは13位番目のソフトです。

「私は通常、台所のテーブルで、時にはリビングルームのソファーで働いています」と彼は言った。

家族のアパートは小さいので、兄弟は自分の部屋を持っていません。 「通常はヘッドフォンをつけています」としゅう氏は言います。

彼は注意散漫を減らすためにジャスティン・ビーバーまたは他の外国のポップミュージックを好んで聴いています。

新型コロナが落ち着き、危機が解消すると、加藤しゅう氏は、さらに大きな夢を持っています。

問題を解決し、彼が海外に住むことを可能にする創業企業のために家を離れることを計画しています。

多くの10代の若者と同様に、16歳の加藤しゅう氏はスケートボード、ブルーノマーズ、ハンバーガーが大好きです。

しかし、彼はプログラミングの才能を上手く活用することができます。

加藤しゅう

加藤しゅう

加藤しゅう氏の新アプリ

 

加藤さんの新しいプロジェクトでは、レストランや顧客がメニューやその他のテイクアウト情報を共有できるウェブサイトを立ち上げています。

東京などの主要都市では、Uber Eatsなどのサービスを利用できます。

しかし、加藤が住んでいる北海道などの場所では、家にいる人が食べ物の持ち帰りや配達のオプションを見つけるのは困難です。

このようなサイトは、大ヒットしたレストランが顧客を見つけるのにも役立ちます。

まとめ

今回は、「加藤しゅう氏がコロナウイルス支援アプリ「Asiato」、プロフィール」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「いきなり!ステーキ」

「いきなり!ステーキ」倒産や身売り回避策に株主期待!

2013年に1号店を出して以来最近の「いきなり!ステーキ」の業績悪化が止まりません。株価は、高値の時の20分の一まで、下落しました。閉店も70店舗以上に及んでいます。株主にとっての不安は、倒産や身売り …

風船と戦うヤギのジュニア

米オハイオ州の「趣味の農場」で風船と戦うヤギのジュニアの動画!

米オハイオ州のオバーリンに住むタミー・タニソンさんの「趣味の農場」で風船と戦うヤギのジュニアの動画紹介です。#young Goat Butts Heads With Inflatable Deer 風 …

李子柒

李子柒(liziqiリーズーチー)超人気中華農村Tuberは何もの!

伝統的な中国料理や生活風景をテーマとした動画を配信する李子柒(リーズーチー)liziqiっはWeiboやYouTubeなどのサービスで動画配信を行い今や大人気です。李子柒の動画は映像美が優れていて「い …

マスクをした絵

アベノマスク隠された「残り1社」に疑念、国民の怒りの声!

政府が配布する布マスク(俗称アベノマスク)の調達先に関して、厚生労働省が興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社を公表したが、残りもう1社が頑なに明かされない。公表できない事情が何かあるのでは …

聴覚を失った9歳の牧羊犬、ハンドサインを覚えて見事復帰

聴覚を失った9歳の牧羊犬ペギー(Peggy)ハンドサインを覚えて復帰の動画!

イギリスで聴覚を失った9歳の牧羊犬がハンドサインを覚えて見事復帰した。牧羊犬として活躍していたボーダーコリーの「ペギー(Peggy)」は9歳で、突然聴覚を失い、ハンドサインに置き換えてペギーのトレーニ …