最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

美容注射を3年間受け続けた女性、施術ミスで片方の瞼が下がり半開き動画!

投稿日:

米イリノイ州シカゴ在住で人気ブロガーのホイットニー・ブーハさん(Whitney Buha、33)は、ボトックス注射をSNSで宣伝するために1年に2回ほど美容サロンで注射を受け、その効果を投稿していました。ある朝、目覚めると左目が重く感じたホイットニーさんは鏡で確認すると、左瞼は下がって目は半開きの状態となっており、逆に右瞼は上に引き上げられ白目の部分が露出している状態になってしまった。ホイットニー・ブーハさんは、ボトックス注射を3年間受け、施術ミスで片方の瞼が下がり半開きの状態になってしまった動画。

サムシング・ホイッティと呼ばれるライフスタイルブログを運営するホイットニー・ブハ

サムシング・ホイッティと呼ばれるライフスタイルブログを運営するホイットニー・ブハ

美容注射を3年間受けた女性、施術ミスで片方の瞼が下がり半開き。

米イリノイ州シカゴ在住で人気ブロガーのホイットニー・ブーハさん(Whitney Buha、33)は、ボトックス注射をSNSで宣伝するために1年に2回ほど美容サロンで注射を受け、その効果を投稿していました。

人気のライフスタイルブログ「サムシング・ホイッティ」を運営するホイットニーさんは、プロバイダーに関するプロモーション投稿と引き換えに無料のボトックスを受け取っていました。

 

ボトックス注射は表情筋の動きを抑制することによって、顔のシワを改善・予防するために用いられています。

しかし、2021年3月初めにボトックス注射を受けたとき、彼女は変化に気づいた。

そのボトックス注射を3年間にわたって行っていたホイットニー・ブーハさんの目に異変が起きました。

SNSで全貌が明かされており、普通に目を開けているのに片方は半開き、もう一方は見開いたような状態になってしまった

 

これは誤った場所に注射してしまったことによるもので、ホイットニーさんは専門家に相談し再度ボトックス注射を行って修正を試みているという。

 

ホイットニー・ブーハさんは、ボトックス注射を3年間受け続け施術ミスで片方の瞼が下がり半開きの状態になってしまったのです。

 

まぶたを垂らしたままボッチボトックスに関するホイットニーのビデオは拡散されました。

 

顔のシワを目立たなくするボトックス注射は、美容注射の1つとして知られています。

 

ホイットニーさんは同じ美容サロンで3年間ボトックス注射を受けてきており、これまでに小さな問題ですら起きたことは無かったという。

 

しかし20201年3月上旬に再びボトックス注射を行うと、今までに無い変化が起き始めたのです。

「注射を受けてから4、5日が経過した頃、アーチを描いているはずの一方の眉がまっすぐになっていたのです。」

「すぐに注射をしてもらったサロンに行くと『簡単に治すことができますよ』と言われたので、6日後に予約を取りました。」

すぐに対処できると聞き、安心したホイットニーさんは予約日に再びサロンを訪れ、下がってしまったほうの眉を引き上げるために追加でボトックス注射を行った。」

ところがこの注射が原因でホイットニーさんの目に更なる異変が起きた。

 

ある朝、目覚めると左目が重く感じたホイットニーさんは鏡で確認すると、左瞼は下がって目は半開きの状態となっており、逆に右瞼は上に引き上げられ白目の部分が露出している状態になっていたのでした。彼女は眉毛のアーチに何か問題があると感じました。

 

「前回のボトックス注射は5か月ほど効果が続いたので、しばらく治らないのではないかと思って怖かったです」と当時を振り返るホイットニーさんは、再びサロンに向かった。

臨床医と看護師の中間職と位置づけられているナース・プラクティショナーに相談すると、加齢や目の手術などよって起こる眼瞼下垂と診断された。

 

ホイットニーの状態は一般的に、ボトックスの体液が意図した筋肉から近くの筋肉に染み込み、まぶたを制御するときに起こるといいます。

 

ボトックス注射による眼瞼下垂は、注射箇所のミスや過剰注射によって起こることがあるが珍しい事例だという。

 

また右目が通常よりも見開いた状態になっているのは、眼瞼下垂により左目の視界が悪くなり、それを右目がカバーしようとしたことで発生したとのこと

 

目薬か、さらにボトックス注射を打って下がった瞼を引き上げるか―ホイットニーさんはどちらかの治療方法を選ばなければならなかった。

 

しかし目薬は一時的に治るだけで、長時間の効果は見込めないということだった。

 

シカゴに拠点を置くブロガーのホイットニーさん彼女は自身のInstagramページで「それがどのように始まったのか、私の悪いボトックス(シック)の後にどのように進むのか」というキャプションと共にビデオを共有しました。

 

「ビデオ通話では顔を出さなくてはいけないので、こんな顔は嫌だと思ったんです。でもボトックス注射を打つのは、また失敗してしまうのではという思いもあり、躊躇してしまいました。」

「しかし担当のナース・プラクティショナーが『もし自分の顔だったらもう一度ボトックス注射を行う』と言うので、その言葉を信じることにしたんです。」

 

不安を打ち明けつつも、追加でボトックス注射を行うことにしたホイットニーさんは、その後の様子を毎日写真に撮って経過を追うことにした。

 

その写真を見ると、下がってしまった左瞼は徐々に上がっているように見えるが、3週間経った今も元通りにはなっていないようです。

 

ボトックス注射により起きた眼瞼下垂が治るには、4~6週間ほどかかるそうです。

 

また一度打ったボトックスは簡単に効果が薄れるものではないため、ホイットニーさんはナース・プラクティショナーのアドバイスを受け、サウナマッサージを行い治療のスピードアップを図っているという。

 

ホイットニーさんがTikTokに一連の流れを投稿すると、以下のコメントが寄せられた。

「ボトックス注射を受けようかと考えていたけど、やめておこうかな」

「ホイットニーさんが正直に報告してくれたから、多くの人の参考になると思う」

「こんなの私だったら怒るな」

「こういう事例があるからボトックス注射に手を出せないんだよね」

 

ホイットニー・ブーハさんのインスタグラム「somethingwhitty」

 

 

ボトックス注射を受け施術ミスで片方の瞼が下がり半開きブロガー動画

 

垂れ下がったまぶたを彼女に残すボトックスの失敗についての女性のビデオは
バイラルになります。


Woman’s videos about botched Botox leaving her with drooping
eyelid goes viral

 

まとめ

今回は「美容注射を3年間受け続けた女性、施術ミスで片方の瞼が下がり半開き動画!」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バスを止めたゾウが車内のバナナを横取り

スリランカでバスを止めたゾウが車内のバナナを横取りの動画!

スリランカでバスを止めたゾウが車内のバナナを横取りの動画!野生のゾウと遭遇したドライバーが積み荷のバナナを盗まれる動画がSNS上で話題となり、白昼堂々の犯行に多くの人が驚いた。#Elephant st …

優美なロングヘアが特徴で性格がおっとりしているペルシャネコ

サロンでグルーミングしたペルシャネコ「ライオンカット」で全くの別物の動画。

アメリカに住むTikTokユーザーのアンジーさん(Angie)が、2021年4月に投稿したネコのトリミングのビフォーアフター動画が注目されている。サロンでグルーミングしたペルシャネコ「ライオンカット」 …

首を後ろに180度反らすフィニッシュ・スピッツ

首を後ろに180度反らすことができる犬の動画!

ニュージーランド在住のアシュレイ・マクファーソンさん(Ashleigh Macpherson)は、自宅で4頭のメス犬を飼っていて、6歳のホワイト・スイス・シェパードのカヤ(Kaya)は母親的存在で、他 …

移動する築139年の建物Victorian House

「ビクトリアンハウス」丸ごと引っ越しの動画!

アメリカ・カリフォルニア州で2021年2月21日に行われた、築139年139年の建物、イギリスのビクトリア時代に建築された歴史ある「ビクトリアンハウス」をまるごと移動させるという豪快な引っ越し。大きな …

no image

アリゲーターの尻尾に乗ったゴルフボールを取り返す緊張の瞬間の動画。

米フロリダ州ケープコーラル在住のカイル・ダウンズさん(Kyle Downes)は、コース上の池の近くで約3メートルのアリゲーターの尻尾の上にゴルフボールが乗ってしまった。そのアリゲーターの尻尾に乗った …