最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

ペンタゴンUFO「未確認空中現象」のタスクフォースをついに発足!

投稿日:

ペンタゴン、UFO「未確認の空中現象」を調査するためにタスクフォースを発足します。国防総省は、国家安全保障に脅威をもたらす可能性のあるUFOを「検出、分析、およびカタログ化」することを目的とするタスクフォースを発足します。

エリア51のフェンス

エリア51のフェンス

ペンタゴンUFO「未確認空中現象」のタスクフォース発足

エリア51の警告版

エリア51の警告版

ペンタゴン、UFO「未確認の空中現象」を調査するためにタスクフォースを発足します。

 

国防総省は、国家安全保障に脅威をもたらす可能性のあるUFOを「検出、分析、およびカタログ化」することを目的としたタスクフォースを発足します。

 

米国防総省は、米軍によって観察されたいくつかの原因不明の事件に続いて、UFOを調査するためにタスクフォースを作成しました。

 

「正体不明の空中現象タスクフォース」は8月初めに国防副長官のデービッド・ノーキストによって発足され、海軍情報局の努力を後押ししたと当局は述べました。

エリア51の飛行体

エリア51の飛行体

 

国防総省は8月14日にそれが「UAPsの性質そして起源についてのその理解を改善しそして洞察を得ることを望んでいる。タスクフォースの使命は潜在的に米国の国家に脅威をもたらす可能性のあるUAPsを検出し、分析しそしてカタログ化することであるセキュリティが目的。」

「部隊の安全と作戦の安全は最重要事項である。国防総省と軍部は無許可の航空機による訓練範囲または指定された空域への侵入を非常に真剣に受け止め、各報告を調査している」

「これには、オブザーバーが観察しているものをすぐに識別できない場合に、最初にUAPとして報告される侵入の検査が含まれます。」

エリア51とUFO

エリア51とUFO

タスクフォースの計画は、今後数日間で正式に発表される予定です。

 

この動きは、UFOを調査する以前の取り組みの延長を示していますが、地球外生命体の存在を証明しようとする動きにつながっていくでしょう。

 

2018年以降、海軍機動部隊はそのような事件を非公式に調査しており、米国の諜報機関と情報を調整しています。

 

4月、国防総省は、2004年と2015年にUFOに遭遇した海軍パイロットの3本のビデオをリリースして機密情報を公開しました。

 

米国防総省によると、2017年にニューヨークタイムズは、以前は解散されていた高度航空宇宙脅威識別プログラムの存在について報告しました。

 

新しいタスクフォースの作業は引き続き分類されますが、UFOに関する未分類のレポートに関する上院情報委員会の提案が上院と下院で採択された場合、そのステータスは変わる可能性があります。

 

エリア51の謎のネバダ基地の新しいビューを公開

エリア51の謎のネバダ基地の写真、新しいビュが公開されています。

エリア51とは

エリア51は、ネバダテストアンドトレーニングレンジ内にある高度に分類された米国空軍(USAF)施設の一般名です。

 

エドワーズ空軍基地が管理する遠隔の分遣隊であるこの施設は、正式にはホーミー空港(KXTA)または新郎湖と呼ばれ、飛行場の隣にある塩田にちなんで名付けられました。

 

施設の運用の詳細は公表されていませんが、USAFはこれがオープントレーニングの範囲であると述べており、実験用航空機と兵器システムの開発とテストをサポートしている可能性が最も高いとされています。

 

USAFは1955年に、主にロッキードU-2航空機の飛行試験のためにサイトを取得しました。

 

基地を取り巻く極秘秘密は、陰謀説の頻繁な主題であり、正体不明の飛行物体(UFO)の伝承の中心的な構成要素になっています。

 

基地は秘密基地と宣言されたことはありませんが、エリア51でのすべての調査と発生は、極秘/機密コンパートメント情報(TS / SCI)です。

 

CIAは、2005年に提出された情報公開法(FOIA)の要求に従い、2013年6月25日に初めて基地の存在を公に認め、エリア51の歴史と目的を詳述する文書の機密を解除しました。

 

エリア51の謎のネバダ基地の写真

 

エリア51

エリア51

 

エリア51

エリア51

 

国防総省のUFOに遭遇した海軍パイロットのビデオ

4月、国防総省は、2004年と2015年にUFOに遭遇した海軍パイロットの3本のビデオをリリースして機密情報を公開しました。

 


Pentagon releases ‘UFO’ videos filmed by US Navy pilots

 

まとめ

今回は「ペンタゴンUFO「未確認空中現象」のタスクフォースをついに発足!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

天気予報士のアンワー・ナイト

生中継で雪の丘から滑り落ちたリポーター最後までしゃべり続ける動画!

カナダのテレビ番組で、生中継先でリポートしていた男性が凍った雪に足を取られて滑り出してしまった。転ばないよう必死にバランスを取りながらしゃべり続けたその姿に、「さすがカナダ人」「バランスを取れているの …

1人で誕生日を祝う女性をレストラン従業員がサプライズ

1人で誕生日を祝う女性をレストラン従業員がサプライズで祝福の動画!

2021年7月16日、『GoodNewsMovement』でシェアされた1本の動画が多くの人の涙を誘い炎上しています。動画はあるレストランで、1人の女性が自分の誕生日を祝うためにケーキを目の前に座って …

スマートフォン

信用スコアを使ったスマホ融資は危険か!スマホ融資の注意点について。

日本でも、AIを使った信用スコアで、個人の信用力を数値化して融資に利用する「スマホ融資」が広がりそうな流れになっています。この信用スコアを使った「スマホ融資」に危険性は無いのか!、今後拡大するスマホ融 …

マディソン・マクマナス

15歳で薬物に溺れた28歳女性の衝撃ビフォーアフター!

15歳で薬物中毒、過剰摂取19回、ホームレス6年、28歳女性の衝撃ビフォーアフター。米ニュージャージー州在住のマディソン・マクマナスさん(Madison McManus)が安価で強力なクラック・コカイ …

新型コロナウィルス

【驚愕】来年まで世界人口の最大70%が新型肺炎に感染、ハーバード大教授 の予測

ハーバード大学伝染病専門家マーク・ リプシッチ教授が、人類の最大70%が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に感染するという見通しを発表しました。「来年までに、世界の40?70%の人々が、新型コロナウ …