最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

将棋

第70期王将戦2次予選糸谷哲郎八段が124手で斎藤慎太郎八段対局棋譜

投稿日:

第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)2次予選が30日、大阪・関西将棋会館で指され、糸谷哲郎八段(31)が124手で斎藤慎太郎八段(27)に勝利し、2組決勝に進出した。

糸谷哲郎八段

糸谷哲郎八段

第70期王将戦2次予選糸谷哲郎八段が124手で斎藤慎太郎八段対局講評

斎藤慎太郎八段

斎藤慎太郎八段

 

糸谷哲郎八段(31)が124手で斎藤慎太郎八段(27)に勝利し、2組決勝に進出した。

「序盤の△4二玉で変化。お互い独自の構想を作るような将棋で、その中で積極的に動くことができて少し優位を築くことができた」。

早見え早指しの力勝負が糸谷将棋の魅力。

本局も徐々にリードを広げていったが、「切れ味鋭い将棋で終盤力も特徴がある。強敵の一人」と評する斎藤が相手だけに、「手探りになりやすい将棋で手ごたえより不安があった。

 

ちょっとリードを築いたと思っても薄氷の上を踏んでいるようなもの。結構ビクビクしながら指していた」とコメントした。

 

挑戦者決定リーグ復帰まではあと1勝。次戦の2組決勝では、奨励会時代からしのぎを削ってきた佐藤天彦九段と対戦する。「昔からずっとやってきた仲。こういう大きいところで当たれるのは嬉しさがある」と期待を込めた。

 

第70期王将戦2次予選糸谷哲郎八段が124手で斎藤慎太郎八段対局棋譜

第70期王将戦2次予選糸谷哲郎八段が124手で斎藤慎太郎八段対局棋譜(全指し手)

#糸谷哲郎 #斎藤慎太郎 #王将戦


第70期王将戦二次予選 ▲斎藤慎太郎八段 − △糸谷哲郎八段【将棋棋譜】

まとめ

今回は「第70期王将戦2次予選糸谷哲郎八段が124手で斎藤慎太郎八段対局棋譜」というテーマでお送りしました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-将棋

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

藤井棋聖

【速報】藤井聡太七段王位戦 第1局での勝負全指し手。

愛知県瀬戸市在住の高校生プロ棋士藤井聡太七段が、王位戦七番勝負の第1局で勝利しました。藤井聡太七段王位戦初戦で勝利の全指し手。7月1日から2日間にかけて愛知県豊橋市で行われていた対局で、藤井七段は午後 …

藤井棋聖

第91期棋聖戦5番勝負第1局(藤井七段対渡辺明棋聖)の詳細結果

2020年6月8日 東京・将棋会館 にての第91期棋聖戦5番勝負第1局(藤井七段対渡辺明棋聖)の詳細結果。藤井七段の大胆な奇襲が成功。1勝をあげる。聖戦5番勝負第1局の詳細経過、全指し手と解説を紹介。 …

藤井棋聖

ヒューリック杯棋聖戦第3局、渡辺明棋聖・藤井聡太七段対局の棋譜(全指し手)

ヒューリック杯棋聖戦の第3局は、藤井聡太七段が渡辺明棋聖との対局で結局、渡辺明棋聖(棋王、王将、36)が挑戦者の藤井聡太七段(17)に142手で勝利し、今シリーズ初勝利をあげた。   藤井七 …

藤井猛九段

藤井システムとは何か、誕生秘話や羽生九段の解説など。

藤井システム四間飛車の一種で、プロ棋士の藤井猛9段が考案したものです。この藤井システムの考案により藤井猛9段は1997年の将棋大賞の升田幸三賞を受賞しています。指しこなすのはプロでも非常に難しく「藤井 …

no image

叡王戦七番勝負第6局豊島将之竜王・名人対永瀬拓矢叡王対局棋譜

8月1日叡王戦七番勝負第6局豊島将之竜王・名人対永瀬拓矢叡王対局の講評と棋譜です。 結果は、豊島将之竜王・名人の勝利でした。 豊島将之名人 目次1 叡王戦七番勝負第6局豊島将之竜王・名人対永瀬拓矢叡王 …