最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

チャーリーダニエルズ死去、結婚や家族そして生い立ちなど。

投稿日:

カントリーミュージックの伝説のチャーリーダニエルズが、83歳で死去。1980年のジョントラボルタの映画「アーバンカウボーイ」で彼自身を演じ、カントリーミュージックの台頭に貢献。

チャーリーダニエルズ

チャーリーダニエルズ

チャーリーダニエルズ死去

チャーリーダニエルズ

チャーリーダニエルズ

 

彼の代表からのプレスリリースによると、カントリーミュージックの伝説のチャーリーダニエルズ(Charlie Daniels)が2020年7月6日に出血性脳卒中で死去しました。享年83歳。

 

ダニエルズは、テネシー州ハーミテージにあるサミットメディカルセンターで亡くなりました。

 

チャーリーダニエルズは、評判の高いカントリーミュージックの殿堂でグランドオールオプリのメンバーでした。

 

ダニエルズは、カントリーミュージックの殿堂入り、ミュージシャンの殿堂入り、グランドオールオープリーのメンバーになるなど、長い音楽キャリアの中で多くの称賛と賞を獲得しました。

チャーリーダニエルズ

チャーリーダニエルズ

 

彼はまた、ゴスペルアルバムに対しては鳩賞を、デュオまたはグループによる最高のカントリーボーカルパフォーマンスに対しては切望されたグラミー賞を受賞しました。

 

チャーリーダニエルズバンドは何度もヒットし、カントリーミュージックラジオで人気を得ていましたが、彼の最も永続的なヒットは、ジョニーという若者が悪魔をバイオリン演奏コンテストに挑み、金で作られたバイオリンを手にした話です。

 

Devil Went Downed to Georgia」は、1979年のカントリーチャートで1位、ポップチャートで3位でした。カントリーミュージックアソシエーションによって1年間に投票されました。

 

「チャーリーダニエルズよりもアメリカの音楽の風景に消えない跡を残したアーティストはほとんどいません。

 

率直な愛国者、最愛のメンター、そして真の道の戦士であるダニエルズは、音楽への情熱をマルチプラチナのキャリアと軍隊、恵まれない子供たち、そして困窮している他の子供たちをサポートするプラットフォームに捧げました」とダニエルズの代表は述べています。

 

彼の音楽に加えて、ダニエルズはベテランを助けるために彼のマネージャーであるデイビッド・コーリューと共に2014年に設立したジャーニーホームプロジェクトで米軍を支援する活動の主要な擁護者でした。

チャーリーダニエルズ

チャーリーダニエルズ

 

私のマネージャー、私、そして他の何人かの人々がこのジャーニーホームプロジェクトを手伝うために始めました?私たちは、サービスから戻ってきた退役軍人による支援が非常に必要であることに気付きました。それを得た」とダニエルズは2019年に語った。

 

「私たちは皆、私たちの軍人の支援を任務とする機関が、本質的にゆっくりと仕事をする官僚であることを知っています」とダニエルズは当時付け加えました。

 

「したがって、差し迫ったニーズと遅い官僚機構があり、私たちは一種の介入と手助けをしようとしています。」

 

ダニエルズはまた、ナッシュビルを拠点とする非営利団体であるジェイソン財団と密接に協力し、10代の息子を自殺で亡くした父親によって始められました。

 

歌手、ギタリスト、バイオリン奏者のダニエルズは、ボブディランの「ナッシュビルスカイライン」セッションで演奏したセッションミュージシャンとしてスタートしました。

チャーリーダニエルズ

チャーリーダニエルズ

 

1970年代初頭から、彼の5ピースのバンドは際限なくツアーを行い、年間250のショーを行うこともありました。

 

彼は1980年のジョントラボルタの映画「アーバンカウボーイ」で彼自身を演じ、その映画によって生成されたカントリーミュージックの台頭と密接に関係したと見られました。


The Charlie Daniels Band – The Devil Went Down To Georgia (Urban Cowboy)

 

 

ノースカロライナ州ウィルミントン出身のダニエルズは、「ニューモーニング」や「セルフポートレート」など、1960年代後半にナッシュビルのレコーディングセッションのギタリストとしていくつかのボブディランアルバムで演奏しました。

 

チャーリーダニエルズの結婚や家族、健康

チャーリーダニエルズ

チャーリーダニエルズ

 

ダニエルズは1964年9月20日に妻ヘーゼルと結婚しました。

 

彼らには一人の息子、チャーリー・ダニエルズ、ジュニアがいます。

 

チャーリー・ダニエルズ、ジュニアは、テネシー大学の熱狂的なスポーツマニアで、狩猟、釣り、スノーモービル、その他の野外活動を楽しんだ。彼は全米ライフル協会(NRA)のメンバーであり、彼らのビデオに出演しています。

チャーリーダニエルズ

チャーリーダニエルズ

 

ダニエルズは、1980年1月30日、彼が住んでいたマウントジュリエット近くの農場でフェンスのポストの穴を掘っていたときに、大きな腕の怪我を負いました。

 

彼は右腕を伸ばした時、シャツの袖が回転するオーガーに引っかかったときに2本の指を骨折しました。

 

けがは手術を必要とし、彼は4か月間治療しました。

 

ダニエルズは2001年に前立腺がんの治療に成功しました。

 

2010年1月15日、ダニエルズはコロラドでスノーモービルで脳卒中を起こし、病院に担ぎ込まれました。

その後回復し、2日後に退院できました。

 

2013年3月25日の医師の診察で、ダニエルズは軽度の肺炎の症例と診断され、一連の定期検査のためにナッシュビルの病院に入院しました。

 

テストは彼の心拍数を調整するためにペースメーカーが必要であることを明らかにしました。そのため数日間入院しました。

 

チャーリーダニエルズの生い立ち

チャーリーダニエルズ

チャーリーダニエルズ

 

ダニエルズは1936年10月28日、ノースカロライナ州ウィルミントンで生まれました。

 

ダニエルズの少年の頃の環境は、音楽はペンテコステ派のゴスペルと地元のブルーグラスバンドがありました。

それに加えナッシュビルの50,000ワットAMラジオ局WLACおよびWSMからのリズムとブルース、カントリーミュージックを含む音楽的な栄養を得て育ちました。

 

2016年、彼はタバコ州リーグの本のまえがきを書いたとき、ウィルミントンでの青年と野球の思い出を公表しました。

 

10代のダニエルズは、ノースカロライナ州チャタム郡の小さな町ガルフに引っ越しました。

 

彼は1955年に高校を卒業しました。すでにギター、フィドル、バンジョー、マンドリンに熟練しており、ロックンロールバンドを結成して道を歩みました。

 

チャーリーダニエルズのキャリア

チャーリーダニエルズ

チャーリーダニエルズ

 

1964年、ダニエルズは友人のプロデューサーであるボブジョンストンと、ボブの妻の名前であるジョイバイヤースのもとで「It Hurts Me」(エルビスプレスリーが録音した曲)を共同執筆しました。


Charlie Daniels IP Casino, Biloxi Performing It Hurts Me

 

「It Hurts Me」は後にエルビスプレスリーが歌っています。


ー  It Hurts Me – Elvis Presley (Sottotitolato)

 

彼はナッシュビルのセッションミュージシャンとして、多くの場合ジョンストンで1969年と1970年の3枚のボブディランアルバムでのギターとエレクトリックベースの演奏や、レナードコーエンのレコーディングに携わっていました。

 

ダニエルズは1971年に彼の最初のソロアルバム、「チャーリーダニエルズ」を録音しました。

 

ダニエルズはまた、エレファントマウンテンのヤングブラッドによって1969年のアルバムを制作しました。

 

彼の最初のヒット曲、ノベルティソング「Uneasy Rider」は、1973年の3枚目のアルバム、Honey in the Rockからのもので、Billboard Hot 100で9位になりました。


ー THE CHARLIE DANIELS BAND – Uneasy Rider

 

この期間中、ダニエルズはマーシャルタッカーバンドの初期のアルバム「A New Life」、「Where We All Belong」、「Searchin ‘For a Rainbow」、「Long Hard Ride」、「Carolina Dreams」の多くでバイオリンを演奏しました。

 


ー         Long Hard Ride

 

ダニエルズは、1974年7月31日にミルウォーキーで録音された「Where We All Belong」アルバムのライブ部分で聞くことができます。

 

 

同年、テネシー州ナッシュビルまたはその周辺を拠点とする一連のボランティアジャムコンサートの最初のコンサートを企画し、しばしばベアフットジェリーのメンバーと演奏しました。

 

1975年、チャーリーダニエルズバンドのリーダーとしてトップ30のヒットを手にし、サザンロックの「The South’s Gonna Do It Again」をリリースしました。

 


The Charlie Daniels Band – The South’s Gonna Do It Again

 

「ロングヘアードカントリーボーイ」はその年のマイナーヒットでした。ダニエルズは、ハンクウィリアムズジュニアの1975年のアルバムハンクウィリアムズジュニアとフレンズでバイオリンを演奏しました。

ダニエルズは、1979年9月にビルボードホット100でNo. 3を達成した「ジョージア州に降りた悪魔」で、1979年にグラミー賞のベストカントリーボーカルパフォーマンスを受賞しました。

 

1993年、ダニエルズはフィドラーマークオコナーと組んで、ダニエルズの1979年のシングル「The Devil Went Down To Georgia」の続編をレコーディングし、「The Devil Came Back To Georgia」というタイトルを付けました。

 


The Charlie Daniels Band – The Devil Went Down to Georgia

 

ダニエルズはオコナーと一緒にフィドルを演奏し、ジョニー・キャッシュ、マーティ・スチュアート、トラビス・トリットは歌詞を歌った。

 

この曲はオコナーのアルバム「ヒーローズ」に収録されていた。

 

その後のダニエルズのポップヒットには、「アメリカ」(1980年のナンバー11)、「The Legend of Wooley Swamp」(1980年のナンバー31)、「Still in Saigon」(1982年のナンバー22)などがあります。


In America – The Charlie Daniels Band (Official Video)

 

1980年に、ダニエルズはカントリーミュージックのコンセプトアルバム、「ジェシージェームズの伝説」に参加しました。

 

1980年代後半と1990年代には、ダニエルズのアルバムやシングルのいくつかがカントリーチャートでヒットし、音楽は今日でもカントリーステーションで放送されています。

 

ダニエルズはいくつかの福音書とキリスト教の記録を発表しました。

 

1999年、彼はデビューアルバムのタトゥーと傷跡のためにモンゴメリージェントリー(エディモンゴメリーとトロイジェントリー)と共演し、商業的に成功を収めた曲「オールナイトロング」にゲストボーカルとして出演しました。

 

ダニエルズの独特の話し声は、フランクワイルドホーンの1999年のミュージカル「南北戦争」で使用されました。

 

ダニエルズは、1999年にノースカロライナミュージック殿堂入りしました。

 

2000年に、彼はブラッド・ジョンソン主演の長編映画「アクロス・ザ・ライン」のスコアを構成し、演奏した。

 

彼は、2000年5月21日に放映された「キングオブザヒル」「ペギーのファンフェア」と2002年2月24日に放映された「ブルーグラスは常に環境に優しい」の2つのエピソードでゲスト出演しました。

 

2005年10月18日、ダニエルズは第53回BMIカントリーアワードでBMIアイコンとして表彰されました。

 

彼の経歴を通じて、ダニエルズの作詞作曲は6つのBMIカントリーアワードを獲得しています。最初の賞は、1976年に「サウスゴナドゥイットアゲイン」で受賞しました。

 

2007年11月、ダニエルズはマルティナマクブライドに招待され、グランドオールオープリーのメンバーになりました。

 

2016年10月、ダニエルズは、仲間のタールヒールズランディトラビスとプロデューサーのフレッドフォスターとともに、カントリーミュージックの殿堂入りを果たしました。

 

2017年3月、HarperCollinsはダニエルズの回想録「空の席を決して見ない」が2017年10月24日にリリースされると発表しました。

 

2018年10月26日、ダニエルズはソロでもCDBでもない新しいサイドアルバムプロジェクトをリリースしましたが、Beau Weevilsという新しいバンド、CDBベースプレーヤー、チャーリーヘイワード、ドラムのプロデューサーJames Stroud、ギターのBilly Crainをリリースしました。

 

新しいバンドのデビューアルバムのタイトルは、Eのキーの曲です。

 

 

2018年11月6日に、ダニエルズは毎日のインスピレーションを与える引用と物語の本をリリースしました。「レッツオールメイクザデイカウント」

 

まとめ

今回は「チャーリーダニエルズ死去、結婚や家族そして生い立ちなど。」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Nick Cordero

ニックコルデーロの思い出をアマンダクローツが偲んだ!

アマンダクローツとブロードウェイの亡きスターニックコルデーロの家族は週末に小さなプライベートメモリアルサービスを行い、クロートはそれを「美しく素晴らしい一瞬」と呼んだ。そこでは、二人の好きだったThe …

Phil May

プリティシングスのフィルメイが死去、生い立ち、家族、音楽活動

プリティシングスのフロントマンを務めたフィルメイが死去しました。享年75歳。BBCの報告によると、BBCは、金曜日の朝(5月15日)にノーフォークのキングズリンの病院で自転車が転倒した後の緊急股関節手 …

no image

シャンソン歌手の高木椋太死去。歌手活動。茂木健一郎、藤田朋子追悼言葉

シャンソン歌手の高木椋太(本名・安永達史)さんが5月2日午後5時39分に新型コロナウイルス感染症により、川崎市内の病院で亡くなりました。享年58歳。高木椋太「アヴェ・マリア」(パリ祭HP)動画。 高木 …

Joe Diffie

ジョー・ディフィーの生い立ち、家族、実績、音楽スタイル、死亡詳細

3月29日、アメリカのカントリー・シンガー、ジョー・ディフィー(Joseph Logan Diffiee )が新型コロナウイルスが原因で死亡した。享年61歳。1990年代に大活躍した。ビルボードのカン …

ラッパーリルマーロ

ラッパーリルマーロがアトランタで運転中射殺される!狙い撃ちの可能性。

ラッパーリルマーロがアトランタで運転中に射殺される。標的を定めた攻撃を受けて殺された模様。27歳だった。Marloは3年前に「2 The Hard Way」でラッパーで友人のリルベイビーとコラボレーシ …