最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

理想の家を見つけたカップルが「魔女の階段」のせいで諦める動画!

投稿日:

米ニューヨーク州ロングアイランド在住のサミール・ミズラヒさん(Samir Mezrahi)は、物件情報サイト「Zillow」に掲載された物件の中から素敵な家や面白い家をTikTokやFacebookなどで紹介するアカウントを運営している。サミールさんのもとに「面白い家がある」という旨のダイレクトメッセージが届き、その家はメリーランド州コロンビアにあり、「魔女の階段」があった。「魔女の階段」の動画。

 

 

魔女の階段

魔女の階段

 

目次

理想の家を見つけたカップル “魔女の階段”のせいで諦める。

米ニューヨーク州ロングアイランド在住のサミール・ミズラヒさん(Samir Mezrahi)は、物件情報サイト「Zillow」に掲載された物件の中から素敵な家や面白い家をTikTokやFacebookなどで紹介するアカウントを運営している。

 

様々な家の価格や内装を投稿し、家探しをしている人の手助けをしていサイトです。

 

最近、サミールさんのもとにあるカップルから「面白い家がある」という旨のダイレクトメッセージが届いた。

 

その家はメリーランド州コロンビアにあり、クリーム色の明るい外装で外見は至って普通だった。

実際に内見したカップルは、白やベージュなどの色で統一されたおしゃれな雰囲気の内装を気に入り「ここに決めてしまおう」と思っていたという。

そしてこの家はリノベーションしたばかりで屋根裏も綺麗になったと聞き、見に行こうとしたカップルは驚きの事実を目の当たりにすることとなった。

カップルが屋根裏に続く階段に向かうと、その階段は縦に真ん中で分かれており、左右が交互に段差を作っている変わった造りをしていた。

このような交互階段は「魔女の階段」と呼ばれている。

 

理想の家を見つけたカップルは、この「魔女の階段」のせいで購入を諦めた。

 

魔女の階段(Witches Stairs)は、魔除けの意味を込め、魔女が階段を登れないようにしていると一般的には考えられているが、建築家のスコット・シュトナーさん(Scott Schuttner)は、狭いスペースでも階段が設置できる方法で省スペースのための手法だという見解もある。

 

この家がサミールさんによってSNSに投稿されると、以下のようなコメントが寄せられた。

「この家には何か問題があって“魔女の階段” が作られ、そして今売りに出されている。明らかに何か問題があるよね」

「スーパーマリオのステージみたい」

「小型犬を飼っていたら上りやすそうだ」

「昔このタイプの階段を上ったことがあるけど、結構難しかった。私って魔女かも」

 

1500年から1800年頃にヨーロッパの宗教、一般的な信念と魔術の歴史を研究してきたオックスフォードのオールソウルズカレッジの名誉フェロー、ロビン・ブリッグスは、彼が読んだ「巨大な歴史文学も多くの原稿ソース」の中で「魔女を無効にできる階段の言及」に出くわしたことがないことを確認しました。

 

「家を建てる人々は、魔女ボトルを敷き詰めの下に埋めたり、布地に死んだ猫を妖艶に取り入れたりしているように見えるのは事実ですが、代替トレッド階段に関するこの主張は「確かに誤った情報です」と、ブリッグスは言いました。

代替踏み板階段やはしごはスペースを節約するように設計されており、歴史的に魔女やオカルトの他の力を無効にすることを意図していません。

 

「魔女の階段」の動画。

メリーランド州コロンビアの家にある「魔女の階段」の映像。

 

ジョン・ホルブルックの魔女階段

 

建築家のスコット・シュトナーさん(Scott Schuttner)は、狭いスペースでも階段が設置できる方法で省スペースのための手法だという。

20省スペース階段デザインのアイデア。


ー   20 Space Saving Staircase Design Ideas

 

サミール・ミズラヒさん(Samir Mezrahi)は、物件情報サイト「Zillow」


ー        Zillow Gone Wild

 

まとめ

今回は「理想の家を見つけたカップルが「魔女の階段」のせいで諦める動画!」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドアをノックし民家に侵入したコアラ

ドアをノックし民家に侵入のコアラが、ソファでテレビを見て1時間過ごす動画!

オーストラリアの南オーストラリア州アデレードにあるワットル・パーク在住のリアム・オマホニーさん(Liam O’Mahoney)は12月20日午前0時頃、ドアをノックし民家に侵入したコアラが、ソファでテ …

ホールデン

【悲報】「ホールデン」消滅へ電気製モデルや自動運転、共有制度の影響が大

アメリカ自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)はオーストラリアやニュージーランドで展開してきたブランド「ホールデン」の生産や販売、技術開発などを含めた全ての事業活動を2021年までに終了させる方針を …

「子供にこの色の水着を着せないで!」SNSに投稿されたプールの写真

「子供にこの色の水着を着せてはだめ!」プールの写真をSNSに投稿の動画!

看護師のサラ・ハンステッドさん(Sarah Hunstead)が2021年2月2日、オーストラリアのFacebookグループページ「CPR Kids」に1枚の写真を投稿し「子供に暗く、ぼんやりとした色 …

企業ビル

【速報】2020年日経の企業イメージ調査「コーポレートガバナンス」ランキング

2020年日経の企業イメージ調査「コーポレートガバナンス」ランキングのビジネスパーソン投票と一般投票の各上位ランキング10位までの速報と解説コメントです。企業統治の健全性が評価された企業の上位には今年 …

引きこもりの子

8050問題の原因は、引きこもりとセルフネグレクト(自己放任)の深刻化です。

今、8050問題が深刻の一途をたどり、50代の引きこもりが増加し、中には80代の親がなくなり、残された子供が セルフネグレクト(自己放任)に陥るほどの深刻化する例も出ています。社会がしっかりこの805 …