最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

科学

金星に生命の痕跡か 大気からホスフィン検出の動画!

投稿日:

金星に生命の痕跡か 大気からホスフィン検出の動画で紹介します。NASAのブライデンスタイン長官はツイッター(Twitter)に「金星に生命? 嫌気性生物が生み出すホスフィンの発見は、地球外生命体の存在を示す上でこれまでで最大の進展だ」と述べています。#Traces of life on Venus or phosphine detected in the atmosphere

金星

金星

金星に生命の痕跡か 大気からホスフィン検出

金星を取り巻くホスフィン

金星を取り巻くホスフィン

 

金星の大気から、地球では生命体によって生み出されるガスであるホスフィン(リン化水素)の痕跡を検出したとする研究論文が9月14日、英科学誌ネイチャー・アストロノミー(Nature Astronomy)に掲載されました。

 

米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン(Jim Bridenstine)長官は、地球外生命体探査史上「最大」の発見だと見解を述べています。

金星を取り巻くホスフィン

金星を取り巻くホスフィン

金星は地球に最も近い惑星で、太陽に近いため、日中の気温は鉛が溶けるほど高く、大気はほぼすべてが二酸化炭素で構成されていることから、しばしば地獄のような環境だと表現されることが多い。

 

論文を発表した研究チームは米ハワイとチリのアタカマ砂漠(Atacama Desert)にある望遠鏡を使い、金星の表面から約6万メートル上空にある雲の上層部を観測し、ホスフィンの痕跡を検出した。

 

ホスフィンは地球上では有機物の分解により発生することの多い可燃性ガスです。

金星を取り巻くホスフィン

金星を取り巻くホスフィン

論文の主執筆者であるカーディフ大学(Cardiff University)宇宙物理学部のジェーン・グリーブズ(Jane Greaves)氏は、ホスフィンが地球以外の岩石惑星で検出されたのは初めてだと述べています。

 

研究チームは、ホスフィンの存在が金星上の生命の存在を証明するものでないと強調しているが、灼熱(しゃくねつ)の金星表面を渦巻く雲は強酸性でホスフィンを即座に破壊することから、金星にはホスフィンを生み出しているものが存在することが示されたとも指摘。

 

観測結果は、金星に「変則的かつ未解明の化学現象」が存在する証拠となったと結論付けた。

NASAのブライデンスタイン長官はツイッター(Twitter)に「金星に生命? 嫌気性生物が生み出すホスフィンの発見は、地球外生命体の存在を示す上でこれまでで最大の進展だ。NASAは約10年前、地球の上空12万フィート(約3万6600メートル)の高層大気で微生物を発見した。金星を優先させる時がきた」と投稿しています。

金星に生命の痕跡か 大気からホスフィン検出の動画

 

大気中の地球のようなホスフィンガスの発見における金星の生命の兆候。


Sign of life on Venus in discovery of Earth-like phosphine gas in atmosphere

エイリアンの生命は、私たちの最も近い宇宙の隣人である金星で地球のようなガスを生成している可能性があります。

灼熱の「地獄の惑星」は、表面温度が470℃に達している人間を即座に殺します-そして、あなたが生きて砕かれるであろう非常に高い圧力。

しかし科学者たちは、金星の「温帯」上層雲層が何らかの生命のホストになる可能性があると考えています。

その理論を支持するのは、金星の大気中にホスフィンガスを発見したイギリスの科学者のチームです。

ここ地球上では、ホスフィンは有機物の分解によって作られます-同じことが金星にも当てはまる可能性があります。

科学者は今度は探査機を金星に送り、エイリアンの生命の存在を確認する必要があります。

ホスフィンは多くの異なる方法で惑星に現れることができます。

大気中、表面上、または表面下に作成できます。また、別の惑星からも配信できます。

金星では、フォスフィンが表面から約60 km上方、つまり曇った大気で検出されました。

そして科学者たちは、これが異星人の生命の助けなしではどのように起こり得るのかは不明であると言います。

悲しいことに、金星に生命が隠れているという100%の保証はまだありません–まだ。

「ホスフィンの検出は生命の確固たる証拠ではないことを強調します」と、発見をしたチームを率いたカーディフ大学のジェーン・グリーブズ教授は言いました。

「しかし、我々はホスフィンへの多くの化学経路を除外しており、最も可能性の高いものは4〜8桁不足している」

ホスフィンは、岩石の多い惑星の大気中で発見されると、「生命の前途有望な兆候」として広く受け入れられています。

地球の大気中の微量のホスフィンは、人間と微生物の活動に直接関連しています。

そして、それは他の惑星にも見られます。

私たちの太陽系の巨大なガス惑星では、ホスフィンは深い大気層で生成され、その後対流によって上方に浚渫されます。

しかし、金星のような岩の多い惑星では、固体の表面が障壁として機能し、このメカニズムを防ぐ必要があります。

 

金星で発見された生命のヒント。


ー   Possible Hint of Life Discovered on Venus

生命の象徴であると長い間考えられている化学物質であるホスフィンは、金星の雲の中を漂っています。

天文学者は金星の雲の中で生命の兆候を見つける。


ー Astronomers find signs of life in the clouds of Venus

惑星の雲の中に隠されているホスフィンガスを発見した後、科学者たちは金星に生命が存在するかもしれないと示唆しました。

ガスは金星の大気で検出されました、それはそれが未知の光化学的または地球化学的プロセスをホストすることができることを示します。

地球上では、ホスフィン-ニンニクや魚の腐敗の匂いがする無色のガス-は、主に嫌気性の生物源(酸素を必要としない生物)によって生成されます。

そして、有機物の分解から少量のガスが自然に発生します。金星-太陽から2番目の惑星-の表面の状態は生命に敵対的ですが、表面から約53〜62 km(33〜38マイル)上方の雲の甲板の環境は温暖です。

まとめ

今回は「金星に生命の痕跡か 大気からホスフィン検出の動画!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海洋の生物

オーストラリア山火事,日本の暖冬の原因は【ダイポールモード現象】説!

オーストラリアの山火事が日本の暖冬の原因説が今、有力に考えられています。昨年2019年より発生したオーストラリアの森林火災は、オーストラリアの全森林の2割は焼き尽くしました。この火災は半年以上も燃え続 …

「こうのとり」9号機

【画像】「こうのとり」9号機、打ち上げ成功、動画、画像、

「こうのとり」9号機、打ち上げ成功。桜島の上空で弧を描くH2Bロケット9号機の光跡=鹿児島市で2020年5月21日午前2時半。最後のH2Bロケット打ち上げ成功。打ち上げの動画、画像を紹介。 「こうのと …

タニストロフェウス( Tanystropheus)

タニストロフェウスの驚愕的な解明結果!

科学者は実際の海の怪物の謎を解明しようとしています。しかし、タニストロフェウスを取り巻く残りの詳細はあいまいなままであり、多くの議論がなされてきました。これらの動物は陸上または水中に住んでいたのか。そ …

スペースXの新型宇宙船「クルードラゴン」

スペースX新型宇宙船、無事に地球に帰還の詳細を動画で確認!

スペースX新型宇宙船、無事に地球に帰還の詳細を動画で確認。#Space X returned to Earth。 スペースXの新型宇宙船「クルードラゴン」 目次1 スペースX新型宇宙船、無事に地球に帰 …

オリオン座星雲

ベテルギウス爆発いつか、そしてどうなるか、地球への影響は、明るさの変化は

オリオン座星雲   オリオン座の肩の部分で赤い色で輝いているベテルギウス爆発いつか、そしてどうなるかですが、爆発すれば人類歴史上もっとも明るい超新星となります。この数十年でもっとも暗くなって …