最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

スペイン北部カンタブリア州にあるアホ岬の灯台の塗り替えの動画!

投稿日:

スペイン北部カンタブリア州にあるアホ岬の灯台の塗り替えの動画を紹介。アーティストが灯台を派手に塗り直し、灯りよりも台のほうがまぶしいという事態に陥りました。

純白のアホ岬の灯台

純白のアホ岬の灯台

カンタブリア州のアホ岬の灯台の塗り替え。

派手に塗られたアホ岬の灯台

派手に塗られたアホ岬の灯台

スペイン北部カンタブリア州にあるアホ岬の灯台は、もともと真白でした。

 

ところが、アートの対象になりました。

スペイン北部の大西洋岸で地方自治体が依頼した地元アーティストによるプロジェクトが物議を醸している状態に陥ることに。

 

「地方あるある」な話かと思いきや、作品に負けない強烈な反応まで呼び起こす事態になってしまいました。

塗り替え中のアホ岬の灯台

塗り替え中のアホ岬の灯台

 

スペイン北部の緑濃き岬に鎮座して90年の灯台が、文化をめぐる騒動の渦中に置かれてしまいました。

 

地元のアーティストが灯台を派手に塗り直し、灯りよりも台のほうがまぶしいという事態になり、反対派の顔色を青ざめさせているのです。

 

カンタブリア州アホ町の近くにあるこの灯台は、ほぼ1世紀のあいだ、寡黙で色味のない見張りとして大西洋上に光線を放ってきた。

それがいま、この高さ16mの塔は色とりどりの幾何学模様と動物たちで賑やかしいことになっている。

塗り替え中のアホ岬の灯台

塗り替え中のアホ岬の灯台

 

発注者は地元自治体と港湾局で、スペイン沿岸部でもあまり知られていないこのスポットにもっと観光客を呼び込もうという目論見でした。

 

州政府によれば、マーケティングや現地イベントで集められたお金の一部は地元のフードバンクに寄付されるという。

派手に塗られたアホ岬の灯台

派手に塗られたアホ岬の灯台

最近完成したこのプロジェクト「果てしなきカンタブリア」は、州都サンタンデール生まれのアーティスト、オクダ・サン・ミグエルの作品です。

 

「今回はカンタブリアの動物たちを登場させました──オオカミ、クマ、カモメ、ハゲワシです」とオクダは言います。

 

「色彩と幾何学が表しているのは土着の文化、多文化主義、自由です。天然の浜がまだあり、海岸ぎりぎりまで緑が広がっているカンタブリアのような場所の自然の素晴らしさや大切さも見せたかった」

派手に塗られたアホ岬の灯台

派手に塗られたアホ岬の灯台

 

反対署名から検察の捜査まで強烈な反応も出ています。

だが、誰もがオクダの情熱、あるいはその鮮やかな色彩の広がりに共鳴しているわけではない。

2020年、このプロジェクトが始まる前、模様替えは「アホ岬灯台の外観をまったく変えてしまう、カンタブリアの建築伝統を尊重しないもの」だから、灯台は白いままにしてほしいとの嘆願書に4000人近い署名が集まりました。

 

5つの文化団体も地元首長に公開書簡を宛て、プロジェクトは「適切」だったか、灯台はこのような扱いをするベストな対象だったか反省するよう迫っています。

派手に塗られたアホ岬の灯台

派手に塗られたアホ岬の灯台

 

最近では、「統一左翼」地方支部のメンバーが、この問題を地方検察に報告し、自治体と港湾局が文化遺産関連の法に違反していないか、権力を濫用していないか調べるよう求める事態にまで発展している。結果、捜査が開始されている。

 

オクダは、地元の一部のそうした反応にびっくりしたと言う。

 

「もちろん、批判は理解しています。ものごとをずっと変えずにいたいという人がいることも。でも、私の作品は、私の言葉と図像でもってその場所に新しい命を吹き込むものだと思っています」

人々の反応についてはどうしようもないと指摘したうえで、オクダは言う。

少なくとも、どうでもいいと思う人はいなかったってことです」
8月28日にこの新しい外観が公開されて以来、大勢の人が灯台を訪れている。

 

小さい女の子が自分で描いた灯台の絵を見せてくれたんです。ただ嬉しいですよね

 

このところしばらく、スペインとかマイアミとかの子供たちから、僕の作品がアートと色使いを学ぶ助けになったとメッセージが届くんです。

 

そういう声が本当に自信になります」
廃墟となった教会を色とりどりのスケート場に変えるなどしてきたオクダは、アホの自分の新作がどれくらい長く存続するか見守っている。

 

「港湾局からは、8年間限定の作品になると言われているので、この8年でどうなるかですね。でもこのままずっとこれがいいですが。どうなるやら」とオクダは言う。

 

「結局、灯台でいちばん大事なのはランプなんですが。アホ岬灯台の灯りもまだ現役です。まあ、どの船にもGPSとか最新式のシステムがついていて、灯台はほぼ無用ですけどね」

 

カンタブリア州のアホ岬の灯台の塗り替えの動画。

Revillaはオクダの灯台への介入を開始


Revilla inaugura la intervención de Okuda en el Faro de Ajo

カンタブリアのミゲル・アンヘル・レビラ大統領は、ファロ・デ・アホ(バレイヨ)のアーティストのオクダ・サン・ミグエルの仕事の「情熱」のおかげで、昨日すでに1,800人が訪れました。

「理解と尊敬から」、大統領は作品に反対する人々と、ガーリック灯台との「象徴的な」場所でのオクダ・サン・ミグエルの証言が最初から彼を好きであると認め、そして「の崇拝者」であることを告白したアーティストの作品。

 

Miguel Rengel Revillaは、この地域だけでなく、一般的にはカンタブリアにも活気を与えることは「刺激」になると確信しています。

 

まとめ

今回は「スペイン北部カンタブリア州にあるアホ岬の灯台の塗り替えの動画!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地震による巨大津波

地震が多い関東地方で、いつ大地震が来るか予想では、今日来ても変でないと専門家は指摘

首都直下地震のカウントダウンが始まったのか?2019年暮れから2020年にかけ関東で地震が多発しています。最近、地震が多い関東地方で、いつ首都直下型大地震がくるかの予想では、専門家は今日すぐに来てもお …

成長企業グラフ

平均給与が伸びている企業ランキング。「コロナの影響」に強い企業

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、従業員への給与の支払い能力の高い企業を調査している。中堅上場企業「NEXT1000」を対象に日経新聞が「一人当たりの平均給与の増加率」の調査を行ったランキング結果。 …

トレーラー

大型トラックの迷惑行為が最近急増路肩灯、反射板など現状と対策を考えます。

「眩しい!」車検NGもなぜ装着トラック増加? 迷惑な「路肩灯」とギラギラ「反射板」という記事を目にしたので、ここでは大型トラックの迷惑行為が最近急増し路肩灯、反射板、高速の追い越し、割り込みなど、現状 …

富士山6番目の湖「赤池」

2020年富士山麓「幻の赤池」9年ぶりに出現、その様子は?

幻の湖と言われる「赤池」が9年ぶり出現しました。このところの梅雨の長雨の影響かと思われます。「赤池」は、 富士山にある湖の富士五湖に加え「第6の湖」といわれていますが通常は水が無く、今回9年ぶりに出現 …

裁判判決

「#MeToo」 の歴史的勝利!ハリウッドの映画界大物プロデューサー有罪

2月24日アメリカニューヨークの裁判所の陪審は、女性2人への性的暴行などの罪で起訴されたハリウッドの映画界大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン被告に有罪評決を出しました。ハーベイ・ワインスタイ …