最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

ジョビアビエーション はどんな会社か。トヨタが「空飛ぶ車」に出資!

投稿日:

ジョビアビエーション はどんな会社かについて詳しく紹介しています。トヨタがジョビアビエーションの「空飛ぶ車」に出資しました。将来日本の空をジョビアビエーション製の「空飛ぶ車」が飛び交うことになりそうです。

Joby-aircraft

Joby-aircraft

 

ジョビアビエーション はどんな会社か

米国カリフォルニア州サンタクルーズ のあるジョビアビエーション社は、2009年に設立されました。

カリフォルニア州サンタクルーズとサンカルロスあるベンチャー支援の新興航空宇宙企業で、高速で静かなパイロット式全電動垂直離着陸機(eVTOL)を開発および製造している企業です。

 

従業員は2020年1月現在約400人います。今や人気企業になっているようです。

 

会社の目的は「手頃な価格の航空タクシーサービスを目指す。 」とあります。

そしてヘリコプターと小型飛行機の要素を組み合わせて、高い信頼性、ゼロエミッション、高速飛行速度、静かな運用、運用コストの削減、保守コストの削減、安全機能の強化などの利点を提供しています。

ジョビアビエーション の開発した「空飛ぶ車」の最新モデル「S4」はどんな?

Joby-最新型S4

Joby-最新型S4

ジョビアビエーション の開発した「空飛ぶ車」の最新モデル「S4」の詳細スペックは以下のとおりです。

 

固定翼とVテールに6つのチルトプロペラを使用した5シートeVTOL(パイロット1人と乗客4人)ベクトル推力機です。

この航空機は、壮観な景色を望む大きな窓を備えた非常にモダンで未来的なデザインで、
三輪車型の格納式車輪付き着陸装置を備えています。 同社は、航空機がヘリコプターの100倍静かで、無音に近い垂直移動で離着陸することができます。

S4は、6枚の傾斜および折り畳み式ブレードプロペラで構成されており、そのうち4枚は35フィートのパイロンから前方に突出しています。

分散型電気推進システムは、リチウムニッケルコバルトマンガン酸化物電池を動力とする200 mph(322 km / h)の速度まで航空機を操縦でき、150マイル(241マイルkm)。

この航空機は、統合飛行制御システムを採用しており、VTOLから水平飛行モードへの変換時および水平飛行モードへの変換中のパイロットの作業負荷を軽減します。

統合された飛行制御?非常にシンプルな車両運用(SVO)
すべての電気CTOL / VTOL
200 mphの巡航速度(322 km / h)
150マイルの範囲(241 km)
ヘリコプターの100倍静か 。

 

ジョビアビエーション の開発した「空飛ぶ車」のS4の最近のデモンストレーション

2020年1月15日。 「 ブルームバーグのデモンストレーションで、S4は垂直離陸、15マイル(24.1 km)のコースに沿った15分間の飛行をしました。

このデモンストレーション飛行で、制御された着陸を含むパイロットテスト飛行を完了しました。

ジョビアビエーション の開発した「空飛ぶ車」のS4の歴史

ジョビアビエーション の開発した「空飛ぶ車」S4の初飛行は、2017年初頭に行われています。

 

ジョビアビエーションは2018年5月に、垂直飛行協会のPaul E. Haueter賞を受賞しました。

これは、VTOL航空機の開発分野でのヘリコプターや運用垂直飛行機以外の分野への卓越した技術的貢献が、創設者兼チーフ(エグゼクティブディレクター)であるJoeBen Bevirtに授与されました 。

世界初の高速マルチ旅客電動VTOL機のデモに成功したジョビアビエーションにたいし、

当初のJoeBen Bevirt、Paul Sciarraなどの資金提供がおこなわれ2018年に1億3,000万ドルに達しました。

また、米軍への最先端技術の実装に焦点を当てるペンタゴン組織であるDefense nnovation Unit Experimental(DIUx)から970,000.00 USDの資金提供を受け取りました。

ジョビアビエーションと ウーバー(Uber)との提携

Uberは全世界で海外でタクシー配車の非常に便利な配車サービスを行う会社です。

日本でも2018年9月6日、ウーバー(Uber)は、名古屋のタクシー会社フジタクシーグループと協業し、Uberアプリによるタクシー配車サービスを国内で初めて正式に開始しました。
ウーバーは7月には、淡路島で、タクシー会社と淡路県民局ら三者共同による配車サービスの実証実験を始めています。

その配車サービスのウーバー(Uber)と、ジョビアビエーション が、空中ライドシェアリングパートナーシップを発表 しました。

ウーバー(Uber)と、ジョビアビエーション は、2023年までに航空タクシーの配備をターゲットとする契約に署名しました 。

特定の市場で高速で信頼性が高く、清潔で手頃な価格の都市エアタクシーサービスを開始するための複数年にわたる商業パートナーシップを締結しました。

ジョビアビエーション は、電動エアタクシーを供給および運用し、Uberは空中ライドシェアネットワークを通じて空域サポートサービス、スカイポートインフラストラクチャ、地上輸送への接続、および顧客インターフェイスを提供する予定です。

この合意により、ジョビアビエーション は、2023年までに航空タクシーサービスを展開するためのウーバー(Uber)のElevateイニシアチブの最初のパートナーになります。

ジョビアビエーション は、すべての電気式垂直離着陸車両(eVTOL)を乗客用に商業化した最初の航空タクシー開発会社の1つになると予想しています。

ジョビアビエーション のクラス最高のテクノロジー、財政的支援、戦略的関係により、カリフォルニアに本拠を置く航空宇宙企業は、新興の電気航空タクシー業界での競争に有利な立場にあります。

従来の航空機と比較して、これらの新しい全電気自動車は、たいへん静かで、安全で、手頃な価格で、より環境に優しいことを目的としています。

より広範なElevate aviationイニシアチブの一環として、UberはUber Airを開発し、世界中の多くの都市でUberプラットフォームを介したマルチモーダルの地上輸送サービスで接続された短距離都市フライトを可能にします。

このイニシアチブの一環として、人口の多い都市部で小型の操縦された電気航空機の艦隊が4人乗りのライドシェアリングフライトを提供します。

ジョビアビエーション のCEOであるJoeBen Bevirtは次のように述べています。

次世代の航空機と都市の飛行操作をUberのオンデマンドグラウンドモビリティネットワークに導入することで、人々を運転の5倍の速さで目的地に到達させ、都市の混雑を緩和し、持続可能な交通手段への移行を加速することを目指しています。」

ElevateのヘッドであるEric Allison氏は次のように述べています。

「人々がボタンを押して手頃な価格のフライトを手に入れることができる交通の未来に日々近づいています。 Jobyは真のテクノロジーリーダーであり、その車両はUber Airのライダーに安全で静かで手頃な価格のサービスを提供できるように設計されています。

このパートナーシップにより、オンデマンドの空中ライドシェアサービスを実現するための次の一歩を踏み出すことに興奮しています。」と述べました。

ジョビアビエーションの描く「航空輸送の未来」 について

空飛ぶ車のイラスト

空飛ぶ車のイラスト

ジョビアビエーションの描く「航空輸送の未来」 についてご紹介します。

混雑は悪い…そして悪化している。 多くの都市の交通システムは限界点にありますが、人口の増加、都市化、および資金不足のインフラストラクチャは依然として強力なトレンドです。 これにより、通勤時間が長くなり、生活の質が低下します。

地上交通の制約から解放された世界を思い描きます。

日々の生活は、交通渋滞に費やされる時間によって制約されることはありません。

最も価値のある時間を過ごすためのより多くの時間と、働く場所を選択する自由、遊びがあります。

最初の10年以上にわたり、当社は航空タクシー市場を開拓するために特別に設計された、最も先進的で快適な電動垂直離着陸機を静かに開発してきました。

これまで、私たちは航空機開発のハードビジネスに真剣に取り組んできました。

適切な車両は、すべての人が毎日の航空輸送にアクセスできるようにするために必要な使用法と規模の規制を解除するための鍵です。

子供の頃、私たちは皆、いつか「空飛ぶ車」を所有することを夢見ていました。

しかし、誰にでも航空輸送を提供する最も安全で手頃な方法は、これらの車両を操作し、ライダーに直接サービスとしての航空輸送を提供することだと考えています。

このアプローチにより、高度な訓練を受けたパイロットが確実に車両を操縦できるようになり、サービスを継続的に最適化して着実に低価格化することができます。

わが社のビジョンは、すべての人のための航空輸送の実現です。

私たちは、この交通手段を誰でも手頃な価格で利用できるようにすることを目指しています。

当初から、完全電動のパワートレインにより、燃料費の削減、メンテナンスの削減、高速化が可能になり、より多くの旅行に運用費用を振り向けることができます。

時間が経つにつれて、製造量、バーティポートインフラストラクチャ、および使用量を増やすサービスを拡大して、着実に乗客の価格を下げ、最終的には今日の地上輸送のコストに近づきます。

この規模に達するには時間がかかることを認識していますが、これは常に長期的な旅でした。 私たちはすでに10年前からこの問題に静かに取り組んできましたが、今後も、この問題に取り組んでいます。

 

以上今回は、トヨタが「空飛ぶ車」に3億4900万ドルを出資したジョビアビエーション はどんな会社かの事を書きました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

なお、「空飛ぶ車」関連記事もご覧ください。

空飛ぶ車はなぜ普及しないのか! コスト、安全性、飛行距離が三つの課題。」

トヨタが出資した「 ジョビー・アビエーション」の空飛ぶ車とはどんな?

 

 

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女子作業員

【派遣社員必見】同一労働同一賃金問題点とは。派遣社員の立場でやさしく解説

今年4月より同一労働同一賃金の制度が派遣社員の場合、派遣に従事しているすべての人が対象となります。同一労働同一賃金の問題点を派遣社員の場合にしぼってわかりやすく解説します。この記事は派遣社員の立場で派 …

身体に落書きして叱られる3歳児フィン君

身体に落書きで叱られる3歳児が穏便に済ませようと話す姿の動画!

米アラバマ州フォート・ペイン在住のラターシャ・マクレンドン=ダヴさん(LaTasha McClendon-Dove)はある日、リビングから息子のフィン君(Finn)3歳半といとこ2人の笑い声が聞こえた …

マスク

アベノマスク批判でカビノマスクの異名に変化。きになる製造元は?

新型コロナウイルスの感染防止策として、政府が配布する布マスクへの批判が続いている。製造元は、ようやく判明。SNSでは「カビノマスク」と不衛生なイメージを拡散。アベノマスクの製造元の明確化を望む声も強ま …

警察マーク

「高齢運転者対策」「あおり運転厳罰化」改正道交法の詳細内容、実施時期。

6月2日「高齢運転者対策」改正道交法が成立しました。高齢運転者対策のポイントは 75歳以上が対象で、実車試験と、安全運転サポートカーの限定免許の導入です。「あおり運転厳罰化」では、違反一回で即免許取り …

ケネス・メレディス、ベティ夫妻

英国結婚71年の90代夫婦施設にいる認知症の夫に妻が涙のサプライズ動画!

結婚71年の90代夫婦、施設に入居した認知症の夫に妻が涙のサプライズ「あなたなしでは生きられない」と夫に内緒であるサプライズを決行。再会の瞬間の動画。#Devoted wife surprises ケ …