最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

ペンタゴンUFO「未確認空中現象」のタスクフォースをついに発足!

投稿日:

ペンタゴン、UFO「未確認の空中現象」を調査するためにタスクフォースを発足します。国防総省は、国家安全保障に脅威をもたらす可能性のあるUFOを「検出、分析、およびカタログ化」することを目的とするタスクフォースを発足します。

エリア51のフェンス

エリア51のフェンス

ペンタゴンUFO「未確認空中現象」のタスクフォース発足

エリア51の警告版

エリア51の警告版

ペンタゴン、UFO「未確認の空中現象」を調査するためにタスクフォースを発足します。

 

国防総省は、国家安全保障に脅威をもたらす可能性のあるUFOを「検出、分析、およびカタログ化」することを目的としたタスクフォースを発足します。

 

米国防総省は、米軍によって観察されたいくつかの原因不明の事件に続いて、UFOを調査するためにタスクフォースを作成しました。

 

「正体不明の空中現象タスクフォース」は8月初めに国防副長官のデービッド・ノーキストによって発足され、海軍情報局の努力を後押ししたと当局は述べました。

エリア51の飛行体

エリア51の飛行体

 

国防総省は8月14日にそれが「UAPsの性質そして起源についてのその理解を改善しそして洞察を得ることを望んでいる。タスクフォースの使命は潜在的に米国の国家に脅威をもたらす可能性のあるUAPsを検出し、分析しそしてカタログ化することであるセキュリティが目的。」

「部隊の安全と作戦の安全は最重要事項である。国防総省と軍部は無許可の航空機による訓練範囲または指定された空域への侵入を非常に真剣に受け止め、各報告を調査している」

「これには、オブザーバーが観察しているものをすぐに識別できない場合に、最初にUAPとして報告される侵入の検査が含まれます。」

エリア51とUFO

エリア51とUFO

タスクフォースの計画は、今後数日間で正式に発表される予定です。

 

この動きは、UFOを調査する以前の取り組みの延長を示していますが、地球外生命体の存在を証明しようとする動きにつながっていくでしょう。

 

2018年以降、海軍機動部隊はそのような事件を非公式に調査しており、米国の諜報機関と情報を調整しています。

 

4月、国防総省は、2004年と2015年にUFOに遭遇した海軍パイロットの3本のビデオをリリースして機密情報を公開しました。

 

米国防総省によると、2017年にニューヨークタイムズは、以前は解散されていた高度航空宇宙脅威識別プログラムの存在について報告しました。

 

新しいタスクフォースの作業は引き続き分類されますが、UFOに関する未分類のレポートに関する上院情報委員会の提案が上院と下院で採択された場合、そのステータスは変わる可能性があります。

 

エリア51の謎のネバダ基地の新しいビューを公開

エリア51の謎のネバダ基地の写真、新しいビュが公開されています。

エリア51とは

エリア51は、ネバダテストアンドトレーニングレンジ内にある高度に分類された米国空軍(USAF)施設の一般名です。

 

エドワーズ空軍基地が管理する遠隔の分遣隊であるこの施設は、正式にはホーミー空港(KXTA)または新郎湖と呼ばれ、飛行場の隣にある塩田にちなんで名付けられました。

 

施設の運用の詳細は公表されていませんが、USAFはこれがオープントレーニングの範囲であると述べており、実験用航空機と兵器システムの開発とテストをサポートしている可能性が最も高いとされています。

 

USAFは1955年に、主にロッキードU-2航空機の飛行試験のためにサイトを取得しました。

 

基地を取り巻く極秘秘密は、陰謀説の頻繁な主題であり、正体不明の飛行物体(UFO)の伝承の中心的な構成要素になっています。

 

基地は秘密基地と宣言されたことはありませんが、エリア51でのすべての調査と発生は、極秘/機密コンパートメント情報(TS / SCI)です。

 

CIAは、2005年に提出された情報公開法(FOIA)の要求に従い、2013年6月25日に初めて基地の存在を公に認め、エリア51の歴史と目的を詳述する文書の機密を解除しました。

 

エリア51の謎のネバダ基地の写真

 

エリア51

エリア51

 

エリア51

エリア51

 

国防総省のUFOに遭遇した海軍パイロットのビデオ

4月、国防総省は、2004年と2015年にUFOに遭遇した海軍パイロットの3本のビデオをリリースして機密情報を公開しました。

 


Pentagon releases ‘UFO’ videos filmed by US Navy pilots

 

まとめ

今回は「ペンタゴンUFO「未確認空中現象」のタスクフォースをついに発足!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クラボウ検査キット

抗体検査応用し新型コロナウィルス感染治療実用化を目指す

抗体検査は、感染治療への応用でも期待されている。現時点では、新型コロナウィルスに対する有効な治療薬がないが、感染し回復した人の血液は、ウィルスを排除する強い免疫能力を持つ。この血液を重症患者に投与すれ …

車を追いかけて飛ぶ渡り鳥

夜になっても車を追いかけて飛ぶ渡り鳥カナダガンの動画!

米ネブラスカ州在住のオースティン・ジョンソンさん(Austin Johnson)は、狩りをするために同州ヒックマンへ向けて車を走らせて、渡り鳥のカナダガン(Canada goose)が車を追いかけて飛 …

行きかう人

「バイバイ、ヴァンプ!」は同性愛者を差別しているか激論!

ヴァンパイア(吸血鬼)にかまれると同性を好きになるという設定の映画「バイバイ、ヴァンプ!」をめぐり、インターネット上で「同性愛者に対する差別だ」などと問題視する声が上がっている。公開後、作品を鑑賞した …

引退した警察犬がハンドラーと再会で大興奮

中国で引退した警察犬、ハンドラーと久々の再会で大興奮の動画!

雌のジャーマン・シェパード・ドッグ「ワンワン(Wangwang)」は、中国・河南省淅川県の検問所で探知犬として活躍していた。そのワンワンの動画がそのワンワンの動画が、犬の目に涙が浮かんでいるようにも見 …

小石原 昭

小石原昭氏死去、プロフィール、著書、企画集団・知性コミュニケーションズ

編集者小石原昭氏5月10日、急性心不全のため東京都内の自宅で死去。享年93歳。企画集団・知性コミュニケーションズ代表。プロフィール、著書に「時代を掴む男たち」などがある。 小石原 昭 目次1 小石原昭 …