最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

スティーヴ・プリーストが死去、生い立ち、結婚、家族、音楽活動

投稿日:

スウィートのベーシスト、スティーヴ・プリーストが死去。「Co-Co」「Block Buster!」「The Ballroom Blitz」などのヒットで知られる英国のバンド、スウィートのベーシストだったスティーヴ・プリースト(Steve Priest)が亡くなった。享年72歳た。

スティーヴ・プリースト

スティーヴ・プリースト

スティーヴ・プリーストが死去

ブリティッシュロックバンドThe Sweetの創設メンバーでベーシストのスティーブプリーストが亡くなりました。 72歳だった。

スティーブプリーストは木曜日の朝、ロサンゼルスで亡くなり、Preistの妻MaureenがFox Newsに確認した。

「2月に肺炎で入院した後、彼の長い病気のために彼は非常に衰弱した」とモーリーンは木曜日に電子メールで言った。 「彼は平和にそして尊厳を持って死にました、彼の心は安らかでした。」

 

スティーヴ・プリースト

スティーヴ・プリースト

バンドはまた、バンドの最も有名なラインナップの最後の生きているメンバーであるアンディ・スコットによって書かれたメモで木曜日にフェイスブックのページでニュースを確認しました。

ギタリストのアンディ・スコットは6月4日、スウィートのFacebookを通じ、訃報を伝えた。

アンディ・スコット

アンディ・スコット

バンドメイトのアンディスコットはプリーストに敬意を表して、彼をこれまでプレイした中で最高のベースプレーヤーとしてたたえました。

 

「そして、これだ! 僕はいま粉々だ。スティーヴ・プリーストが亡くなった。彼の妻モーリンとは連絡を取り合っていて、彼の状態が良くないのはわかっていたが、このときが来るとは思ってもいなかった。全くだ。彼の家族にお悔やみを」

Sweet twitter

Sweet twitte

 

「彼は僕がプレイしてきた中で最高のベース・プレイヤーだった。僕らがバンドで作り出してきたノイズはとてもパワフルだった。1970年の夏、僕らが音楽の冒険に乗り出したその瞬間から世界の扉が開き、ローラーコースターが動き始めた! 彼は最終的に自分の心に従い、アメリカへ移った。最初はニューヨークで次にLAだ。ブラザー、安らかに。僕の全ての愛を」

 

 

プリーストは、コノリーがバンドを去った1979年から解散する1982年までリード・ヴォーカリストも務めた。

スウィート

スウィート

 

スウィート解散後は、アメリカで音楽活動を行い、スコットからの再結成の誘いには応じず、彼とは別にスウィートの新ヴァージョンを結成しパフォーマンスしていた。

 

バンドのラインナップは、1997年に亡くなったブライアンコノリーと2002年に亡くなったミックタッカーから構成されていました。

「彼は今までプレイした中で最高のベースプレーヤーでした。バンドとして作ったノイズはとてもパワフルでした」とスコットは続けた。

 

プレイストと彼のグラムロックバンドは1970年代に名声を博し、「The Ballroom Blitz」や「Fox On the Run」などのヒット曲を誇っています。

Sweetの最後のアルバム「Identity Crisis」は1982年にリリースされました。

彼の妻に加えて、プリーストは娘のリサ、ダニエル、マギーと3人の孫によって、見送られました。

スティーヴ・プリースト

スティーヴ・プリースト

 

スティーヴ・プリーストの生い立ち

プリーストはミドルセックスのヘイズで生まれた。

彼は自分のベースギターを作り、10代の若者として地元のバンドで演奏を始めました。

ジェットハリス、ローリングストーンズ、ザフーなどのアーティストの影響を受けました。

1968年1月、プリーストは、ボーカリストのブライアンコノリー、ドラマーのミックタッカー、ギタリストのフランクトーペイ(1947年4月30日、北西ロンドン、キルバーン)との4ピースバンドの結成に招待されました。

スティーヴ・プリースト

スティーヴ・プリースト

トーペイは1969年にミックスチュワートと交代しました。

ギタリストのアンディスコットは1970年8月に参加し、スチュワートが去った後、クラシックなラインナップが確立されました。

スウィート

スウィート

Sweetは多くの浮き沈みを経験したバンドでした。 The Sweetの最初の成功は、バンドがソングライターのNicky ChinnとMike Chapmanと組んだ後の1971年に始まりました。

しかし、スウィートは彼ら自身のヒットの数を増やします。

プリーストはしばしばブライアンコノリーのボーカルを直接バックアップし、当時の彼らの音楽スタイルの鍵であった特徴的な短い高音ボーカルのリードを取りました。

ブライアンコノリーが1979年初頭にスウィートを去った後、プリーストがメインの歌手になりました。

これは、元のSweetが解散した1982年まで続きました。

スティーヴ・プリースト

スティーヴ・プリースト

ニューヨークにいる間、彼はギタリストのマルコデルマーとドラマーのスティーブミッサルとの同盟というバンドを結成しました。

成功はとらえどころのないものでしたが、彼らの作曲「トーク・トゥ・ミー」は映画「ファーストフード」で取り上げられました。

 

スティーヴ・プリーストの結婚、家族

Sweetが解散した1982年までに、プリーストは最初の妻であるパットと離婚し、ニューヨーク市に引っ越していた。

1981年6月18日、彼は2番目の妻Maureen(旧姓O’Connor)と結婚しました。

その妻は、ニューヨークのキャピトル/ EMIレコードの広報およびアーティストリレーションズのイーストコーストディレクターでした。

 

1985年に元バンドメイトのアンディスコットからスウィートの新構成に招待され、プリーストは断りました。

 

その後まもなく、プリーストと彼の家族はロサンゼルスに引っ越しました。

 

この期間、プリーストは主に私生活に戻りましたが、制作やセッションの仕事、そしてデビッドアーケンストーンや将来のバンドメイトであるスチュアートスミスなどの他のアーティストとのコラボレーションに時折進出しました。

しかし、プリーストは、1988年にオリジナルのスウィートの他のメンバーとロサンゼルスでデモセッションに参加し、マイクチャップマンがプロデュースして、スタジオアルバムと改革が可能かどうかを確認しました

1994年、プリーストは自伝「Are You Ready Steve?」を発表しました。

スティーヴ・プリースト

スティーヴ・プリースト

 

プリーストは、妻のモーリーンと娘のダニエルとマーガレットと一緒にカリフォルニア州ラカーナダフリントリッジに住んでいました。

 

2020年6月4日に亡くなり、彼の家族、妻のモーリーン、3人の娘、リサ、ダニエル、マギー、および3人の孫、ジョーダン、ジェイド、ヘーゼルによって見送られました。

 

スティーヴ・プリーストの音楽活動

 

10代のときにバンド活動を始めたプリーストは、60年代後半、ヴォーカリストのブライアン・コノリー、ドラマーのミック・タッカーらからバンド結成の誘いを受け、1970年にアンディ・スコットが加わったところで、スウィートが本格的に始動。

1971年リリースの「Co-Co」を始め、「Little Willy」「Wig-Wam Bam」「Block Buster!」「Hell Raiser」「The Ballroom Blitz」「Teenage Rampage」「The Six Teens」「Fox On The Run」「Love Is Like Oxygen」と70年代に10曲の全英トップ10ヒットを生み出した。


ー  Sweet – Co-Co – Disco 11.09.1971 (OFFICIAL)

 


Sweet – Fox On The Run – Promo Clip (OFFICIAL)


Sweet – Love Is Like Oxygen – Disco 20.03.1978 (OFFICIAL)

 

メガデスのデビッドエルフソンは、スウィートは、「子供の頃にラジオで素晴らしいハードロックを覚えた最初期の思い出の1つを私に与えてくれました。

 

そして、1974年、荒廃大通りは、その時代のロックの最高のアルバムの1つとして今でも支持されています。

 

スイートはグラムロック時代のキーフィギュアで、1970年代にトップ20のヒット数13を記録しました。

 

プリーストはすぐに彼の遊び心のある態度でファンに知られ、愛されました。

 

1978年にコノリーがグループを去った後、プリーストはグループの最初の残りのメンバーでリードボーカルの職務を引き継ぎました。

 

彼らは、1979年にドラマーのミックタッカーの妻がお風呂で溺死してから1年の休暇を取った。その後1981年に解散した。

 

2008年1月に、プリーストはアンディスコットのバンドとは関係のない新しいバージョンのスウィートを結成しました。

この新しいバンドは、主にアメリカとカナダのフェスティバルや会場で演奏しました。
2009年の初めに、バンドは2008年8月にカリフォルニア州カバゾンのモロンゴカジノで録音されたライブCDをリリースしました。

まとめ

今回は「スティーヴ・プリーストが死去、生い立ち、結婚、家族、音楽活動」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マーク・ロンソン

マーク・ロンソン生い立ち、身長、結婚、音楽活動。

マーク・ロンソンは、ギタリストのミックジョーンズを義理父にもち、ジョン・レノンの息子であるショーン・レノンとは13歳の時からの親友でした。1993年にニューヨークのクラブシーンでDJとして名を馳せます …

クシシュトフ・ペンデレツキ

クシシュトフペンデレツキ音楽観、代表曲、最近、映画音楽、死去詳細

クシシュトフ・ペンデレツキの音楽観、代表作、最近、手がけた映画音楽や死去の詳細です。ポーランドを代表する現代音楽の作曲家・指揮者で「広島の犠牲者に捧げる哀歌」の作曲で知られるクシシュトフ・ペンデレツキ …

チャーリーダニエルズ

チャーリーダニエルズ死去、結婚や家族そして生い立ちなど。

カントリーミュージックの伝説のチャーリーダニエルズが、83歳で死去。1980年のジョントラボルタの映画「アーバンカウボーイ」で彼自身を演じ、カントリーミュージックの台頭に貢献。 チャーリーダニエルズ …

リナ・サワヤマ

英国育ちの日本人歌手リナ・サワヤマ音楽キャリアやプロフィール!

英国育ちの日本人歌手リナ・サワヤマ音楽キャリアや生い立ち、プロフィールについて。そして現在イギリスでの著名な音楽賞の受賞資格を得られないとツイッターで問題提起した。 #Lina Sawayama リナ …

ヘレン・レディ

歌手ヘレン・レディ死去、プロフィールやヒット曲・出演映画など。

「私は女」(IAmWoman)歌手、ヘレン・レディが78歳で死去しました。オーストラリア生まれのヘレン・レディは、近年は認知症と診断され、第一線を退いていた。 渡米後の1972年に発売されたシングル曲 …