最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

科学

絶滅の危機に瀕しているモウコノウマのクローンの動画!

投稿日:

米カリフォルニア州のサンディエゴ動物園は、絶滅の危機に瀕しているモウコノウマのクローンを誕生させることに初めて成功しました。#clone an endangered Przewalski horse.

モウコノウマのクローン

モウコノウマのクローン

絶滅の危機に瀕しているモウコノウマのクローン誕生。

モウコノウマのクローン

モウコノウマのクローン

 

サンディエゴ動物園の9月4日の発表によると、クローンで誕生したのはオスの子馬で、8月6日にテキサス州の施設で家畜馬の代理母が出産したとのこと。

 

米国立動物園によると、モウコノウマは最後の野生馬として知られる。もともと欧州やアジアに生息していたが、開発や環境の変化によって個体数が激減していました。

 

野生の個体は絶滅が宣言され、過去40年は主に動物園で飼育されて生き残ってきました。

ただしモンゴルでは群れも見つかっています。

モウコノウマのクローン

モウコノウマのクローン

 

サンディエゴ動物園などと連携してクローン誕生にかかわった野生生物保護団体の代表は、「これで絶滅に瀕した野生種を遺伝的に救うチャンスが広がる」と指摘しました。

モウコノウマのクローン

モウコノウマのクローン

絶滅の危機に瀕しているモウコノウマのクローンの動画!

 

絶滅危惧種のPrzewalskiの最初のクローンは、8月6日に生まれました。


The first successfully cloned endangered Przewalski’s horse was born on Aug. 6.

サンディエゴ動物園、リバイブ&リストア、ティンバークリーク獣医病院の世界クラスのチームとの、このような信じられないほどの歴史的な保全活動とは別に名誉なことです。カートへようこそ!

 

クローンされたPrzewalskiの子馬の誕生は遺伝的多様性を提供します。


Birth of Cloned Przewalski’s Foal Offers Genetic Diversity

2020年8月6日、世界で最初のクローン化に成功したPrzewalskiの馬は、ViaGen Equineの協力者であるTimber Creek Veterinaryの獣医施設でテキサス州に生まれました。国内の代理母から生まれた子馬は、40年前にサンディエゴズーグローバル(SDZG)FrozenZoo®でDNAが凍結保存されていたオスのプレツェヴァルスキーの馬のクローンです。コルトの誕生は、世界に失われていた遺伝的多様性を復活させ、リバイブ&リストア、ViaGen Equine、サンディエゴズーグローバル間のこの重要なパートナーシップにより、現在は回復されています。

「この誕生は、絶滅危惧種の野生種の遺伝的救済の機会を拡大します」と、Revive&RestoreのエグゼクティブディレクターであるRyan Phelan氏は述べています。 「クローニングを含む高度な生殖技術は、本来なら失われていた遺伝的多様性を回復することを可能にすることで種を救うことができます。」
新しいクローンの子馬は、サンディエゴ動物園サファリパークに移されて、彼の年をとると種の繁殖群に統合される予定で、プシェヴァルスキの馬の保護にとって大きなマイルストーンとなります。彼は1980年から冷凍動物園に保管されている細胞株からクローンされました。その種牡馬は1975年にイギリスで生まれ、1978年にアメリカに移され、1998年まで生きました。新しいクローンが成熟し、繁殖に成功すると、彼はPrzewalskiのウマ個体群の遺伝的多様性の貴重な注入。
「この子馬は、彼の種の遺伝的に最も重要な個体の1つであると期待されています」と、サンディエゴ動物園グローバルの最高生命科学責任者であるボブウィーゼ博士は述べました。 「彼がプシェヴァルスキの馬の個体群の将来にとって重要な遺伝的変異を取り戻すことを期待しています。」

コルトは、フローズン動物園とサンディエゴ動物園グローバルでの保全研究プログラムの設立に尽力したカートベニルシュケ医学博士に敬意を表して「カート」と名付けられました。
「FrozenZoo®の中心的な信条は、Benirschke博士によって設立されたとき、当時は不可能だった目的に使用されることでした」とSan Diego Zooの遺伝学部長、オリバーライダー博士は述べています。グローバル。 「現在、冷凍動物園の生細胞は、遺伝的多様性の喪失を逆転させ、人口の持続可能性に貢献しています。数百頭のPrzewalskiの馬の細胞は冷凍動物園に生息し、科学的研究を適用して種を未来に保存する新しい機会の基礎を形成しています。」
かつて野生で絶滅していたPrzewalskiの馬は、過去40年間ほとんど世界中の動物園で生存しており、生存しているすべての馬は野生で生まれた12頭のPrzewalskiの馬と関係があります。集中的な育種プログラムは種の回復を助けましたが、遺伝的多様性の損失が発生しましたが、これらの損失は、冷凍動物園に保管されている生細胞の可用性に基づいて、クローニングなどの細胞技術を使用して停止できます。

 

まとめ

今回は「絶滅の危機に瀕しているモウコノウマのクローンの動画!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海洋の生物

オーストラリア山火事,日本の暖冬の原因は【ダイポールモード現象】説!

オーストラリアの山火事が日本の暖冬の原因説が今、有力に考えられています。昨年2019年より発生したオーストラリアの森林火災は、オーストラリアの全森林の2割は焼き尽くしました。この火災は半年以上も燃え続 …

惑星直列 2020年

2020年7月惑星直列の観測について。

2020年7月4日の惑星直列では、惑星がほぼ一直線に並びます。太陽系の7惑星、水星―金星―地球―火星―木星―土星―冥王星です。2020年の惑星直列は、観測という面から見れば、一晩ですべての惑星を見るこ …

宇宙ステーション

月探査で日米共同宣言「アルテミス計画」に日本も参加。

米国が、主導する月探査計画に日本が協力し、日本人宇宙飛行士が月面に降り立つ ことが実現しそうである。日米両国は7月10日月探査の共同宣言に署名した。日米欧が協力して、宇宙開発を加速する中国に対抗する。 …

オリオン座星雲

ベテルギウス爆発いつか、そしてどうなるか、地球への影響は、明るさの変化は

オリオン座星雲   オリオン座の肩の部分で赤い色で輝いているベテルギウス爆発いつか、そしてどうなるかですが、爆発すれば人類歴史上もっとも明るい超新星となります。この数十年でもっとも暗くなって …

KYODONEWS 小惑星りゅうぐう(JAXA提供)

小惑星りゅうぐうの表面構造が判明「隙間の多い、すかすかな構造」構造物質は。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の3月17日付英科学誌ネイチャー電子版に発表によると、はやぶさ2が小惑星りゅうぐうを観測した結果、がれきが重なったような隙間だらけの構造だったと発表。「インスタントコー …