最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

将棋

叡王戦七番勝負第6局豊島将之竜王・名人対永瀬拓矢叡王対局棋譜

投稿日:

8月1日叡王戦七番勝負第6局豊島将之竜王・名人対永瀬拓矢叡王対局の講評と棋譜です。
結果は、豊島将之竜王・名人の勝利でした。

豊島将之名人

豊島将之名人

叡王戦七番勝負第6局豊島将之竜王・名人対永瀬拓矢叡王対局講評

永瀬拓矢叡王

永瀬拓矢叡王

 

8月1日の叡王戦七番勝負第6局は、豊島将之竜王・名人(30)が永瀬拓矢叡王(王座、27)に139手で勝利しました。

結果として対戦成績を2勝2敗2持将棋のタイに戻しました。

「七番勝負」とあるとおり、通常は4勝先取、最大7局で終わるが、今シリーズは持将棋・引き分けが2局あったことで、史上稀にみる長いシリーズになっています。

 

本局の結果を受けて、タイトル決定も8局目以降になることが確定した。

 

千日手1局、持将棋2局、200手以上の長手数が3局と、とにかく「長い」ことで注目を集めている今シリーズ。

第6局は豊島竜王・名人の先手番から横歩取りで進むと、中盤からは形勢互角で進行。終盤、豊島竜王・名人が1分将棋に入ってから一気に突き放すと、その後も優勢、勝勢とリードを拡大し、確実に勝利を手にした。

 

対局時間、手数だけでも“史上最長級”となっているこのシリーズ。ここから両者1勝ずつあげれば、9局目までもつれる可能性もあるが、どんな結末を迎えるか。

 

 

叡王戦七番勝負第6局豊島将之竜王・名人対永瀬拓矢叡王対局棋譜

叡王戦七番勝負第6局豊島将之竜王・名人対永瀬拓矢叡王対局棋譜と全指し手です。


将棋3分解析▲豊島将之竜王・名人 対 △永瀬拓矢叡王 第5期叡王戦 七番勝負 第6局

 

開始日時:2020/08/01 14:00
終了日時:2020/08/01 21:18
棋戦:第5期叡王戦七番勝負 第6局
持ち時間:3時間
消費時間:139手▲180分△180分
場所:関西将棋会館
先手:豊島将之竜王・名人
後手:永瀬拓矢叡王
戦型:横歩取り△3三角型

 

まとめ

今回は「叡王戦七番勝負第6局豊島将之竜王・名人対永瀬拓矢叡王対局棋譜」というテーマでお送りしました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-将棋

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

藤井猛九段

藤井システムとは何か、誕生秘話や羽生九段の解説など。

藤井システム四間飛車の一種で、プロ棋士の藤井猛9段が考案したものです。この藤井システムの考案により藤井猛9段は1997年の将棋大賞の升田幸三賞を受賞しています。指しこなすのはプロでも非常に難しく「藤井 …

藤井棋聖

藤井聡太七段、渡辺明棋聖に2連勝、対局全局面詳細。

将棋の藤井聡太七段が、最年少タイトル獲得に王手をかけました。渡辺明棋聖に2連勝 。6月28日の棋聖戦第2戦では、前回のスーツ姿ではなく師匠の杉本昌隆8段に送られた和服で登場。 藤井七段 目次1 藤井聡 …

no image

第33期竜王戦決勝トーナメント藤井聡太棋聖対丸山忠久九段棋譜(差し直し局)。

第33期竜王戦決勝トーナメント藤井聡太棋聖対丸山忠久九段棋譜(差し直し局)。 第33期竜王戦決勝トーナメント藤井聡太棋聖対丸山忠久九段の対局結果は、7月24日対局は東京・千駄ケ谷の将棋会館で実施。結果 …

藤井棋聖

杉本昌隆八段藤井聡太七段6月20日竜王戦3組ランキング戦決勝対局内容

6月20日対局、藤井聡太七段と杉本昌隆八段師弟対決の結果は、弟子の藤井聡太七段が勝ち結果、史上初4期連続優勝になりました。序盤の駒組みが、静かに長く続くジリジリするような展開でしたが、中盤に一瞬のスキ …

豊島将之名人

第78期将棋・名人戦七番勝負第4局豊島将之名人・渡辺明二冠棋譜

第78期将棋・名人戦七番勝負第4局豊島将之名人対渡辺明二冠終局速報講評と棋譜です。渡辺明二冠が101手で豊島将之名人を破り、対戦成績を2勝2敗としました。   豊島将之名人 目次1 第4局豊 …