最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

【速報】2020年日経の企業イメージ調査「地球環境に気を配っている」ランキング

投稿日:

2020年日経の企業イメージ「地球環境に気を配っている」ランキングのビジネスパーソン投票と一般投票の各上位ランキング10位までの速報と解説コメントです。トヨタをはじめ自動車メーカー各社に加え、資源エネルギー関連や製造業で環境問題に積極的に取り組んでいる企業が上位を占めています。

森林の散策小道

森林の散策小道

 

2020年日経企業イメージ調査「地球環境に気を配っている」ランキングビジネスパーソン投票

 

2020年日経企業イメージ調査「地球環境に気を配っている」ランキングビジネスパーソン投票上位10位です。カッコ内は前年の順位

1位  トヨタ自動車(1位)
2位  ブリジストン(3位)
3位  コスモ石油 (5位)
4位  ホンダ   (4位)
5位  住友林業  (9位)
6位  日産自動車 (2位)
7位  住友ゴム工業(23位)
8位  花王    (8位)
8位  日本たばこ産業(17位)
10位 富士フイルム(6位)

2020年日経企業イメージ調査「地球環境に気を配っている」ランキング一般個人投票

1位  トヨタ自動車(1位)
2位  日産自動車 (2位)
3位  ホンダ   (3位)
4位  ブリジストン(4位)
4位  SUBARU(26位)
6位  ダイハツ工業(11位)
7位  コスモ石油 (6位)
8位  住友林業  (5位)
9位  スズキ   (20位)
10位 マツダ   (16位)

樹木

樹木

 

2020年日経企業イメージ調査「地球環境に気を配っている」ランキング評価

「地球環境に気を配っている」、資源エネルギー関連のコスモ石油が5位から3位に順位を上げました。

「エコカード基金活動地球温暖化防止」をテーマに、持続可能な社会の実現をめざしている活動が評価されました。

「ずっと地球で暮らそう。」を合い言葉に、「地球温暖化問題への取り組み」や「生物多様性の保全」という2つの側面から、国内外の環境修復と保全、次世代の育成をテーマに取り組んでいます。

それらの活動は、現地で活動するNPO・NGOなどのパートナーとともに取り組み内容を考え、地域社会の人たちと何度も議論し作り上げています。

ブリジストンも昨年より順位を上げています。

主力製品の自動車のタイヤのエコ性能の向上化や、電動アシスト自転車も回生機能付きで「走りながら充電」のキャチコピーなどがエコイメージの向上につながっています。

また、自動車メーカーは車のエコ技術開発などで軒並み上位をとっています。

トヨタは、ハイブリッドの主力製品プリウス、プリウスPHV、日産は電気自動車リーフ、電気駆動で燃費が向上したノートなど。

 

住友林業、住宅メーカーとしてZEH ゼッチ (Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略)への積極的取り組みや、社有林を大規模に所有したり、街中の資源緑化・木化事業が評価されているようです。

 

日本たばこ環境マネージメント推進、環境負荷減活動が評価されたと思います。

花王は、「花王は、原材料を選ぶところから、ごみに出すところまで、そのすべてがエコにつながるモノづくりに取り組み」を評価されました。

自然の中の散策

自然の中の散策

 

 まとめ

今回は、「【速報】2020年日経の企業イメージ「地球環境に気を配っている」ランキング」をおおくりしました。

「地球環境に気を配っている」の企業は自動車メーカーがかねてからのエコカーブームで有利ですがそんな中、企業として積極的にエコ活動に取り組み、コスモ石油のように併せてPR活動に積極的な企業が上位に挙がって来ているという感じでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

【速報】2020年日経の企業イメージの関連記事もご覧ください。

【速報】2020年の日経の企業イメージ調査総合首位はトヨタ

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンピューター

中国のサイバー攻撃か?8千人の個人データ流出流出の恐れあり。

三菱電機は20日、サイバー攻撃を受け、従業員、退職者、採用応募者など合計8122人の個人情報が流出した恐れがあると発表した。 目次1 個人データが流出。中国のサイバー攻撃の可能性?8千人の個人情報流出 …

西ノ島

小笠原諸島の西之島火山が活発化、「爆発の可能性も」!

海上保安庁は20日、昨年12月に噴火を確認した東京・小笠原諸島の西之島を17日午後に上空から観測した結果、山頂にある中央火口の連続的噴火や灰色の噴煙が高度約1800メートルまで上がっていることを確認し …

通勤風景

黒字リストラとは、なぜ今黒字企業が早期退職を拡大するのか。今後生き抜くコツとは!

黒字リストラとは何か?黒字リストラで、今、業績好調の企業がリストラ目的で早期退職者を急拡大して募っています。その理由を挙げ、さらに日立のリストラをみて、これからの時代を生き抜くコツを探ります。 サラリ …

加藤しゅう

加藤しゅう氏がコロナウイルス支援アプリ「Asiato」、プロフィール

コロナウイルスのパンデミックとの闘いを支援ソフト「Asiato」は、日本の函館市出身のコンピュータに詳しい10代の加藤しゅう氏によって開発されました。16歳の加藤しゅう氏はスケートボード、ブルーノマー …

新型ブニヤウイルス

中国で『新型ブニヤウイルス』が出現!特徴を徹底解説。

中国で今度は『新型ブニヤウイルス』が出現してしまう! 60人が感染し、7人が死亡する事態になっています。『新型ブニヤウイルス』(血小板減少症候群(SFTS))とは何かを徹底解説。 新型ブニヤウイルス …