最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

ボニー・ポインター死去、プロフィールや家族そして音楽活動について。

投稿日:

ポインター・シスターズのメンバーだったボニー・ポインターさんが6月8日、西部カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅で死去した。享年69歳。ポインターの4人の姉妹、ルース、アニタ、ボニー、ジューンは、父親が牧師であったカリフォルニア州オークランドの教会で歌いながら育ちました。

ボニー・ポインター

ボニー・ポインター

ボニー・ポインター死去

 

ボニー・ポインター、「ポインター・シスターズ」の創設メンバー死去。

 

ポインター・シスターズのボニー・ポインター(Bonnie Pointer)が死去。R&BグループThe Pointer Sistersのメンバーであるボニー・ポインターは69歳で亡くなっています。

ボニー・ポインター

ボニー・ポインター

 

ボニー・ポインターは月曜日にロサンゼルスの自宅で心停止で亡くなりました。

「妹のボニーが今朝亡くなったのは、ポインターシスターズのファンに告知しなければならないのは、とても悲しいことです。」ボニーの元バンドメイトの姉のアニタは、代表ロジャーニールが提供したUSA TODAYへの声明で述べました。

 

アニタは「私たちの家族失望している」と述べ、ポインター家族に代わって「現時点での祈り」を伝えました。

「ボニーは私の親友であり、私達は毎日話しました。私たちは人生でけんかをしたことは一度もありません。もう彼女に会いたくて、いつかまた会えるでしょう」と彼女は言った。

 

彼女と彼女の姉妹は、ジャンプ(For My Love)とI’m So Excitedのヒットで最もよく知られたグラミー賞を受賞したポインターシスターズとして名声を博しました。

ボニー・ポインター

ボニー・ポインター

 

ボニー・ポインターのプロフィール

 

ポインターの4人の姉妹、ルース、アニタ、ボニー、ジューンは、父親が牧師であったカリフォルニア州オークランドの教会で歌いながら育ちました。

 

ポインター・シスターズ

ポインター・シスターズ

 

高校を卒業して間もない頃、最初に教会を出てクラブに移り、プロの歌手としてのキャリアを追求したのはボニーでした。

彼女は6月に妹にも参加するよう説得し、2人は1969年にデュオとして一緒にギグを始めました。

そののち、さらに結婚していた2人の姉も加わることになりました。

 

「ポインター・シスターズは、ボニーがいなかったら、決して成立していないだろう」と述べた。

カルテットは、ファンク、ソウル、1940年代スタイルのジャズ、スキャット、ポップのユニークなフュージョンを演じ、多くの場合、その先駆者であるアンドリュースシスターズに似たレトロなスタイルに身を包みました。

ポインター・シスターズ

ポインター・シスターズ

ボニーとその姉妹は、1970年代を通じてヒット曲を数多く記録しました。ブレイクアウトソング「Yes We Can Can」、「Wang Dang Doodle」、「How Long(Betcha ‘Got a Chick on the Chick)」などがあります。

Bonnieはグループの1974年のクラシック「Fairytale」を共同執筆し、Billboard Hot 100シングルチャートで13位に達し、デュオまたはグループによる最高のカントリーボーカルパフォーマンスでグラミー賞を獲得しました。

テネシー州ナッシュビルのグランドオールオープリーで演奏した最初のアフリカ系アメリカ人グループでもありました。

Elvis Presleyは、1年後に「Fairytale」のカバーをリリースしました。

ボニーは1977年にソロのキャリアを追求するためにグループを去り、エルギンズの「Heaven Must Have Sent You」のディスコカバーでささやかな成功を収めました。

 

一方、ポインターシスターズ(ルースとアニタが率いる)は、「I’m So Excited」、「Slow Hand」、「Fire」、「He’s So Shy」などの曲で1980年代に最大の商業的成功を収めました。

今年、ボニーとアニタは、2006年に亡くなった亡き姉ジューンへのオマージュである「フィールズライクジューン」をリリースしました。

姉妹のルースは、ポインターシスターズで現在も演奏している唯一の兄弟であり、娘と孫娘が加わっています。

これは、ボニーが亡くなる前に録音された最後の曲でした。

ボニー・ポインター

ボニー・ポインター

ボニー・ポインターの家族

ボニー・ポインターは、カリフォルニア州オークランド出身。

ルース(Ruth、1946年3月19日-)、アニタ(Anita、1948年1月23日-)、ボニー(Bonnie、1951年7月11日-)、ジューン(June、1953年11月30日-2006年4月11日)の四姉妹で生まれました。

 

ボニーは、彼女の兄弟、アーロンとフリッツ、そして姉妹、ルースとアニタ・ポインターが健在です。

ポインター・シスターズ

ポインター・シスターズ

ボニーさんは3女で、1971年に次女アニタ(72)、四女ジューンさん(2006年に52歳で死去)とともにアトランティック・レコードと契約してメジャーデビュー。

 

翌1972年に長女ルース(74)も加わって姉妹4人組のグループとなった。

 

1975年には「フェアリーテイル」でグラミー賞の最優秀カントリーボーカル・グループ賞を受賞。1977年にはボニーさんがソロに転向して三人組となった。

ポインター・シスターズ

ポインター・シスターズ

ポインターシスターズはジューンさんの死去のあと、2015年にアニタが脱退。現在はルースの娘イッサ(42)と孫娘のサダコ・ジョンソン(36)の3人で活動を続けている。

 

四姉妹には2人の兄がいて、長兄のアーロン・ポインター氏(78)は1970年から1972年まで西鉄ライオンズで3シーズンにわたって外野手としてプレーし、通算302試合で打率・230、40本塁打という成績を残した

 

結婚では、1978年、ボニーはモータータウンレコードのプロデューサー、ジェフリーボーウェンと結婚しました。

014年7月の時点で、10年間の結婚後、ボニーは離婚を申請し、2016年に確定しました。

ポインター・シスターズ(Pointer Sisters)

 

ポインター・シスターズ(Pointer Sisters)はポインター姉妹からなるアメリカのコーラス・グループ。

ルース、アニタ、ボニー、ジューンの四姉妹は幼い頃からゴスペルに親しみ、聖歌隊で歌い始める。

1971年にアトランティック・レコードと契約したときは、アニタ、ボニー、ジューンの3人組だった。

1972年12月、ルースが加入し4人組となったシスターズはロサンゼルスに渡りブルー・サム・レコードに移籍。

1973年2月に発売された「イエス・ウィ・キャン・キャン」(アラン・トゥーサンの作)はビルボードのポップチャートで11位を記録するヒットとなった。

ノスタルジックなジャズやカントリーのスタイルで、1975年には「フェアリーテイル」でグラミー賞の最優秀カントリーボーカルグループ賞を受賞した。

その後はR&Bやディスコ系に方向性を模索しつつ、1977年にはボニーがソロ転向のため脱退、三人組となる。

その後も「ファイアー」、「スロウ・ハンド」などのヒットを放つ。1984年には流行のダンサブルなサウンドで4曲のトップ10ヒットを放ち、グラミー賞で2部門を獲得するなど、キャリアの絶頂を極めた。

1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、ウィ・アー・ザ・ワールドのコーラスを担当。

1990年代以降は表舞台から遠ざかったが、1996年のアトランタオリンピックの閉会式で歌を披露している。

2006年、ジューンが癌のため死去。

2009年からはルースの孫のサダコ (Sadako Ruth Pointer Johnson、1984-、母親が日本人) が加わって活動している。

 

ボニー・ポインターの音楽活動

ポニーと妹のジューンは10代の若者として一緒に歌い始め、1969年にデュオはThe Pointers(別名The Pair)を結成しました。

 

同じ年にアニタがデュオに参加した後、彼らは名前を「ポインターシスターズ」に変更。

1972年12月、長女のルースが加わり1973年にThe Pointer Sistersとしてデビューアルバムをリリースしました。

彼女らの自称デビューはヒット曲「Yes We Can Can」です。


THE POINTER SISTERS – Yes We Can Can (1973)

 

彼らの音楽には、R&B、ファンク、ロックンロール、ゴスペル、カントリー、ソウルが含まれていました。

 

アニタとボニーは1974年にグループのクロスオーバーカントリーヒット「Fairytale」を書き、これもトップ20のポップヒットになり、デュオまたはグループ、カントリーによる最初のグラミーベストボーカルを獲得しました。


ー   [HQ] The Pointer Sisters ♪ Fairytale

 

1977年、ボニーはグループを去り、ソロのキャリアを始めました。

残りの姉妹は、1970年代後半から1980年代半ばまでヒットを記録し続け、1983年のアルバム「ブレイクアウト」で大きな進歩を遂げました。

 

1978年にボニーはモータウンと契約し、同年、ボニーは「Heaven Must Have Sent You」をリリースし、Billboard Hot 100チャートで11位になりました。

 


Bonnie Pointer – Heaven must have sent you (video/audio edited & remastered) 

 

彼女はスタジオから引退する前に、モータウンのセルフタイトルのアルバム2枚を含む3枚のソロアルバムをリリースしました。

ボニーは1985年3月2日にソウルトレインに出演しました(シーズン14、エピソード20)。

彼女はまだ演奏を続け、1994年にハリウッドウォークオブフェームでスターを受け取ったときと、1996年にラスベガスで “ジャンプ(マイラブ)を歌って”の歌を歌いながら、姉妹と再会しました。

2008年の初めに、彼女はヨーロッパのツアーに乗り出し、自伝にも取り組んでいます。

 

ポインターは、2008年10月25日にアトランティックシティのトランプタージマハルで演奏しました。

また、彼女は2010年のモンテヘルマンのロマンチックなスリラーRoad to Nowhereにも出演しました。

 

まとめ

今回は、「ボニー・ポインター死去、プロフィールや家族そして音楽活動について。」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジョーイ・イメージ

ジョーイ・イメージが死去、プロフィール、ミスフィッツメンバーリストと動画。

ミスフィッツの元ドラマー、ジョーイ・イメージが死去。享年63歳。死因については明かされていないが、2016年に肝臓がんと診断され、闘病生活を送っていた。Blabbermouth」によると、『The N …

J. Prine

J・プライン死去、生い立ちや結婚、病気や実績。他の他のミュージシャンへの影響

米音楽家J・プライン(J. Prine)死去。米国の著名シンガー・ソングライターのジョン・プラインさんが7日、新型コロナウイルス感染による合併症のため南部テネシー州ナッシュビルの病院で死去した。73歳 …

浅野孝已

ゴダイゴの浅野孝已さん死去、ギタリスト歴、実績など。

ゴダイゴ・浅野孝已さん死去しました。68歳でした。浅野さんは16歳でプロ・ギタリストとしてのキャリアをスタート。天才少年ギタリストとして近代日本ロック史に刻まれる存在となり、 以来、第一線で活躍し、現 …

アラン・メリル

アラン・メリル生い立ち、両親。日本での活動や最近の活動。死去詳細

アラン・メリル生い立ち、日本での活動、ロンドンでの活動や最近の活動。死去詳細について。彼の娘でフォトグラファーのローラ・メリルは、Facebookを通じ「今朝、コロナウイルスが父の命を奪った」と訃報を …

キース・ティペット

キース・ティペットが死去、音楽活動や生い立ち・結婚など

英国のジャズ・プレイヤー、ピアニストのキース・ティペットが、72歳で亡くなりました。音楽活動や生い立ち・結婚、最近の活動など。 キース・ティペット 目次1 キース・ティペット(Keith Tippet …