最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

15歳で薬物に溺れた28歳女性の衝撃ビフォーアフター!

投稿日:

15歳で薬物中毒、過剰摂取19回、ホームレス6年、28歳女性の衝撃ビフォーアフター。米ニュージャージー州在住のマディソン・マクマナスさん(Madison McManus)が安価で強力なクラック・コカインとヘロインに手を出したのは15歳の時、当時つきあっていた彼氏に勧められ軽い気持ちで始め、それから薬物を断つまでの約10年間で19回も薬物過剰摂取となり、意識を失うなど危険な状態に陥った。やがて逮捕され刑務所の中で『もう絶対薬物はやらない』と誓った28歳女性の衝撃ビフォーアフター。

マディソン・マクマナス

マディソン・マクマナス

15歳で薬物に溺れた28歳女性の衝撃ビフォーアフター。

米ニュージャージー州在住のマディソン・マクマナスさん(Madison McManus)28歳は15歳の時、安価で強力なクラック・コカインとヘロインに手を出した。

 

当時つきあっていた彼氏に勧められ軽い気持ちで始めたマディソンさんだが、それから薬物を断つまでの約10年間で19回も薬物過剰摂取となり、意識を失うなど危険な状態に陥った。

彼女は学校を中退し、「使用を止めることができなかった」ので、それは深刻な状況だったといいます。

マディソンさんが立ち直るまでの28歳女性の衝撃ビフォーアフター

 

15歳から約10年も薬物に溺れていたマディソンさん、今から約2年半前にきっぱりと薬物を断った。

マディソンさんはどん底だった頃の写真をSNSで公開し、同じ悩みを持つ人々に向けて「決して諦めないで! 必ず道は開けるわ」と呼びかけている。

 

私はもう使いたくないと思い、南ジャージー州の30日間のプログラムに行き、治療を続けたいと願い、4ヶ月間の仮の住まいで過ごしました、とマクマナスは説明します。

マディソン・マクマナス

マディソン・マクマナス

 

マディソンさんは荒れた生活をしていた当時を「病気だった」と振り返り、次のようにコメントしました。

「15歳で薬物を知った私はリハビリ施設への入退所を繰り返し、18歳で妊娠したの。」

「妊娠中の9か月間だけはシラフでいられたけど、娘が生まれるとすぐ薬物に走り、親権を失った。」

「あの頃の私は学校を中退し、娘の一時的な親権を捨て家族も友人も失っていつもひとりぼっちだった。それなのにどうしても薬物を止められず、ついには魂も失くしたの。」

「私は周りがどんなに助けようと努力しても、聞く耳さえ持たなかった。そうして20歳でホームレスになり、6年間もすさんだ生活を続けたわ。」

「その間は何度も警察に捕まり、盗みもやった。病気よね。そして夜ベッドに入るといつもこう思っていたの。『もう落ちるところまで落ちた。こんな状態から抜け出せるはずがない。このまま目を覚まさなくても構わない』とね。」

 

「私は周りの皆やすべてを避け、荒くて暗い街で6年間ホームレスを始めました。その病気は6年間私を捕らえていて、私を捕らえました。娘を失い、家族を失い、自分を失ったことをとても恥ずかしく思い、後悔しました。」

 

「どん底だったのは2018年7月18日よ。あの日、私は大きな岩の上に座り、神様に『お願いだから、どうにかして!』と祈って泣いたの。そして約2時間後、私は再び逮捕されたのよ。そして刑務所の中で『もう絶対薬物はやらない』と誓い、リハビリ施設で30日を過ごしたわ。」

 

マディソン・マクマナス

マディソン・マクマナス

 

マディソンさんが立ち直る過程で、最初に手を差し伸べてくれたのは家族や友人だったそうで、施設を出て自宅に戻ると地域の非営利の自助グループに助けられたという。

 

マディソンさんは、薬物依存の人々が自分の経験をシェアするFacebookグループ『The Addict’s Diary』(アディクトの日記)で彼女の話を共有したにビフォーアフターの写真を投稿しました。

 

そして元亀裂とヘロイン中毒者の彼女が薬物から解放され、19回過剰に行った後に信じられないほどの変革を受けた方法を明らかにしました。

 

「私の写真を見て! きっと世間の人々は以前の私を見たら『この子は依存から抜け出せる』とは思わないでしょうね。でも私はやり直すことができたのよ!」と投稿しています。

 

15歳で薬物に溺れた28歳女性の現在の思い。

マディソン・マクマナス

マディソン・マクマナス

現在のマディソンさんは9歳になった娘の親権を取り戻すために奔走しており、過去の薬物依存や現在の思いについてこのように述べた。

 

薬物を止めて気付いたのは、一番の問題が自分にあったということよ。そしてどんなにどん底まで落ちてもやり直すことは可能だということ。だから私と同じような問題を抱えている人は決して諦めず、前向きに生きることが大切よ!」

 

本当の仕事は、私のプログラムの後にサウスジャージーで自分のアパートを手に入れた時に来ました。私はアルコール依存症の匿名を見つけ、それが本当の成長が始まったとき、そして今、私は決して止まらないことを知っています。

 

私は自分が持っているポジティブさを保ち、毎日成長し続け、それを他の人に与え続けなければならないという希望を持つこと以外に、私の人生の中で何も求めません

 

苦労している人には、答えがあり、この病気に対する解決策があります」

私は悲惨な生活に満ちた生活を送り、目を覚まさないで寝るたびに祈りました。私は長い間、私はそこから抜け出すことはありませんだろうと思っていました。十分に持っていたとき、私は新しい生き方を見つけました。それは可能です、助けがあります。」

この人生は短く、生きることを意味し、空虚な気分の病気に立ち往生しないようにします。ただ戦い続ける、この新しい生活様式は美しいです。そして、常に感謝し、謙虚で、オープンで、あなたの道に来るすべてのものに受け入れることを忘れないでください」

 

まとめ

今回は「15歳で薬物に溺れた28歳女性の衝撃ビフォーアフター!」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新型ブニヤウイルス

中国で『新型ブニヤウイルス』が出現!特徴を徹底解説。

中国で今度は『新型ブニヤウイルス』が出現してしまう! 60人が感染し、7人が死亡する事態になっています。『新型ブニヤウイルス』(血小板減少症候群(SFTS))とは何かを徹底解説。 新型ブニヤウイルス …

FNDのメーガン・ジャクソンと恋人のタラ・ソーキン

幸せを感じると発作を起こして記憶を失う女性(Megan Jackson)!

恋人がプロポーズを躊躇、稀な疾患により幸せを感じると発作を起こして記憶を失う女性の話題。英ウェスト・ヨークシャー在住のメーガン・ジャクソンさん(Megan Jackson)が動画共有アプリ「TikTo …

エリア51とUFO

ペンタゴンUFO「未確認空中現象」のタスクフォースをついに発足!

ペンタゴン、UFO「未確認の空中現象」を調査するためにタスクフォースを発足します。国防総省は、国家安全保障に脅威をもたらす可能性のあるUFOを「検出、分析、およびカタログ化」することを目的とするタスク …

ウオークスルー方式

富士宮市のPCR検査ウオークスルー方式導入

富士宮市のPCR検査「ウオークスルー方式」スタート。ウオークスルー方式を採用し、医師より検体を採取。これにより、かかりつけ医師の紹介でPCR検査が迅速に受けられることとなった。場所は、富士宮市救急医療 …

「ケイズ・ファッジ」のレシピが刻まれた墓石。

墓石に刻まれたお菓子のレシピ「ケイのファッジ」の動画!

米ユタ州キャッシュ郡のローガン墓地で、2019年に97歳で亡くなったキャサリン・アンドリュースさん(Kathryn Andrews)の菓子の「ファッジ」のレシピが記載された変わった墓石があり、ネットで …